[ ここから本文です ]

トピックス

8Kトーク&ビューイング「国宝源氏物語絵巻」
(平成29年5月9日開催)



レプリカで説明する
梅内庸平ディレクター

「国宝源氏物語絵巻」

世界最古の長編恋愛小説『源氏物語』。
11世紀紫式部が生んだ平安貴族のラブロマンスを絵画化した作品が、名古屋市の徳川美術館に 所蔵されている。およそ900年前に製作された国宝『源氏物語絵巻』である。現存する最古の「源氏絵」として名高く、式部が描いた平安時代の雰囲気をもっともよく伝えている逸品だ。
8K撮影による超高精細映像とオリジナル楽曲による立体音響で、平安王朝の雅(みやび)な世界へといざなう。

語り: 木村多江、オダギリジョー

【日時】

5月9日(火) 12:00-14:00

【内容】

8Kスーパーハイビジョン番組「国宝源氏物語絵巻」の上映に併せ、番組制作者が制作にあたっての裏話や番組のみどころを紹介。

  • (1) トーク
    NHK名古屋放送局 ディレクター 梅内庸平
  • (2) 番組上映
    • ①日曜Tube「8Kで体感!国宝源氏物語絵巻 見えない思いが見えてくる。」上映
    • ②8Kスーパーハイビジョン 「国宝 源氏物語絵巻」上映

来館者からの「今日のひとこと」

  • 素晴らしい企画です。ディレクターがこられたのはとても良かった。
  • 企画段階からの話が伺えて大変良かった。
  • 映像化(8K)の道筋がわかって興味深かった。
  • ただ見るだけでなく、事前の講師の説明があり、よく理解できた。
  • 普段は番組を視聴するのみで、製作者の意図など聞く機会はありません。お話を聞けて良かった。

  • ディレクターの工夫をこらした映像作りの話に感動した。音楽もとても良かった。
  • 8Kの画像の美しさ、音響の迫力に圧倒された。

このページのトップへ