[ ここから本文です ]

過去の企画展示情報

2010年

特別企画展示「大河ドラマ50」

開催日
2010年12月7日(火)〜2011年3月27日(日)
会場
企画展示室A
内容

1963年(昭和38)の第1作「花の生涯」から数えて、2011年(平成23)の「江〜姫たちの戦国」で50作目となるNHK大河ドラマ。2012年(平成24)の「平清盛」で50年目を迎えます。
大河ドラマは常に現代を写す鏡であり、現代の鼓動を伝えようと革新を試みてきました。同じ時代や人物を繰り返し取り上げることもありますが、切り口はさまざまです。また、番組冒頭で新幹線が走る斬新な演出、現代語での会話、地方からの視点、女性を主人公とするなど多彩な試みがなされ、まさに“大河はいつも進化し続けている”のです。
古くは「おのおのがた」、最近では「わしはこんなとこ来とうはなかった!」など流行語も数多く生まれました。ご当地ドラマとして地元に経済効果をもたらし、地域を活性化した側面もあります。ドラマが放送された時代にご自身の歴史を重ねる方も多いのではないでしょうか。

今回の展示では、大河ドラマの歴史と魅力を伝えていきたいと思います。これからの大河ドラマ50年の可能性をも展望していただければ幸いです。

このページのトップへ