[ ここから本文です ]

企画展示情報

2019年

企画展「朝ドラ 100の物語〜昭和・平成の朝を彩ったヒロインたち〜」

会期
2019年3月2日(土)〜7月15日(月・祝)
会場
3階 企画展示室
内容

 NHK放送博物館では、企画展「朝ドラ 100の物語〜昭和・平成の朝を彩ったヒロインたち〜」を開催します。
 “朝ドラ”の愛称で親しまれてきた、NHKの連続テレビ小説は、最新作『なつぞら』で第100作を数えます。1961年、第1作『娘と私』が放送されてから58年。連続テレビ小説は、昭和から平成とつづく半世紀以上にわたって、テレビの「朝」を彩ってきました。明るく元気な女性の一代記、逆境の中でもたくましく生き抜いていく女性像、社会の一線に出て働く女性の生きざま、現代の等身大の女性の生き方など、朝ドラは時代とともに変化する多様なヒロインと家族の物語を紡いできました。
 この企画展では、ポスターや絵はがき、映像など、朝ドラ100作の資料を展示いたします。展示のなかから、みなさんの心に残る「物語」を思い起こしていただければ幸いです。

チラシのダウンロードはこちら

第99作「まんぷく」(2018)ポスター
第6作「おはなはん」(1966)ポスター

このページのトップへ