これまでの放送

2014年3月14日(金)

「大地震から命を守るために~長野県北部地震から3年~」

栄村に大きな被害をもたらした長野県北部地震から3年。地震の記憶が薄れ、風化が懸念される中、3年目をきっかけに、改めて当時の記録を残そうとする地区がある。住民たちの証言から明らかになったのは、「自主防災」が機能し多くの命を救ったということだ。これまで幾たびも大地震に見舞われてきた長野県。命を守るにはどうしたらいいのか。首都圏直下地震に備え、「地域の防災」に取り組む東京都の事例から防災のヒントを探る。

→ページの先頭へ戻る