「まじぇ5時」は大相撲のため、3月11日(月)〜3月22日(金)までお休みです。次回の放送は25日(月)。
「まじぇ5時通信」は随時更新していきますのでご覧ください。

3/25〜3/29 パートナー

  • 月曜
  • 火曜
  • 水曜
  • 木曜
  • 金曜

3月20日(水) まつ便り「防災時短パスタ」

松田美和子
前回の防災食を試してみました。教えて下さったのは宮城の女性防災士の方です。
彼女からメールでレ
シピを送って頂きましたのでご紹介します。
「乾燥スパゲティを1時間ほど水に浸けておいて水切りしたものを沸騰したお湯の中に投入、再沸騰したら出来上がりという簡単なものです。スパゲティは半分に折ってから水に浸けると作業が楽です。
白くふやけた状態のスパゲティがお湯の中で美味しそうなスパゲティに変身する様子に子供も大人も大感激です。
お試しください。味はお好きなものを!松茸のお吸い物でもokです。出来上がってからまぶしてください」

レシピ通り、まずは水に浸けてみました。
2つに折って水に浸ける
パスタを水に浸ける発想はありませんでしたので、半信半疑で浸しました。
2つに折って水を入れて、1時間。1時間以上でも問題無いそうです。
熱湯でゆでる
フライパンでお湯を沸かし、水から出したパスタを入れました。
白っぽくなっていたパスタがアッと言う間に柔らかくなり、ビックリです。
時短パスタとスープ
再沸騰して出来上がりでしたが、アルデンテは私には少し固めでしたので、5分程茹でました。
硬さはお好みですね。松茸風味のお吸い物で味付けして完成です。
茹で汁は思ったよりサラサラの状態だったので、そこにコンソメ、溶き卵と海苔を入れてスープを作りました。
美味しかったです。普段から使えますね。
水とガスをかなり節約できました。このレシピには応用編もあるそうです。
それはまたの機会に!

まじぇ5時クイズ
昨日の答えです。
人の話しを良く聞くパンは? でしたね。話しは耳で聞くので、パンに耳がある「食パン」が正解!
食パンもラジオも「耳」がキーワードでしたね。まじぇ5時の放送はいよいよ来週からです。

3月最後のクイズです。
☆ 春夏秋冬の中に美味しいものが隠れています。どの季節の何でしょうか? ☆

*ヒント*
(1)春、夏、秋、冬を英語に
(2)英語をカタカナにしてみてね。
(3)甘くてプルプルしたスウィーツ
答えは金曜日に♪

3月19日(火) まつ便り「防災の集い」

松田美和子
機会があって、東北6県の女性防災士の勉強会と茶話会をあわせたような集まりに参加させて頂きました。東日本大震災から8年、それぞれの県の震災に関わるお話や、反省、防災への取り組みなど、様々伺うことができ、有意義な会でした。会場は各県の皆さんが集まりやすい仙台市。東北大の会議室です。
勉強会の会場
集まった皆さんは、多様な活動をなさっています。
子供達の心のケア、防災絵本などの読み聞かせ、手話通訳、民生員、アマチュア無線、消防団員、地域のPR誌作成、地域防災の取り組み等々。そのどれもが、震災の教訓を風化させないように、復興の歩みを支える取り組みだと感じました。
お話を伺いながら女性ならではの視点を防災に生かす事の大切さを思いました。
各県の取り組みなどの資料
東日本大震災で被災者の受け入れをした山形や秋田の方からは受け入れる側としてのお話もあり、震災は受け入れる皆さんの体制づくりにも細やかな心配りがある事をあらためて感じました。
オブザーバーとして栃木県の防災士の参加もあり、震災から8年、繰り返し震災を語り継ぎ、防災を伝える大切さ、そしてそれを災害時に役立つ知恵として生かす必要がある事を再認識させて頂きました。

余談として、防災食の知恵もありました。
試してみようと思っているのが、「パスタを水に浸けてから、熱湯をくぐす方法」です。
実験してご報告しますね。

まじぇ5時クイズ
昨日の答えです。(「よ」は小文字で。)
「次、嘘よ」→「つぎうそょ」→「そつぎょう」
答え「卒業」でした。
4月の「まじぇ5時川柳」のお題は「はな」です。
卒業式の日、担任の先生に生徒から一輪ずつ花を渡し、最後はブーケになりました。見ていて涙、涙でしたよ。

