[ ここから本文です ]

取材の方への対応

取材全般ならびに展示室内での撮影に関するお願い

このたびは、NHK放送博物館を取材対象としていただき、ありがとうございます。 当館では、よりスムーズな取材対応ができるように取材時のお願いをお知らせするとともに取材記録を残し、参考にさせていただいております。
お手数ですが、下記のお願いを事前に一読して取材に備えていただくとともに、別紙の該当事項にご記入くださいますよう、ご協力お願い申し上げます。

用紙はこちら

1. 取材全般に関するお願い

  • ①撮影写真・映像、広報写真等は、使用目的以外の利用はご遠慮ください。
  • ②掲載・放送にあたっては、NHK放送博物館所蔵・提供・協力等のクレジットを必ずつけてください。
  • ③掲載した出版物は一部、放映・放送テープは一本(枚)、当館へ寄贈をお願いします。
  • ④著作権法令上の問題については、お申込みいただいた方の責任のもと、慎重に対応していただきますようご配慮願います。

2. 展示室内での撮影に関するお願い

展示室内には貴重な資料を展示しており、開館時間中は多くのお客様が見学なさっています。
展示室内での撮影にあたっては、次の点にどうぞご留意ください。

  • ①「取材証」を身につけてください
  • ②展示室内で走ると、見学中のお客様や展示品にぶつかったり迷惑をかけたりする危険があります。走らないようにしてください。
  • ③体験型展示を除き、展示品には触らないようにしてください。
  • ④寄託・複製資料の撮影には、原所蔵者の許可が必要です(一点撮りの場合)。
  • ⑤展示品の上から小型カメラを使用しての撮影は、展示品保護のためになるべくお避けください。
  • ⑥三脚をご使用の場合、お客様の見学の邪魔にならないように十分ご留意ください。また、混雑時は使用をお控えください。
  • ⑦照明の使用を希望される場合、担当者の指示を仰いでください(*1)。また、お客様の見学の邪魔にならないようにご注意ください。
  • ⑧展示室内には電源が無い場所や、取りにくい場所があります。バッテリーをお持ちください。
  • ⑨撮影時間は原則として2時間以内におさまるように、計画してください。
  • ⑩今回の目的以外で撮影物を使用することは一切できません。無断使用は固くお断りいたします。十分、ご注意ください。

(*1)

  • ・ 機器資料については問題ありません。
  • ・ 紙資料については、熱線・紫外線で資料を傷める恐れがありますので、長時間の撮影はお断りしています。ただし、LED照明であれば撮影可能です。

【取材についてのお問い合わせ】

NHK放送博物館広報担当

電話:(代表)03-5400-6900 FAX:03-5401-1539

(休館日を除く午前9時30分〜午後5時30分)

このページのトップへ