これまでの放送

10月24日(金)

知るしん。スペシャル

【ゲスト】田部井 淳子さん(登山家)  宍戸 開さん(俳優)
【出 演】内多 勝康(名古屋局アナウンサー) 高橋 さとみ(長野局アナウンサー)
      田村 幸英(富山局カメラマン)
【収録場所】 上高地小梨平キャンプ場

今回の「知るしん。」は、名古屋・富山・長野三局の共同制作で、73分のスペシャル。
上高地の特設スタジオから、一年で最も華やかな北アルプスの秋の絶景をたっぷりお届けする。
内多キャスターは、多くの登山者が憧れる北アルプスの最高峰、奥穂高岳(3190m)に挑戦。登山家の田部井淳子さんの手ほどきを受けながら、数々の難関をのりこえて山頂をめざす。
見どころは、日本一美しいといわれる“涸沢(からさわ)”のあざやかな紅葉。青空と白い山を背景に輝く紅葉の絨毯は、まさに色彩の競演。山頂からの360度の大パノラマもみられる。また、高橋キャスターは、気軽にハイキングできる秋の上高地を紹介。一瞬しかみられない清らかな水辺の絶景を訪ねる。
もうひとつの見どころは、秋が最も美しくなる雲上の絶景。北アルプスの北部、3000メートル級の山々が連なる後立山連峰を、白馬岳(しろうまだけ)から五竜岳へと縦走しながら、名だたる名峰と息をのむ雲海をたっぷり紹介。
途中には、日本有数の難ルート“不帰嶮(かえらずのけん)”とよばれる切り立った岩峰が立ちはだかる。

奥穂高岳登頂

  • 撮影期間 10月上旬
    撮影場所 上高地→徳沢→屏風岩→涸沢→穂高岳山荘→山頂
  • 【奥穂高登山】
    上高地から登り始めると、往復2泊3日が標準。途中、徳沢、横尾、涸沢、白出のコルの4か所に山小屋がある。ただし、営業は11月上旬まで。冬期は閉鎖される。毎年、4月下旬に営業をはじめる。
  • 【井上靖の「氷壁」とゆかりのある宿】
    氷壁の宿・徳澤園 TEL:0263-95-2508 冬季連絡先:0263-94-2438
    ※通常営業は、11月3日まで。
  • 【紅葉の名所・涸沢の宿】
    涸沢ヒュッテ TEL:090-9002-2534 冬季連絡先:03-3211-1023
    ※営業は11月4日までです。
  • 【涸沢の紅葉】
    紅葉の見ごろは毎年変わります。今年は10月あたまから10月15日ごろまで、最盛期は10月7日前後でした。「逆さ紅葉」が見られる池は「池の平」で、涸沢ヒュッテのすぐ近くにあります。夏の終り頃までは雪渓に埋もれています。
  • 【奥穂高岳に登頂する前に泊まる山小屋】
    穂高岳山荘 TEL:090-7869-0045 冬季連絡先:0578-82-2150
    ※営業は11月4日までです。

上高地散策

  • 撮影期間 10月9~11日
    撮影場所 大正池→河童橋→小梨平→岳沢湿原→明神池
  • 【上高地への行き方】
    <松本方面から>
    [電車]・・・松本電鉄 新島々駅から松本電鉄バス上高地バスターミナル行きで1時間15分
    [車]・・・松本ICから国道158号線を使って沢渡(さわんど)駐車場まで60分。年間を通じてマイカー規制が行われているため、シャトルバスに乗りかえ、上高地バスターミナルまで30分。
    <高山方面から>
    [電車]・・・JR高山駅から路線バスで平湯温泉まで60分。平湯温泉から上高地行き路線バスで20分。
    [車]・・・高山ICから安房トンネルを抜け、国道158号線を使って沢渡(さわんど)駐車場まで60分。
    年間を通じてマイカー規制が行われているため、シャトルバスに乗りかえ、上高地バスターミナルまで30分。
  • 【上高地の開山期間】
    4月27日~11月15日
    ※閉山期間は上高地内にバス・タクシー等が入山することができません。
    そののため平湯温泉より上は徒歩でのみ入山できます。
  • 【上高地を一緒に散策したネイチャーガイド】
    小林三四八(みよや)さん
    上高地白樺自然学校 白樺荘 TEL:0263-95-2131
  • 【大正池の撮影について】
    大正池ホテルの下にある河原から撮影。撮影日時は10月10日の午前5時30分~7時。
  • 【明神池の撮影について】
    一之池・二之池ともに正面から撮影。撮影日時は10月9日、10日の午後3時30分~17時
    舟からの撮影は今回、特別な許可を頂きました。

後立山連峰縦走

  • 撮影期間 9月27~10月8日
    撮影場所白馬岳→杓子岳→鑓ヶ岳→不帰嶮→唐松岳→五竜岳
  • 【白馬岳への行き方】
    富山側から行く場合、宇奈月駅から黒部峡谷鉄道に乗り1時間20分。
    終点の欅平駅(けやきだいら)から歩いて45分で登山道のある祖母谷温泉がある。
    コースタイム11時間で頂上に行くことができる。途中に無人の避難小屋があり利用できる。
  • 【白馬山荘】
    営業は4月下旬~10月19日
    ※今年はもう終わりました。TEL:0261-72-2002
  • 【不帰嶮を一緒に超えた山岳ガイド】
    松本正信さん 北アルプス山岳ガイド協会会長
    問い合わせ先 北斗荘 TEL:0261-75-2319
  • 【紅葉について】
    五竜岳と白馬村の間にある遠見尾根を撮影。撮影日は10月7日、8日の二日間。
  • 【上高地での収録】
    収録場所の上高地は中部山岳国立公園にありますが、環境省、中信森林管理署の許可をいただいたうえで、機材車両の乗り入れと収録をおこないました。

※出演者の連絡先につきましては個人情報のため、教えられません。

→ページの先頭へ戻る