今日の問題は「なぞなぞ」です。
☆ あんぱん、メロンパン、食パン、クリームパン。この中で人の話を良く聞くパンは? ☆

*ヒント*
(1)味は関係ありませんよ。
(2)話しはどこで聞く?
答えは明日♪

3月18日(月) まつ便り「春呼ぶ神楽」

松田美和子
「あっ、神楽。」
大型ショッピングモールに神楽の太鼓と笛の音が流れていました。心が浮き立ちます!
幕を見ましたら、花巻市大迫町の「大償神楽(おおつぐないかぐら)」でした。
大迫町の大償地区で伝承されてきた神楽で「岳神楽(たけかぐら)」と合わせて「早池峰神楽(はやちねかぐら)」と呼ばれています。
神楽の音に人々が集まってきました。
大償神楽・竜天
神楽の面がはっきり写せませんでしたが、「大償神楽」は、口を開けた「ア」で、「岳神楽」は口を閉じた「ウン」の型です。この2つは「兄弟神楽」と呼ばれているそうです。体の芯に響く神楽の音、舞い手の動きから目が離せませんでした。
春から神楽とは、良い年になりそうです。

通路を歩いていたら、「どうぞ!」と美味しそうなものを頂きました。
ヒュッツポットとエルテンスープ
「ヒュッツポットとエルテンスープ」確か名前はこんな感じでした。(笑)
山田町の復興ホストタウン「オランダ」の料理を、山田町の食材で作ったそうです。
「エルテンスープ」には豆が沢山入っていて、ポテトサラダ風な「ヒュッツポット」と合わせて、お腹が満たされました。
とても美味しかったです。

通りには山田町の他に宮古、釜石、大船渡や野田村など、多くの市町村が地元のPRをしていました。まもなく「リアス線開通」ですね。

まじぇ5時クイズ
まずは、文字並べ替えの先週の答えです。
「時の風」→「ときのふう」→「ふきのとう」で、答えは「ふきのとう」でした。
すぐ分かりましたか? お味噌汁にパッとはなしても美味しいですね。

今日の問題はこちら。
☆ 次、嘘よ ☆
「よ」は、小文字にして下さいね。
*ヒント*
(1)春は別れの季節
(2)成長した子の姿に親は涙
(3)〇〇式 答えは明日♪

3月15日(金) まつ便り「畑に一本」

松田美和子
東京の練馬といえば「練馬大根」が頭に浮かびませんか? 本当に練馬に大根はあるのか?
探してみました。
季節が違うので期待しないでフラフラと、散歩気分。
住宅街の中、広い畑の中にあ何だか、大根のような?
堂々と一本の大根
ありました!
柿の実を全部取らずに残す「木守り柿」のように畑を守っているようです。感激です。
近くに、こんな立て札を見つけました。
生産緑地地区の立て札
「生産緑地?」何でしょう? 調べてみましたら、「1991年、都市農業の壊滅を防ぐ目的で30年間農業をする事と引き換えに関連する税金の優遇を認めたもの」だそうです。ただ、2022年にはおよそ8割が利用期限が切れるそうです。

すぐお隣には元気なキャベツが、沢山!
はち切れそうなキャベツ住宅街のキャベツ畑
住宅街の隠れた田園風景にびっくりです。空までスポッと抜けた空間が気持ち良くて伸び伸びしました。この空間は環境面や防災面からも大事な場所なんだと感じましたが、2022年以後はどうなるのでしょうか?
ともかくも、春の陽気の中、楽しい散歩でした。

まじぇ5時クイズ
前回の答えです。
食べたら物が投げられなくなる野菜は?
「放れんそう→ほうれん草」でした。

今回は、文字並べ替えです。
☆ 時の風 ☆
いつものように、全部平仮名にして並べ替えてみて下さいね。
*ヒント*
(1)風は「かぜ」ではなく「ふう」
(2)RN.奥州のマリンさんといえば?
答えは来週♪

