[ ここから本文です ]

過去のイベント情報

2012年11月

愛宕山コンサート「ドリームコンサート〜不可能を可能にしたピアニストたち〜」

開催日
2012年11月23日(祝)
時間
午後1時30分〜午後2時45分
会場
放送博物館愛宕山ホール
内容

さまざまなハンデを乗り越えての名演奏をお聴きください。

・岩ア花奈絵
「“ふるさと”による変奏曲」
「千と千尋の神隠し」より「ふたたび」

妊娠8か月の早産により極小未熟児として出生。その後遺症で脳性麻痺となり、四肢体幹機能に障害がある。姉の影響でピアノを始める。2005年「第1回ピアノパラリンピック」に出演。

・小柳 拓人
「見上げてごらん夜の星を」
エチュードハ短調op.10-12「革命」

自閉症のチャレンジドミュージシャンとして各地で年20回を超えるピアノ・フルートの演奏を行うほか、母と共に「特異を得意にかえて」と題した自閉症に関する講演とコンサートを行う。

・小林 夏衣
「いのちによせて」
「ベルガマスク組曲」より プレリュード

「国連障害者の10年」の最終年生まれ。左手の第2,3,4指欠損、5指変形。6歳からピアノを始める。現在、東京音楽大学で作曲を学んでおり、ゆくゆくは障害のある人のための曲作りもしたいと考えている。

・千葉 貴利

「Turtle〜タートル〜」「Let It Be」
「花は咲く (NHK〜明日へ〜東日本大震災復興ソング)」

生まれつき右手首より先が欠損。幼いころから音楽に親しみ、ピアノやペルー発祥の打楽器『カホン』を演奏。障害者と健常者が一緒に作り上げる「とっておきの音楽祭」に12年連続で出演。

このページのトップへ