ここから読み上げブラウザ用のメニューです 本文へジャンプします NHK長野放送局ホームページ内のリンクボタンへジャンプします 読み上げブラウザ用のメニューの終わりです
ここからNHK長野放送局ホームページ内のリンクボタンです
読み上げブラウザ用メニューに戻ります
ここから本文です

信州 映像トピックス

タイトル



    ふるさとの風景

             
    ●辰野町・フクロナデシコ●


    辰野町の畑では鮮やかなピンク色の花を咲かせるフクロナデシコが見頃を迎えました。
    フクロナデシコはピンク色の花の下が袋状に膨らむことからこの名が付いたとされています。
    花びらは5枚、よく花びらを見てみるとハート型をしています。
    地元のボランティアの方たちが中心に大切に育ててきました。







    ●松本市・徳運寺●


    松本市の徳運寺では見ごろを迎えた藤の花が風に揺られています。
    松本市入山辺にある徳運寺の境内には3か所に藤棚があり、10種類30本の木が植えられています。
    境内の中で一番大きな藤棚は幅25メートル、長さ10メートルにわたって咲いていて
    白やピンク、淡い紫色の小さな花が鈴なりに咲いています。







    ●長野市・城山動物園●


    長野市にある桜の名所、城山動物園は昭和36年に開園し市民から親しまれています。
    動物園にはニホンザルやカリフォルニアアシカなど30種類の動物も飼育されています。
    園内には4月上旬から咲いた桜を楽しむように元気いっぱいの動物たちが動き回っていました。








    ●須坂市・臥竜公園●


    須坂市の臥竜公園には竜ヶ池と呼ばれる大きな池があり、その周りをソメイヨシノなど23種類、およそ160本の桜が咲いています。
    暖冬の影響でいままでの中で一番早く咲いたということです。








    ●松本市・安養寺のしだれ桜●


    松本市波田の安養寺では、樹齢およそ500年といわれる2本のしだれ桜がシンボルです。
    境内にはさまざまな種類の桜20本以上も咲いて、寺全体を覆っています。








    ●長野市・松代城公園の桜●


    長野市松代にある松代城公園には、ソメイヨシノやオオヤマザクラなどあわせて100本が植えられ、春になると公園を彩ります。
    松代城は上杉謙信と覇権を争った武田家の最前線の拠点として築城されたとされています。
    いまはお城が残っていませんが、地元の人からも親しまれています。







    ●飯田市・長姫のエドヒガン●


    飯田市の旧飯田城二の丸跡地に樹齢450年といわれる桜が満開を迎えました。
    長姫のエドヒガンとして知られ県の天然記念物にしれています。








    ●飯田市・石段の桜●


    飯田市の飯沼諏訪神社には本殿に続く300段あまりの石段の脇に桜が満開を迎えました。 3種類の桜が植えられ、長い間楽しむことができるそうです。







    ●長野市・春の装い 梅見ごろ●


    JR長野駅から善光寺を結ぶ中央通りの歩道には、観光客に楽しんでもらおうと四季折々の街路樹が植えられていて、
    その中でも一足早く梅の花が見ごろを迎えました。
    ことしは暖冬の影響もあり、例年より2週間ほど早い今月上旬に咲き始め、いま見ごろを迎えています。







    ●長野市・河津桜●


    善光寺近くにある商業施設では、早咲きで知られる河津桜がピンク色の花を咲かせ、一足早い春の訪れを告げています。
    里山のように自然を感じて欲しいという思いから、早咲きで知られる河津桜が植えられています。
    暖冬のことしは2月下旬に咲き始めたということです。







読み上げブラウザ用メニューに戻ります
↑ ページの先頭へ
>>>>>