3月14日(木) まつ便り「梅も桜も」

松田美和子
盛岡を出る日は、雪山からの風が冷たくて襟元をしっかりと固め、厚手の手袋もして出発しましたが、晴天の東京は暑かったです。
そっと厚手のマフラーを外し、手袋をバックにしまいました。途中でコートも脱いで抱え、ドンドン荷物が増えていきます。
会う方々に「盛岡は今、福寿草の季節です。山には雪があって綺麗ですよ。ぜひ岩手に遊びに来てください。」とPR。
大抵の方は「山に雪!」の反応。「そうなんです。岩手山の雪形が鷲に見える頃が農作業を始める時期の目安と言われていいるんですよ。」
そんな話をしながら池袋へ。
池袋駅前通りの紅梅?
見事な紅梅? の花が満開でした。写真を撮る方もたくさんいらっしゃいましたよ。
とても華やかで、青空との対比が日本画のようです。目に眩しい感じ。

夕方、皇居の近くを歩いていたら、赤い提灯が並んでいて「豊川稲荷神社」の、のぼり旗が立っていました。夕闇の中に浮かぶ満開の桜です。
豊川稲荷神社の夜桜
赤い提灯が艶やかですね。立ち止まって、しばらく鑑賞してしまいました。
少し早めにお花見をした事で、さらに、岩手の梅と桜の季節が楽しみになっています。
リスナーさんの「桜が咲きました!」というお便りを想像するとワクワクします。

まじぇ5時クイズ
前回の答えをミニコント風に。
「この町の名前は?」「くじです。」「9時?」「いいえ、久慈です。」チャンチャン♪

今日のなぞなぞです。
☆ ある野菜を食べたら、物が投げられなくなりました。この野菜の名前は? ☆
*ヒント*
(1)水曜パートナー宮田さんが以前ご紹介下さった野菜です。
(2)色は緑、お浸しや、胡麻和えも美味しいですね。
答えは明日♪

3月13日(水) まつ便り「東京登山」

松田美和子
東京の街中に山はないけれど、路線から路線への乗り換えで、地上から地下へ、地下から地上へと、エスカレーターや階段で登り降りする。
渋谷の地下鉄は地下5階の路線もあり、スーツケースを抱え、息切れしながら頑張る。
ふと、「山登り?」と思った。東京は坂も多い。
お洒落なヒールは避けて、ウォーキングシューズが必須。
まさに、登山である。こまめな休憩が必要で、結果、休める場所にすぐ目がいく。
電車のカフェ
電車が2両窓越しにあり、中にもう1両、全部で3両展示してある。可愛い!
迷わず休憩。有名な文具店のカフェだった。
モンブランがなかったので、おすすめの「チーズケーキ」とコーヒーを。
3層のチーズケーキ
爽やかな味で、ヨーグルト風味のチーズケーキ。「ほんのひととき」のコピーに癒される。
隣のテーブルの年配の男性が原稿用紙に向かっている。男の子を連れたお母さんも入って来た。
リクルートスーツ姿の女性が黒いヒールの足を浮かせている。「疲れますよね。」心で声をかけた。
それでも、この街は魅力的。都会の顔もあり、昔懐かしい商店街も健在である。
あと数日、都会の山登りは続く。

まじぇ5時クイズ
まじぇ5時クイズ、今回はなぞなぞです。
昨日のなぞなぞは、「区民が皆んなおしゃべりな区は何区?」でしたね。分かりましたか?
答えは、「みなトーク→港区」でした。
さて、今日のなぞなぞです。
今回は岩手バージョンですよ。
☆ 町の名前を聞くと時間を答える沿岸の町は何処? ☆
*ヒント*
「震災を泳ぎ切ったカメ吉が有名」
答えは明日♪

3月12日(火) まつ便り「春見つけ」

松田美和子
何だか慌ただしい3月、郵便局へ用事があり愛車を走らせました。
10年以上乗っている為、ハンドルも手に吸い付くように馴染んでいます。
道のデコボコが車体を通してダイレクトに伝わる自然との一体感が気に入っています。
春風が気持ちの良い午後、愛車を止めては「春見つけ」を楽しみました。見つけましたよ。
ミチノクフクジュソウ?
「野遊び教室」の村田さんの写真やリスナーさんのお便りで福寿草が咲き始めている事は知っていましたが、自分で見るのは今年初です。
鮮やかな黄色の張りのある美しい花びらは一輪でも目立ちました。
現在、福寿草は「キタミフクジュソウ、ミチノクフクジュソウ、シコクフクジュソウ、フクジュソウ」の4種類に分けられるそうです。
見分けかたの一つはガクとか。
夏の向日葵(ヒマワリ)と共に太陽の光を感じる花ですね。
そして「動物公園と愉快な仲間たち」の山本さんもお好きな花「オオイヌノフグリ」の青い花も見つけました。
瑠璃色のオオイヌノフグリ
「星の瞳」とも呼ばれる小さな愛らしい花は一面に咲くと満点の星空にも見えます。別名「瑠璃唐草(るりからくさ)」、「天人唐草(てんにんからくさ)」。
早春の枯れた色の中に瑠璃色を見つけると思わず駆け寄ってしまうほど魅力的です。
愛車のスタンドを外し郵便局まであと少し、春を見つけながらペダルを踏みます。
雨だったり、寒かったりしながらも春はすぐそこまで来ていますね。

