[ ここから本文です ]

イベント情報

2022年12月

山本裕康さんと8Kで楽しむ!
「迫力のマルチ画面! 指揮なしのオーケストラ 第9に挑む」
事前申込み

開催日
2022年12月10日(土)
時間
開場時間:午後1時15分
開演時間:午後1時45分
終演予定:午後4時
会場
愛宕山8Kシアター
出演
山本裕康 (「トリトン晴れた海のオーケストラ」メンバー)
宮崎将一郎 (NHKチーフプロデューサー)
内容

こんなの見たことない!
オーケストラに32台の高精細カメラを設置!演奏はもちろん、客席から見えない合図の応酬や、ひとりひとりの感情までも見える感動の「第9」体験!

8Kシアターでの番組上映(午後2時〜3時30分を予定)とあわせ、演奏でチェロの首席奏者を務めた山本裕康さんと、宮崎将一郎プロデューサーに、番組の「見どころ」や「聴きどころ」、また「トリトン晴れた海のオーケストラ」の舞台裏などを聞くトークショーを実施します。

(番組内容)
指揮者がいても演奏が難しいという「第9・歓喜の歌」に、日本を代表する音楽家たち74人が、指揮なしで挑んだ。それぞれの奏者が、自身の持つベートーベン像をぶつけあい、火花を散らしながら、ひとつの調和へと到達する感動の名演を、迫力のマルチ編集画面・22.2chサラウンドでお送りする。

(山本裕康さんプロフィール)
愛知県出身。桐朋学園大学で井上頼豊、秋津智承、山崎伸子の各氏に師事。在学中1987年第56回日本音楽コンクール第1位など数々の受賞歴を持つ。同大学を首席で卒業後、1990年東京都交響楽団首席奏者に就任。1994年退職後広島交響楽団の客演ソロ・チェロ奏者を経て1997年より2019年まで神奈川フィルハーモニー管弦楽団首席奏者を勤める。サイトウ・キネン・オーケストラ、宮崎国際音楽祭に毎年参加、トリトン第一生命ホールの「晴れた海のオーケストラ」やチェンバーソロイツ佐世保のメンバーでもある。現在、京都市交響楽団特別首席奏者、また東京音楽大学専任講師、東京藝術大学非常勤講師、スズキ・メソッド特別講師。日本チェロ協会理事、みやざきチェロ協会名誉会員

会場
参加を希望する方は、
電話での事前のお申し込みが必要です。

(定員)50名
◇1回のお申し込みにつき2人まで受け付け、
  定員に達し次第、募集を締め切ります。

申込電話番号:03-5400-6900
※申し込み受付時間=午前10時〜午後4時30分
(休館日以外)
※観覧される方全員の名前をお伝えください。
※ご応募の際いただいた情報は、本イベントに関する連絡に
  のみ使用させていただきます。
※新型コロナウィルス感染状況などにより、実施を取り
   やめる場合がございます。その際はHP等でご案内します。
※放送博物館内はマスク着用でお願いいたします
 
 山本裕康さん 迫力のマルチ画面!
指揮なしのオーケストラ 第9に挑む

このページのトップへ