2/19〜2/23 パートナー

  • 月曜
  • 火曜
  • 水曜
  • 木曜
  • 金曜

2月22日(木) 希望の汽笛 ゆめ列車、三陸発未来行き 草野悟です

草野悟
今日は何かが間違ったのか、10年ぶりの風邪引きで声が変質してしまっていました。お聞き苦しいところが多々あったかと・・お詫びです。初めての風邪で、回復努力を3日間、一番良かったのは「ショウガの味噌汁」でした。初めからショウガの千切りをたくさん入れて煮込み、そのあとに残り物の野菜を細かく切っていれます。最後に味噌を溶いて出来上がり。体が火照ってきます。つい食べ物で治そうとしてしまうのが性分なのでしょうか。
まもなく7年目の3・11。まだまだ大変な方々がたくさんいらっしゃいます。毛ガニ祭りもそうですが、賑やかなところで楽しいひと時を過ごすことも必要かなと思っています。三陸鉄道も社員が一人ひとり頑張っています。お客様との交流が一番元気になるとある鉄道マンが言っていました。赤字会社の三陸鉄道ですが、なんとか地域に貢献しようと日々努力しています。楽しい三鉄にぜひ乗りに来てください。
4月からまたお世話になります。三陸の「美味しい食材、料理」をお届けできますよう頑張ってまいります。
松田さんの名進行で10分遅れの今日の「まじぇ5時」でしたが無事終了。さすがにプロを実感しました。松田さんが突然話してきた「毛ガニ汁」で本当によだれが出てしまいました。

松田美和子
草野さんの日は美味しい話題満載です。今日は「毛ガ二汁」、「マダコのやわらか煮」、「半生のタコのお刺身」、「タコのから揚げ」など、お話しを伺っているだけでお腹が空いてきます。(笑)
沿岸では、昨年からサンマ、鮭,イカ、アワビ、そして、毛ガ二漁も思わしくありません。そんな時だからこそ勢いをつけようと「宮古毛ガ二祭り」を実施するそうです。浜の心意気ですね。当日は、宮古駅からシャトルバスも出るそうですので、美味しい毛ガ二を楽しみにお出掛けくださいね。
「三陸夢列車の旅」は南リアス線「恋し浜(愛の磯辺)」、「甫嶺(金のしずく)」、「三陸(科学の光)」の3駅を旅しました。駅ごとの特徴がある愛称は面白いですね。次回もお楽しみに!
最後の話題の「久慈の卒業生へのメッセージボード」は、駅長さんの心のこもった文章が胸にしみます。「もうすぐ卒業式、枕を涙で濡らした記憶は、1歩大人になった証拠ですね。(中略) 3年間さんてつを利用してくれてありがとうございました。北三陸で頑張ってくれたヒーローのみんなに、あなたたち全員に幸せが届きますように、そして心から高校卒業おめでとう。」
高校生の皆さん、まもなく卒業ですね。心からおめでとうございます!

スタッフ
あすは音楽三昧の金曜日。パーソナリティーはシンガーソングライターの田口友善さん。パートナーはフリーナレーターの菅原直子さんです。『がんばった!お疲れさま』特集。皆さんからのリクエストにお応えしていきます。

2月22日(木) 希望の汽笛 ゆめ列車、三陸発未来行き

きょうのパートナーは、岩手県の総括コーディネーターで「三陸鉄道を勝手に応援する会」会長の草野悟さんです。お便りお待ちしています。







2月21日(水) いわて暮らし暦

山本玲子
NHK盛岡放送局に来るとき、八幡平の牧場で啄木鳥(キツツキ)を見かけました。石川啄木の由来となった啄木鳥ですが、今日の私を見守ってくれている合図のように思い、元気になりました。
今日は主に魔除けの小道具についてお話をしましたが、豆、桃、櫛、目籠、匂いの強い食べ物などいろんなものがあり、身の回りを見渡せば、いつでも魔除けが出来そうですね!
そうそう、笑うことも身が浄められ、魔除けになるようです。笑って、元気に暮らしたいものですね!
啄木の誕生日についてもお話をしましたが、啄木が詩稿ノートに記したもう一つの誕生日が後世の人々に論争を巻き起こしているのです。
啄木の誕生日が過ぎますと春を感じたものですが、今年は寒さが続きますね!
どうぞ皆様も雪道を歩くときはお静かにお歩きくださいますよう。