まじぇ5時クイズ
春のまじぇ5時クイズです。気楽に脳トレに挑戦してみて下さい。今回はなぞなぞです。

☆ 区民が皆んなおしゃべりなのは、何区でしょうか? ☆
*ヒント*
皆おしゃべり、おしゃべりを「トーク」に変えると?
答えは次回♪

3月11日(月) まつ便り「あの日の電話」

松田美和子
携帯を忘れて、今日震災以来初めて「公衆電話」を使いました。ボタンを押しながら、あの日、公衆電話に並んだ記憶が蘇りました。
携帯は繋がらなくなり、バッテリーも減って困っていた時、ご近所の方に公衆電話が繋がると聞き走りました。
コンビニの前には20人近い方々の長い列が出来ていて「手短にお願いします!」という店員さんの呼びかけも。
安否を訪ねる人、無事を伝えたい人が10円玉を握りしめています。私も家中の10円玉を集めて並びました。
順調に進んでいた流れが途中で止まり、店員さんとやりとりしています。
「すみません。10円玉が詰まって電話が故障したようです。すみません。すみません。」何度も謝り頭を下げる店員さん。
彼女が悪いわけでもないのに。並んでいた方々の「命の無事を確認する大切な電話」への強い思いが彼女に押し寄せたのかもしれません。
前に並んでいた男性が「駄目かぁ。」と一言。あの日の公衆電話は、命を確認しあう大切な電話でした。

今日、私が公衆電話にたどり着くまで、1時間。あったはずの電話ボックスが撤去されていたり、スーパーの店員さんが自分の職場の公衆電話を知らなかったり。
私自身も公衆電話の電話帳が銀色のボックスに入っている事を知りませんでした。
今の子供達は公衆電話の使い方を知らないとも聞きます。
震災から8年目の今日、あの日の電話から被災地を思っています。

3月8日(金)
「音楽三昧」『アンコール!もう一度ききたい』特集Part2

【きょうかけた曲】
 1.AKB48『恋するフォーチュンクッキー』 
 2.指田郁也『花になれ』
 3.ナナ・ムスクーリ『Only Love』
 4.アイ・ジョージ&志摩ちなみ『赤いグラス』
 5.おらほ:尾川馨『オライノエ』
 6.辻井伸行『ショパン/英雄ボロネーズ:作品53』
 7.Norishige『HA-E-BE(はぁ、いいべ。)』
 8.あんべ光俊『遠野物語』
次回は…「“平成最後”の通常リクエスト」特集 です!

菅原直子
AKB48からNorishige、はたまたショパンの名曲まで!?おかげさまで、とてもバラエティ豊かと申しますか…まじぇごじぇ感たっぷりにお届けいたしました。リクエストをくださった皆さん、どうもありがとうございます!!
さて、大相撲中継のため、番組はしばらくお休みをいただきます。次回の金曜まじぇ5時は29日です。
特集?は「平成最後の通常リクエスト」ですよ(笑)。お便り・リクエストをお待ちしていま〜す♪

田口友善
いやあ〜今日もマジェゴジェ流に、洋楽邦楽クラッシックと8曲ともあまり共通項がない(?)選曲になりました。これもリスナーの方々の幅広い音楽愛ですね! お楽しみいただけましたか?
またまた大相撲中継のため、まじぇ5時はお休み。「その間、どうすりゃあいいのよぉ?」というリスナーさんからの声も沢山聞きます。ごめんなさいね。そんな方は録音して繰り返し楽しんでもらえたら、と思うのです。でも、いろいろ思い通り進行できなかったこともあるので、私としてそれもまた冷や汗が出ますが、まんず笑って聞き流してくなんしぇ!
ところで次回が通常リクエストですので、曲の思い出をたっぷりお書きになられて再開をお待ちください!

