木曽オリオン

NHK 長野

再放送日時が決定しました!!

人生がちょっと豊かになるヒントは、意外と自分のすぐ近くにあるのかもしれない。星空が昼間は見えないように、普段は気がつかないだけで…。

連続テレビ小説「おひさま」で日本中を“信州旋風”に巻き込んだ脚本家・岡田惠和氏が、 再び信州を舞台に書き下ろしました。
“木曽”で輝く満天の星のもと、平凡な毎日を送る主婦と宇宙研究者たちの、おかしくもそこはかとなく温かいふれあいの物語です。

あらすじ

長野県木曽町で暮らす征矢秀子(和久井映見)は、夫の博(相島一之)と義理の父親、和夫(秋野太作) と3人で、平凡な毎日を送る主婦。少々暇を持て余していた秀子のもとに、地元木曽町にある天文観 測所で「まかない」の仕事をしてほしいという話が舞い込む。一度も訪れたことがなかった観測所。 そこで出会ったのは、世界で初めて「ショックブレイクアウト(超新星爆発の瞬間)」を捉えようと、 夜ごと観測を行う若きイケメン科学者、伊坂輝夫(大東駿介)や、望遠鏡のメンテナンスなどを行う、 いつも一緒の3人組(田中要次・梶原善・皆川猿時)などちょっと変わった面々。 初めての観測所の仕事に戸惑いながらも、研究者たちとの、奇妙でそこはかとなく面白い交流の中で、 平凡だったはずの秀子の生活に少しずつ変化が…。