ここから読み上げブラウザ用のメニューです 本文へジャンプします NHK長野放送局ホームページ内のリンクボタンへジャンプします 読み上げブラウザ用のメニューの終わりです
ここからNHK長野放送局ホームページ内のリンクボタンです
読み上げブラウザ用メニューに戻ります
ここから本文です

信州 映像トピックス

タイトル



    ふるさとの風景

    ●長野市・河津桜●


    善光寺近くにある商業施設では、早咲きで知られる河津桜がピンク色の花を咲かせ、一足早い春の訪れを告げています。
    里山のように自然を感じて欲しいという思いから、早咲きで知られる河津桜が植えられています。
    暖冬のことしは2月下旬に咲き始めたということです。







    ●善光寺イルミネーション●


    去年の台風19号、東日本台風で大きな被害を受けた長野市で、善光寺を光で彩る善光寺イルミネーションが開かれ 幻想的な空間が多くの人を魅了しています。
    ことしで2回目の開催となる善光寺イルミネーションは台風19号からの復興への願いを込めて
    本堂の内陣を初めて照らし、訪れた人の心が明るくなるよう開かれています。







    ●冬の上高地●


    上高地は日本を代表する雄大な山の景色などを楽しめる場所ですが、
    雪に閉ざされる冬のシーズンになると、厳冬の風景が広がります。
    バスも運行せず3時間かけて歩き、たどり着く過酷な環境です。
    大手アウトドアメーカーが開くトレッキングツアーに参加し、過酷な冬の上高地を取材しました。







    ●善光寺・表参道イルミネーション●


    長野の冬を彩る「善光寺・表参道イルミネーション」が町を明るく照らしています。
    長野駅から善光寺に向かう表参道の並木に約30万球のLEDが輝きます。
    2回目を迎えるイルミネーションは照明の数を6万球増やして昨年の11月に始まりました。
    今回は台風19号で被災した地域の復興への願いも込めて開催期間も長くしているそうです。







    ●飯田市・遠山郷の霜月祭●


    鎌倉時代から続くとされる飯田市遠山郷の霜月祭は冬至の時期にあわせて毎年行われています。
    最近は担い手不足が深刻となり、祭りが開かれなくなった集落もあります。
    そんな中遠山郷の奥に位置する下栗集落では次世代に祭りを引き継ごうとメンバーが奮闘しています。







    ●安曇野市・アイスチューリップ●


    安曇野市にある国営アルプスあづみの公園の多目的ホールでは
    10種類、1万2000本のチューリップが展示されています。
    このチューリップは夏に球根を冷蔵保存して開花時期を遅らせ、花の少ない冬の時期に咲くよう育てました。
    その生育方法から「アイスチューリップ」の愛称で親しまれています。







    ●上田市・鹿教湯温泉●


    上田市の鹿教湯温泉では、200個の灯ろうの明かりが温泉街をともしています。
    五台橋から文殊堂などに続く階段や参道に置かれた、氷で作られた氷灯ろうに訪れた人が火をともしていきます。
    ろうそくで参道が淡い光に照らされ、幻想的な世界が広がっています。







    ●長野市・窓ふきサンタ●


    長野駅前のビルではサンタクロースやトナカイの衣装にふんして、清掃作業を行っている人たちがいます。
    ビルの高さは40メートル。窓ガラスの数はざっと600枚。
    18年前から年末になるとビルの窓ガラスをきれいにするため活動しています。
    長野も不景気な時が続き、そんなとき、少しでも元気になって欲しい。
    上を向いて歩いて欲しい、という思いから始めました。







    ●小諸市動物園・パンダマウス●


    小諸市動物園では来年の干支「ねずみ」と一緒に写真撮影できるイベントを行いました。
    来年の干支は「ねずみ」ということで、写真の相手に選ばれたのは「パンダマウス」です。
    名前の通りパンダのように白と黒の模様が愛くるしいねずみです。
    パンダマウスの正確はおとなしく、子どもも触れやすい動物だということです。







    ●長野市・南長野運動公園●


    長野市の南長野運動公園では台風からの復興、東京オリンピックへの期待など、人々の願いを込めたあたたかな光が公園内を彩っています。
    イルミネーションは台風19号の影響で、被災地へボランティアを派遣したり、準備に時間が取れず、開催が危ぶまれていました。
    しかし、こんな時だからこそ前を向いて協力し合おうとクリスマスシーズンに間に合うよう開催までこぎ着けました。
    中には台風19号の復興を願い、南長野地域の小学校などからおよそ9000羽の折り鶴も届けられ、幻想的なライトアップがされています。







    ●長野市・シクラメン●


    長野市にある農園では冬を彩るシクラメンの出荷が最盛期を迎えています。
    シクラメンは冬から春にかけて赤や白、それにピンク色など色鮮やかな花を咲かせ、クリスマスやお歳暮の贈り物として人気があります。
    長野市若穂にある農園ではおよそ30アールのハウスで6000鉢のシクラメンが栽培されています。
    11月中旬から出荷が始まり最盛期を迎えました。








    ●千曲市・科野の里ふれあい公園●


    千曲市屋代にある公園では2万個以上のLED電球で公園を彩る冬のイルミネーションが開かれています。
    地元の青年部が開いている者でことしで4回目を迎えます。
    町ににぎわいを取り戻したいと30人近いメンバーが工夫を凝らして準備を進めてきました。
    ことしは台風19号の浸水被害を受け準備が思うように進まなかったこともありました。
    公園の中央には「がんばろう!千曲」と掲げられたボードのイルミネーションもあります。








    ●秋の動画はこちら>>
    ●夏の動画はこちら>>
    ●春の動画はこちら>>
読み上げブラウザ用メニューに戻ります
↑ ページの先頭へ
>>>>>>>>>