[ ここから本文です ]

企画展示情報

2020年

〜もうすぐ放送100年・所蔵コレクション大公開!〜 企画展「ヤバいエモいラヂオ展」

会期
2021年1月23日(土)〜3月28日(日)
会場
3階 企画展示室
内容

 美しく“エモい”ラジオ受信機はもちろん、約100年前の無線雑誌、戦中のニュース原稿、GHQによって検閲された放送台本など、当館の“ヤバい”コレクションを大公開します!
 あの70年代の人気番組「若いこだま」が聞けるコーナーや「ラジオ深夜便」をはじめとするNHKラジオの人気番組の紹介コーナーは、「永遠の20歳」の大人のみなさまにご満足いただけること間違いありません。
 ナウいヤングにとっては、初めてなのになぜか懐かしい…。いま話題のSNS映えスポット!

お問い合わせ: NHK放送博物館
電話 (03)5400-6900
(休館日を除く午前10時〜午後4時)

チラシのダウンロードはこちら

展示場の入口では、珠玉のラジオ受信機コレクションの「ヤバい、エモい、美しい」お宝映像がお出迎え!あなたも、ラジオの造形美に見とれること間違いなし。 ケースがガラスでできた約100年前のアメリカ製ラジオ。美しさは時代を超える! 4台並んだクラシックなラジオ。いちばん右は、犬養毅が首相官邸で使用していたもの。犬養は、暗殺される10日前に放送に出演し「初めて放送を経験して非常に深い感銘を受けた」と述べている。 記念撮影コーナーには真空管やトランジスタが使われた「エモい」ラジオが目白押し。 人気番組の紹介コーナー。NHKラジオ「あにげっちゅ」出演者による番組紹介は今回のために収録されたレアな音源。お宝?!写真も公開中。 そのほか、戦前のラジオテキストや、戦中の放送原稿、懐かしのラジオ雑誌など、貴重なコレクションをふんだんに展示。この冬は放送博物館が熱い!

このページのトップへ