スタッフ
来週・再来週は大相撲中継のため、放送はお休みです。
次回の放送は、25日(月)。パーソナリティーは、田口友善さん。
パートナーは、岩泉町の短角牛繁殖農家に都会から嫁いだ三上亜希子(みかみ・あきこ)さん。
次回のお便りテーマは、『春の兆し』。長い冬も終わりが近づき、「春の息吹」が皆さんの近くにありませんか? 身近なところで見つけた、「小さな春」の話題をお寄せください。

3月8日(金) 懐かしの音楽三昧

きょうは音楽三昧の金曜日。パーソナリティーはシンガーソングライターの田口友善さん。
パートナーはフリーナレーターの菅原直子さんです。『アンコール!もう一度ききたい』特集Part2。皆さんのリクエストにお応えします。

3月7日(木) 月に1度のまじぇ5時川柳

熊谷岳朗
一ヶ月の御無沙汰でございました。いつもご支援をいただきありがとうございます。
今月は「はずむ」という題でお寄せをいただきました。そういえばもう春の陽射しという感じになってまいりました。皆さまの心も体もウキウキ、春でいっぱいの作品でした。春っていいですよね。

幸せは あったか家族の はずむ声      紫波町・中村克己
春が来た さあ飛び出そう ジャンプしよう  山田町・佐藤仁志
覇気のある 声はずんでる 北の春      盛岡市・小成恭子

松田美和子
3月のお題「はずむ」にたくさんご投句いただきました。どの句も心がはずむような句ばかりで、詠みあげるのが楽しかったです。その中でも山田町:佐々木崇之さんの句にあった「心のゴム」の表現が面白いなと思いました。放送終了後も「心のゴムを劣化させないように」とか「今の言葉で心のゴムが柔らかくなった」などスタッフとの会話でも使わせていただきました。
今回お寄せいただいたのが150句。なかでも「毬」をテーマにした句が多かったように思います。毬で思い出しましたが、子どもの頃「毬つき」をして遊んでいました。女の子達の間で「花毬」が流行り、綺麗な毬を持ち寄っては歌に合わせてつきましたが、どんな歌だったのか覚えていません。上級生の毬さばきに見とれていたように思います。皆さんの「毬の句」からそんな子供の頃を思い出しました。言葉の力ですね。
「まじぇ5時川柳教室」の私の句は、岳郎さんが2句並べて比較し、「下五しもご(最後の5文字)」について教えて下さいました。1句目「弾む日は 水溜まりポン ほら虹も」、2句目「弾まない 日だってあるの 傘探す」 この2句目の下五「傘探す」が、句を良い方向にしているそうです。「傘探す」が、「今日は家」や「ひきこもる」だと平凡になってしまうそうです。今日の「川柳教室」のポイントは「下五が勝負」でした。
貴方も「鉛筆1本、紙一枚」あれば出来る「川柳」に挑戦してみませんか?

スタッフ
松田さんが作った句を題材に、川柳のコツをお伝えするコーナー「まじぇ5時川柳教室」を行っています。皆さんからの川柳の作り方の疑問・質問にもお答えしていきます。どうぞお寄せください。
次回の川柳は4月4日(木)。お題は「はな」
その次は、5月9日(木)第1木曜日ではなく第2木曜日の放送です。「ぼやき川柳」。日常の不平不満を明るく詠みましょう。
皆さんから「お題」の募集もいたします。アイデアがありましたら、番組あてにお送りください。
投句・おたより・リクエスト・お題のアイデアをお待ちしています!
※今月の大賞作品は川柳のページをご覧ください。

あすは音楽三昧の金曜日。パーソナリティーはシンガーソングライターの田口友善さん。
パートナーはフリーナレーターの菅原直子さんです。『アンコール!もう一度ききたい』特集Part2。皆さんのリクエストにお応えします。

3月7日(木) 月に1度の“まじぇ5時川柳”

