[ ここから本文です ]

展示フロア案内

NHK放送博物館は世界最初の放送専門のミュージアムとして、1956年に“放送のふるさと・愛宕山”に開館しました。日本の放送が始まってから90年あまり。その間ラジオからテレビへ、さらに衛星放送やハイビジョン、そしてデジタル放送へと大きく進歩・発展してきました。さらに、2016年8月からは8Kスーパーハイビジョンの試験放送が開始されました。
放送の歴史に関する、約2万7千件の資料と約8千点の図書を所蔵し、順次公開しています。また、番組公開ライブラリーでは約1万件の番組が、愛宕山8Kシアターでは8K試験放送や最新の8K番組が視聴できます。

1階 展示フロア

ウェルカムゾーン

新しい放送博物館の導入部。ウェルカムゾーン、放送歴史絵図、ミュージアムチャンネルなどにより構成しています。

  • ウェルカムゾーン
  • 放送歴史絵図
  • みんなに届け!ミュージアムチャンネル

1階フロアマップへ

2階 展示フロア

テーマ展示ゾーン

最新の8Kスーパーハイビジョンや、アナウンサーやカメラマンを体験できます。また、「ドラマ」「オリンピック」「音楽」「こども番組」の4つのテーマを通して放送の歴史や技術が体験できます。

  • 愛宕山8Kシアター(中2階)
  • 放送体験スタジオ(中2階)
  • テーマ展示ゾーン
  • 放送文化賞コーナー

2階フロアマップへ

3階 展示フロア

ヒストリーゾーン

放送の歴史を再整理して説明しています。トピックコーナー、体験型展示とともに多様性のある展示としています。

  • 放送の歴史
  • トピックコーナー
  • 体験型展示

3階フロアマップへ

4階 展示フロア

図書・史料ライブラリー 番組公開ライブラリー

番組公開ライブラリーと図書・史料ライブラリーを利用されることで、放送の歴史と現在を立体的に理解していただけます。

  • 番組公開ライブラリー
    利用時間 : 午前10時〜午後4時30分
  • 図書・史料ライブラリー
    利用時間 : 午前10時〜正午
             午後1時〜午後4時30分
  • メディア・ラボ

4階フロアマップへ

このページのトップへ