NHK盛岡放送局 開局80年 未来へ〜つなぐ〜
NHK盛岡放送局は、ことし開局から80年を迎えます。
岩手県内各地に息づく文化や豊かな自然。そして、人々の営み。時代は変わっても、未来に引き継いでいきたい大切なモノやコト。
NHK盛岡放送局では、「おばんです いわて」や「再発見いわて」などの番組で伝え続けます。
80歳の肖像

岩手に暮らし、“いわて”を創ってきた人たち。これまで大切にしてきたものや、その思いをうかがい、岩手の未来をみつめます。

平成30年9月21日放送

平成30年7月24日放送

平成30年5月17日放送

つなぐ いわての芸能

郷土芸能の宝庫ともいえる岩手。“故郷に暮らす人たちが、よりよく生きていけるように”との願いを込めて、今も舞い、踊り、歌い継がれています。テーマは“つなぐ”。全日本郷土芸能協会の小岩秀太郎さんをナビゲーターに、岩手の郷土芸能の今を、そして、未来へつなぐ営みをみつめます。

平成30年11月09日放送

平成30年10月18日放送

平成30年9月19日放送

平成30年7月27日放送

平成30年6月29日放送

平成30年4月27日放送

つなぐ いわての80年

NHK盛岡放送局はこれまで、岩手の様々な魅力や課題をみなさまにお伝えし、記録してきました。この番組では、過去80年の貴重な記録を未来につないでいくために、これまでの記録の中から選りすぐりの映像を月1回のシリーズでお伝えします。

1月12日(土)<総合> 午前10:55〜11:21 ※岩手県内向け放送

つなぐ いわての80年「美しき日本 百の風景 神宿る厳冬の山里 岩手・遠野」

長く厳しい冬を遠野の人々は神に祈り、神に寄り添いながら暮らしてきた。小正月には、だんごや餅をミズキの枝に飾りつけ、五穀豊穣を祈る「お作立」や、民話で伝えられる伝説の神「オシラサマ」のご神体に着物を着せる「オシラ遊ばせ」などの行事で、神へ感謝と祈りを捧げる。柳田国男の「遠野物語」や宮沢賢治の歌も紹介しながら、伝統的な暮らしの背景を紐解いていく。

2018年12月22日(土)<総合> 午前10:55〜11:39 ※岩手県内向け放送

つなぐ いわての80年 東北スペシャル「四季 北上川」〜いのちあふれる東北の大河〜

北上川は岩手県と宮城県を250キロに渡って流れ、太平洋に注ぐ。豊かな水は人々の生活を支え、自然の潤いを与えてきた。春はカワガラスの子育て、初夏はイワツバメの巣作り、秋はサクラマスやサケの産卵、冬はオオハクチョウの飛来というように、北上川では四季折々で多くの生き物たちが多彩な暮らしを営んでいる。北上川の生き物たちを1年に渡って撮影した貴重な映像で東北一の大河の姿を描く。

2018年11月3日(土)<総合> 午前10:55〜11:45 ※岩手県内向け放送

つなぐ いわての80年 NHKスペシャル「世界遺産 平泉 金色堂の謎を追う」

2011年、東北初の世界文化遺産に登録された岩手県平泉の国宝・中尊寺金色堂。この世界唯一の黄金のお堂は、なぜ、どのように作られたのか、様々な謎に満ちている。今回、お堂を覆うガラスケースの中に、初めて最新の撮影機材が入った。史上初の映像で、堂内を覆うまばゆい黄金や装飾、海外の宝物などを堪能しながら謎を探る。見えてくるのは、金色堂を作った藤原清衡の東北の歴史を変えた巧みな戦略と壮大なロマン、そして・・

2018年10月13日(土)<総合> 午前10:55〜11:21

聖火のキセキ「岩手・聖火に復興の願いを込めて」

メグ・カナコンビで国民的人気を博した大山加奈が岩手を訪ねる
▽発見された12分間の聖火リレーの映像!映っていたのは? ▽ラグビー花園日本一をめざせ!聖火リレー選手、月明かりの猛特訓 ▽被災地釜石に完成ラグビーワールドカップ会場!フィールドの芝にこだわったのは聖火リレー選手 ▽震災で同僚をなくしたエアピストル女子選手が復興の願いをこめて2020をめざす。大山加奈が自身の経験から感動のアドバイス。

▲ ページの先頭へ