きょうは、月に1度のまじぇ5時川柳。パートナーは岩手県川柳連盟理事長の熊谷岳朗さんです。
今月のお題は「はずむ」。投句は午後5時半まで受け付けています。

3月6日(水) 動物公園とゆかいな仲間たち 聴き逃し配信中

辻本恒徳
2か月ぶりの「まじぇ5時」、1月と2月は失礼しましたので、久しぶりに楽しい時間を過ごすことが出来ました。そして、園長コラムでは、動物公園の再生事業についてお話しする時間をいただき、ありがとうございました。「動物公園はどうなるの?」と聞かれることも多く、みなさんが気にかけて下さっていることが、とても嬉しく、ありがたい気持ちになります。開園から30年が経過しましたので、新たな動物公園として再出発し、さらに多くの方々に、子どもも大人も楽しんでいただけるようにしたいと考えています。岩山の自然は素晴らしく、その中にある動物公園は、他の動物園にはない、盛岡ならではの特徴です。この岩山で、動物たちとともに自然を満喫しながら、ご家族で、お友達とゆったり過ごして楽しめるようにしていきますので、これからも応援をよろしくお願いします。

森敦子
1か月ぶりの出演でした! 前回も今回も短縮バージョンでしたが濃密な時間を過ごせました〜。鳴き声クイズのヒントはいつも始まる前にそれぞれが考えるんです。だから誰がどんなヒントを出すのかはその場で知るのです。今日「白と黒の動物です!」って答えたら、山本さんが「うわ〜」って言っていたのはそういうことなんです〜。女子会らしさが出ていたでしょう? 私は毎回松田ヒントを聞くのが楽しみでしょうがないです。今日も抜群のヒントでしたね。みなさん短い時間で正解率100パーセント! 本当にありがとうございます。
さて、もうすぐ開園で、今はその準備に追われています。鳥類ゾーンの看板を綺麗に整えたり、資料館の中の展示物を綺麗にしたりしています。大きく変えることはなくても、動物たちのために、来て下さるお客様のためにちょっとずつリニューアルしているのでその辺もちょっとだけ気にしていただけたらなあと思います。開園してすぐの土日には『野生動物追跡隊』があります。園内に住む、飼育していない野生動物の痕跡をみんなで探しながら楽しむ30分。ぜひふるってご参加ください。詳しくは動物公園のホームページをチェックしてくださいね!
それでは次回は4月。もう桜咲いているかな。その辺もお伝えできればと思っております!

山本祐子
今日は約30分間の濃縮(?)版にも関わらず、たくさんのメッセージありがとうございました。皆さんが春の開園を楽しみにして下さっていること、本当に嬉しいです!開園準備、頑張ります!
また、4月からは催し物の内容や時間をリニューアルします。動物や自然について、より楽しく学んだり、園内各所でいろいろな体験が出来るように準備していますよ〜お楽しみに!
では、動物たちと一緒に、皆さんのご来園をお待ちしてま〜す!

松田美和子
17時28分からお送りした今日の「まじぇ5時」、短い時間の中でしたが「鳴き声クイズ」にたくさんの回答をいただきました。皆さん、ありがとうございました。1回のヒントでしたが全員正解という快挙でしたよ。(笑)
今日のマスコットの名前は辻本園長提案の「テンジック」になり、可愛い鳴き声で番組に参加してくれました。
冬期開園の様子や、グレビーシマウマの「ラッキー」の初めての冬の様子、カナダカワウソ「カエデちゃん」のお婿さん「リッキー」などを紹介していただきました。リッキーは筋肉質のイケメンでしたね。
今日の「園長コラム」は「動物公園の再生事業」について。どのように変わるのか、気になる動物の展示方法や、ゆったりお茶を飲みながら休めるスペースの提案などをうかがいました。動物の展示はストーリー性を持たせて「里山に生きる」、「高原の営み」、「母なる大地」などのエリアの計画があるそうです。とても楽しみですね!春の開園はもうすぐです。

スタッフ
あすは、月に1度のまじぇ5時川柳。パートナーは岩手県川柳連盟理事長の熊谷岳朗さんです。
今月のお題は「はずむ」。投句はあすの午後5時半まで受け付けています。

3月6日(水) 動物公園とゆかいな仲間たち

きょうのパートナーは、盛岡市動物公園の飼育係、森敦子さんと山本祐子さん。動物公園での仕事やウラ話などをお話しいただきます。また、園長の辻本恒徳さんが、獣医師としての知識を交えて話すコーナーもあります。動物についての質問やペット自慢など、おたよりお待ちしています。



NHKラジオ らじる☆らじる
  
▲ ページの先頭へ