NHK室蘭WEB通信 NHK室蘭放送局の記者・カメラマン・アナウンサー・リポーターが取材・制作してテレビで放送したリポート企画をWEBでも紹介するページです。テレビを見逃した方もう一度ご覧になりたい方是非クリックしてください。 写真をクリックすると動画が再生します。(動画の掲載は期間限定です)


■写真をクリックすると、動画が再生します。(動画の掲載は期間限定です)

 

「手作りのつつじ園が見ごろ」

室蘭市内の神社のつつじ園が見頃を迎えました。でも、ただ、つつじがたくさん咲いているだけではない魅力があるんです。

 

(2018年5月24日放送)

「シリーズ北海道150年 アイヌ民族博物館の半世紀」

白老町のポロトコタン・アイヌ民族博物館は2020年にできる国の民族共生象徴空間に移行するため半世紀を超える歴史を閉じました。アイヌ民族自身の手で文化を研究し、受け継いできた役割を振り返ります。

 

(2018年5月17日放送)

「アイヌ文化 伝え続けて」

いま、アイヌを題材にした漫画やアニメが注目を集めています。ここまで注目されるようになった陰には自分たちの文化を守り、知ってもらおうと努力してきた人々がいます。

 

(2018年5月12日放送)

「夜桜ピアノコンサート」

「見ても美しい」コンサート。音楽の共演相手は「満開の桜」です。

 

(2018年5月8日放送)

「おとなの一日飼育員」

4月19日は「飼育(しいく)の日」です。登別市の水族館が飼育員の仕事体験を企画しました。

 

(2018年4月19日放送)

「食にこだわる保育園」

洞爺湖町にオープンした保育園の特徴は味自慢。子どもたちが一流の味に舌鼓です。

 

(2018年4月16日放送)

「時代村に助っと職人」

登別市の観光施設に強力な助っとが現れました。

 

(2018年4月10日放送)

「高齢者施設で限定レストラン」

室蘭市の高齢者施設が、施設の利用者と地域の人たちが交流する期間限定のレストランを開店しました。

 

(2018年4月6日放送)

「路線バスでアイヌ語案内放送スタート」

平取町を走る道南バスの車内で、アイヌ語での案内放送が始まりました。公共交通機関では初めてです。

 

(2018年4月5日放送)

「JIMOTOを手軽にアピールするテープとは?」

厚真町の特産品を手軽に町外にアピールするために。特別な荷造りテープが開発されました。

 

(2018年3月27日放送)

「シリーズ北海道150年 郷土写真をどう引き継ぐ」

長万部町でかつての地域の暮らしぶりを記録した写真が再発見されました。その写真を地域の人たちに見てもらう写真展が開かれました。

 

(2018年3月23日放送)

「朗読広場『北海道の物語』開催」

胆振日高ゆかりの作家たちの作品を朗読する「北海道の物語」を開きました。

 

(2018年3月22日放送)

「浦河を満喫するゲストハウスが活動中」

浦河町で営業を始めたゲストハウスが、浦河町と日高の自然を満喫できる旅人の拠点を目指しています。

 

(2018年3月8日放送)

「巨大木工クレーンが完成」

登別市在住の木工作家が、子どもたちが大興奮の作品を完成させました。

 

(2018年3月7日放送)

「シリーズ北海道150年 負の歴史を若い世代に語り継ぐ」

戦時中の地域の悲惨な歴史をどう語り次いでいくのか。高校生たちが郷土の歴史を映像で発信し始めました。

 

(2018年2月28日放送)

▲ ページの先頭へ