[ ここから本文です ]

最新のイベント情報

2014年9月

愛宕山コンサート ピアノで巡るヨーロッパの旅 vol.3

開催日
2014年9月19日(金)
時間
午後1時30分〜午後3時00分
会場
放送博物館愛宕山ホール
内容

出演:岩崎洵奈(ピアニスト) 市川浩平(テノール)

【曲目】
ショパン
アンダンテ・スピアナートと華麗なる大ポロネーズ変ホ長調 作品22
リスト
パガニーニ大練習曲集 第6番 イ短調「主題と変奏」
山田耕筰 赤とんぼ
ビゼー 小さな木の実
クルティス 忘れな草

※曲目は変更になる場合があります。

【岩崎洵奈プロフィール】
東京芸術大学器楽科ピアノ専攻卒業。これまでに数々の国際コンクールに入賞し、2010年第16回ショパン国際ピアノコンクール( ワルシャワ)においてディプロマ賞受賞、審査終了後、審査員のマルタアルゲリッチ氏より賞賛を受ける。2010年トレロドネス国際音楽フォーラム(マドリード)にて、スカラシップ賞を受賞、2011年同国際音楽フェスティヴァルに招待され、フェスティヴァル・オーケストラとショパン「ピアノ協奏曲1番」を共演。2011年11月には、岡崎市・コロネットにて、「ザ・プレミアムトーク〜世界一流のマエストロ ウラディミールアシュケナージ氏を迎えて〜」に出演。また、仙台でのリサイタルにて、仙台フィルハーモニー管弦楽団、NHK 交響楽団のメンバーと室内楽にて共演。
これまでに、オーストリア、スペイン、ポーランド、ベルギー、ドイツでのリサイタルに出演。
2012 年度CHANEL Pygmalion Days アーティスト。2013年NHK−FM「リサイタル・ノヴァ」出演。2013年4月より、ベーゼンドルファージャパン「インペリアル ピアノレッスン」講師。2013年6月、セントラル愛知交響楽団の定期演奏会にて、チャイコフスキーピアノ協奏曲第1番を指揮者、三ツ橋敬子氏と共演。
これまでに藤井博子、笠間春子、青柳晋、田部京子、チョ モンカン、フェルナンド プチョール、海老彰子、アキレス デレ=ヴィーニェの各氏に師事。現在、ウィーン国立音楽大学ピアノ科にてヤン イラチェック氏に師事。室内楽、伴奏法をマインハルト・プリンツ氏に師事。
公式HP http://www.junnaiwasaki.com
公式ブログ http://ameblo.jp/junnaiwasaki/

【市川浩平プロフィール】
静岡県藤枝市出身。叙情的かつ軽やかな表現を得意とする声質を持つリリコ・レッジェーロ・テノール。東京芸術大学音楽学部声楽科卒業。卒業時に松田トシ賞、アカンサス音楽賞、同声会新人賞受賞。読売新人演奏会に出演。同大学院音楽研究科声楽専攻修了。2012年より1年間イタリア・ミラノにて研鑽を積む。
第39回イタリア声楽コンコルソ入賞。第15回コンセール・マロニエ21入賞。オペラでは「コシファントゥッテ」「魔笛」「こうもり」「イル・カンピエッロ」「椿姫」で主要な役を演じるほか、第59回芸大メサイア、第九、モーツァルトのレクイエム、楽園とペリ、四季、等宗教曲でのソリストも務める。これまでに、藤井京子、多田羅迪夫、吉田浩之、ニコレッタ・ザニーニ、エウジェニオ・フォッリャーティの各氏に師事。


このページのトップへ