[ ここから本文です ]

放送博物館 所蔵資料

放送博物館に展示されている所蔵品には 展示中 と表示しています。

テレビカメラ

RCA テレビジョンカメラ TK-30A型(1951)

NHKが、1953(昭和28)年からのテレビ本放送にそなえ、アメリカのRCAから輸入したもの。NHK技術研究所では、このカメラを様々な角度から研究し、国産カメラのモデルとした。カメラヘッドの重量は45kg。

サイズ
50×27×75cm
展示中

NHK 1型 モノクロテレビカメラヘッド(1953)

1953(昭和28)年NHK技術研究所で製作した国産初のイメージオルシコンカメラ。  カメラヘッドの形状は「TK-30A」とそっくりであるが、重量は57kgと12kgほど重くなっている。日本のテレビ創世紀におけるテレビカメラの貴重な技術資料である。

サイズ
42×32×54cm

RCA TK-41型 3IO カラーカメラヘッド(1957)

アメリカのRCAが開発した3IOのカラーカメラで、NHKがカラー実験放送を始めるに当たり輸入した。

カメラヘッドは134kgと、超重量級で、今では考えられないような迫力のあるカラーカメラである。

サイズ
65×50×120cm

T10-1A型 テレビカメラ(1959)

1959(昭和34)年、NHK技術研究所が開発した世界最初のオールトランジスターモノクロカメラ。

ベル型ヘリコプターの搭載カメラや水中撮影用ブリンプに搭載するため、重量は18kgと従来の標準カメラに比較して、かなり小型・軽量化されている。

サイズ
25.5×30×49cm

GE製 3IO カラーテレビカメラヘッド(1960)

1959(昭和34)年9月、カラー実験放送の開始にあたりNHKが輸入し、実験放送及び本放送に使用した。

当時としては世界最小のカラーカメラである。基本的な電気回路の構成はRCAのカラーカメラと同じだが、ダイクロイックミラーにリレーレンズを挿入しゴースト像を軽減するなどの工夫がされている。

RCA「TK-41型」に比べかなり小型である。

サイズ
64×46×90cm

TKO-6型 モノクロカメラヘッド(1963)

NHKのモノクロカメラ「TKO」シリーズの最後の機種で、1963(昭和38)年に開発され、中継やスタジオに幅広く使用された。

トランジスターの使用範囲の拡大、トランジスターの保護対策、トランジスター特性のバラツキ是正と回路特性の安定化などの対策を施した、完成度の高いモノクロカメラである。

昭和38年から40年にかけて64台製作し、全国で広く使用された。

サイズ
46×33×67cm

2IO 分離輝度方式 カラーカメラヘッド(1964)

1964(昭和39)年の東京オリンピック中継を目標に開発された。

4.5インチ撮像管から白黒カメラと同等の高画質の輝度信号を、3インチ撮像管から色信号を取り出し、これを合成してカラー信号のNTSC信号を作る。

東京オリンピックでは開会式の中継に使われた。当日は、紺碧の秋空の下を各国競技団が行進し、北出清五郎アナウンサーの華麗なアナウンスとともに、鮮やかな色彩でカラー中継された。

サイズ
55×48×115cm
展示中

45YS-71型 テレビカメラ(1964)

放送センターで使われた最後のモノクロカメラ。

撮像管に4.5インチ撮像管7295Aを使い、オールトランジスタ化された高解像度のカメラである。24台製作され、1977(昭和52)年7月まで使われた。

サイズ
33.8×25×68cm

TK-301AS型 標準カラーテレビカメラ(1971)

「TK-301型」を基本に、一段と信頼度を高めた小型軽量1インチプランビコン・カラーカメラ。1974(昭和49)年、放送センターのスタジオとNHKホールに設置して運用を開始した。

ACT管(アンチコメットテール=カメラがパンしたとき赤の残像が尾を引く現象を発生させない撮像管)を挿入できるように改修されている。

サイズ
42×22×40.5cm

このページのトップへ