松田美和子
「いわて暮らし暦」、今日は「厄年」と「厄落とし」についてお話いただきました。地域や時代によって、厄年もいろいろあったそうですが、そういう年齢の時は生理的にも社会的にも人生の転機にあたり、身を慎まなければならないという俗信につながったようです。「厄落とし」にも様々な方法があり、節分に使う「炒った大豆」もその一つです。「豆を炒る」は、「魔目を射る」で鬼退治そのものです。身に着けていたもの(櫛、湯文字、犬張子、銭など)を辻などに捨てて厄落としにしたりもするそうです。人々は暮らしの中で命を守る為の様々な風習を続けてきたんですね。「啄木さんぽ道」の歌は3首とも今の季節を感じるものでした。皆さんはどの句がお好きでしたか?
「ピョンチャンオリンピック、スノーボード・ビックエア」決勝が明日行われます。一関市出身の岩渕選手が出場しますので皆で応援しましょう! 放送は総合テレビで午前9時5分からです。

<きょうご紹介した石川啄木のうた>
「酒のめば鬼のごとく青かりし/大いなる顔よ/かなしき顔よ
「やはらかに積もれる雪に/熱てる頬を埋むるごとき/恋してみたし」
「みぞれ降る/石狩の野の汽車に読みし/ツルゲエネフの物語かな」

スタッフ
あすのパートナーは、岩手県の総括コーディネーターで「三陸鉄道を勝手に応援する会」会長の草野悟さんです。お便りお待ちしています。

2月21日(水) いわて暮らし暦

きょうのパートナーは、石川啄木研究家で岩手の文化財保護のための仕事もしている山本玲子さんです。四季折々の啄木の歌や、人々のくらし・歴史を紹介いただきます。みなさんからのお便りお待ちしています。

2月20日(火) ぶらり野遊び教室 村田久です

村田久
およそ40数年前。僕が30代前半の頃。
大船渡市の「盛川」への釣行は、「一ノ関駅」から大船渡線に乗り、終点の「盛駅」で降りて、そこから「岩手開発鉄道」に乗り換えていた。岩手開発鉄道は「盛駅」から終点の「岩手石橋駅」まで、数駅あった。好きな駅で下車して、釣りをし、帰りの時間に合わせ最寄りの駅から列車に乗った。
当時は、めったに釣り人に出合うこともなく、のんびりと竿を出すことができた。ヒカリ、ヤマメ、イワナ、アユの宝庫だった。
何処だったか忘れたが、川べりに沢の水を引いて、水車が回っていたのを覚えている。この写真は1枚だけ残っていた岩手開発鉄道の列車である。1両ぽっちの列車なのだ。
現在、大震災のため大船渡線は一ノ関駅から気仙沼駅まで。岩手開発鉄道は、貨物列車として運用されているようだ。

松田美和子
今日は、奥州市で行われた「全日本農はだてのつどい」に参加したお話しから始まりました。
「農はだて」とは、「農作業を始める日」、「はだつ」とは「始める」「着手する」という意味だそうです。メインは、「庭田植え」。田んぼに見立てた雪の上に絣のあねっこ姿の女性が枯れた豆枝などを苗に見立てて植えていくものです。新しい年の「豊作と安全」を祈り行われるもので、その後には直径2.4メートル、高さ2メートルの「大臼」で福餅つきが行われ、500人に振舞われたそうです。「きなこ餅」だったそうですが、「美味しかったな!」と村田さん。羨ましい!
「追憶の一枚」は「岩手開発鉄道」でした。今からおよそ40年前の大船渡のお話し。当時は、内陸の石灰石を運ぶ貨物列車の他に、人が乗れる列車も走っていたそうです。春3月、それに乗り「盛川」に釣りに行かれた村田さん、川岸には「水車」も回っていたとか。ヤマメ、イワナ、ヒカリの宝庫だったそうです。人も時間もゆったりと過ごしていた時代かもしれません。
今日もたくさんのお便りをいただきありがとうございました。感謝。

スタッフ
あすのパートナーは、石川啄木研究家で岩手の文化財保護のための仕事もしている山本玲子さんです。四季折々の啄木の歌や、人々のくらし・歴史を紹介いただきます。みなさんからのお便りお待ちしています。

2月20日(火)

パーソナリティーは松田美和子さん。パートナーは海釣り、川釣り、山菜・キノコ採り歴50年の釣り師・エッセイストの村田久さんです。皆さんからのおたより、お待ちしています!





