村田久

村田久

ぶらり野あそび教室

野あそびの舞台は主に、海、川、山などで、若い頃はイワナを釣るため、谷深くもぐりこみ川のそばで野宿もしました。いつの間にかそれが釣り師、エッセイストと肩書きがつくようになりました。今は無理をしないで、のんびりと道草を食いながら野あそびを楽しんでいます。そこで拾った感動や、人々との大切な出会いなどの話を、おしゃべりしたいと思っています。昔の思い出から質問まで、おたより待ってます。