2月19日(月) ジャズに浸る夕べ

<きょうかけたジャズ>
 セロニアス・モンク『Let’s Cool One』
 セロニアス・モンク『Blue Monk』
 セロニアス・モンク『Japanese Folk Song』
 片倉真由子『RUBY,MY DEAR』
 鈴木牧子さんアルバム「マイディア」より『You Don't Know What Love Is』

鈴木牧子
最終回、無事に終了しました。
この二年間は本当にあっという間でしたのに、17回もやっていたんですね。
色々勉強させていただきました。
今回でまじぇ5時を卒業するのはとても残念ですが、この二年間で勉強させて頂いたことを自分の肥やしにして、これからも音楽の世界で頑張っていきたいと思います。
ラジオをお聴きの皆さん、ゆうぜんさん、スタッフの皆さん、ありがとうございました。
私好みのお花もありがとうございます。
まじぇ5時がますます素敵な番組になることを祈念しております。

田口友善
今日の前半はセロニアス・モンクの3曲でしたが、いかがでしたか? こうしてじっくり聴くと彼の魅力に引き込まれます。以前は違和感があった曲も、牧子さんのガイドでなじんでいくこと、私も感じていました。
いつものことですが、パートナーとの最後の番組は感傷的になります。リスナーの方々も突然のことで驚いたでしょう。名残惜しいというメールもたくさん頂きました。そして再登場を期待する声もあり、牧子さんも涙ぐんでいました。彼女の今後の活躍を楽しみにしましょう!

スタッフ
火曜日のパーソナリティーは松田美和子さん。パートナーは海釣り、川釣り、山菜・キノコ採り歴50年の釣り師・エッセイストの村田久さんです。皆さんからの山歩き里歩きのおたより、お待ちしています!

2月19日(月)

きょうのパーソナリティーは、田口友善さん。パートナーは、ジャズピアニストの鈴木牧子さんです。去年、生誕100周年を迎えたセロニアス・モンク特集で「ジャズに浸る(ひたる)夕べ」をお送りします。

今週のお便りテーマも、『がんばれ!ピョンチャンオリンピック』。連日盛り上がりをみせているピョンチャンオリンピック!注目の競技や選手、あなたが選ぶ感動の名場面を教えてください。

2月16日(金)「音楽三昧」『はばだげ!ピョンチャンの空へ』特集Part2

【きょうかけた曲】
 BOOM BOOM SATELLITES 「LAY YOUR HANDS ON ME」
 アリス「チャンピオン」
 ゆず「栄光のかけ橋」
 安室奈美恵「HERO」
 デヴィッド・フォスター「ウィンターゲーム」
 新沼謙治「ヘッドライト」
 ROD STEWART「Da Ya Think I'm Sexy?」
 Bee Gees「I Started a Joke」

菅原直子
以下に、きょうの「私の心の動き」を記します。
(午後2時前後)うぉおおおおおー!!!! この男子フィギュア・ショートプログラムの盛り上がりっ!!!
あふれ出る感動の涙…冬季五輪が好きで、応援を続けていて良かった。素晴らしきかな、オリンピック!!!!!
(午後3時前後)だ、ダメだ…興奮がおさまらない。そうだ、シャワー浴びよう→うん、何とか落ち着いたかな。
(午後5時オンエア開始) うぉおおおおおー!!!!(3時間前に戻る)。
まだまだピョンチャンオリンピックは続きます。4年に1度のことですし、ぜひ皆で岩手ゆかりの選手たちにも大きな声援を送りましょう。そして、ひと息つきがてら? 「よくがんばった!! お疲れさま」特集にもリクエストをどうぞ♪

田口友善
NHKのオリンピック放送テーマソングっていいですね! 今日は3〜5曲目とテーマ曲でしたが、ついつい思い出などがよみがえります。くり返しくり返し聞いていると、口ずさんでしまいますし、先週かけた「サザンカ」もだいぶなじみましたね!
さて、大槌町のるなとりなのばぁばさんのお便りに「岩手県出身選手の活躍を期待して、念力を送りましょう!」とありました。外の競技に関しては特に風の運不運があるので、僕らもテレビの前で応援を頑張りましょう!きっと選手たちに届きますよ。

スタッフ
来週月曜日のパーソナリティーは、田口友善さん。パートナーは、ジャズピアニストの鈴木牧子さんです。
去年、生誕100周年を迎えたセロニアス・モンク特集で「ジャズに浸る(ひたる)夕べ」をお送りします。

来週のお便りテーマは、『がんばれ!ピョンチャンオリンピック』
連日盛り上がりをみせているピョンチャンオリンピック!注目の競技や選手、あなたが選ぶ感動の名場面を教えてください。

2月16日(金) 音楽三昧の金曜日

きょうは音楽三昧の金曜日。パーソナリティーはシンガーソングライターの田口友善さん。パートナーはフリーナレーターの菅原直子さんです。『はばだげ!ピョンチャンの空へ』特集。皆さんからのリクエストにお応えしていきます。

NHKラジオ らじる☆らじる
  
▲ ページの先頭へ