6/27〜7/1パートナー

  • 月曜
  • 火曜
  • 水曜
  • 木曜
  • 金曜

6月27日(月) 「縄文ロマンの旅」

菅野紀子
こんばんは。菅野紀子です。 きょうはみなさんからたくさんのお便りをいただき、本当にありがとうございました! 話題がたくさんで、あっという間の1時間でした。
豊かな森や海のめぐみを大切にしながら生き、文化を育んでいた縄文時代の人々。
竪穴住居の炉の火を囲みながらどんな話をしていたのか・・。季節ごとの人々のくらしはどんなものだったのか・・。などなど、ロマンが膨らみます。
縄文人の道具のひとつ、縄文土器も時期や地域によって、様々な形や文様があります。とても装飾性の高い土器もつくられています。ちなみに、わたしが好きな土器は、渦巻の文様が描かれる縄文時代中ごろの土器です。
縄文人の技術の高さや、豊かな精神文化にいつもすごいなと思っています。
今日は少し具体的なお話が足りなかったかな・・と思っているので、次回からは、縄文人の暮らしを身近に感じていただけるようにお話できたらいいなと思っています。
これからもみなさんからのおたより、お待ちしています!

御所野縄文博物館の「夏休み子ども体験」のお知らせです。小学生・中学生限定!
●ちびっこじょうもんデザイナーにちょうせん!
  7月30日(土)10:00〜12:00  定員15名
●昆虫たんけん隊!
  7月31日(日)16:00〜19:00 定員20名
●縄文土器から植物をさがしてみよう!
  8月6日(土)9:30〜12:00 定員10名

●魚をつかまえて石器でさばいてみよう!
  8月7日(日)9:30〜12:30 定員20名
参加申し込みの受け付けは、7月5日(火)からの予定です。
参加費や持ちものなど、詳しくは御所野縄文博物館までお問い合わせください。

田口友善
番組の冒頭でもお話しした、きのうのNHKスペシャル・古代史ミステリー「御柱」〜最後の"縄文王国"の謎〜。実に衝撃的な内容でした。縄文文化と弥生文化の折り合いをつけるお祭りだったのですね。
まだまだミステリーなところが多いのですが、こうして各地の遺跡から出てきた出土品の新たな科学的分析から、新たな文化が見つかることは、一戸町御所野遺跡でも同じですね。倉庫に眠っていた出土した土器を再度調べて、小さな穴にシリコンを詰めてみたら、その形から植物の種がニワトコとかガマズミだったとか。当時の植物等も分かる。いやあ実に丁寧なお仕事に頭が下がります。次回の菅野さんのお話が今から楽しみになりました。

スタッフ
火曜日のパーソナリティーは松田美和子さん。パートナーは海釣り、川釣り、山菜・キノコ採り歴50年の釣り師・エッセイストの村田久さんです。皆さんからの山歩き里歩きのおたより、お待ちしています! 

6月27日(月)

きょうのパーソナリティーは、田口友善さん。パートナーは、一戸町にある御所野縄文博物館の学芸員・菅野紀子さんです。大学に入学し直してまで研究に没頭する学芸員の菅野さんに「縄文ロマンの世界」に誘っていただきます。
また、今週のお便りテーマは、『今年前半の大事件!』です。もう2016年も半分が過ぎようとしています。ここまでの出来事を教えてください。みなさんからのお便り、リクエストもお待ちしています。

ウルシ利用の始まりは、縄文時代にさかのぼることが明らかになっています。

御所野縄文博物館では、夏休み期間中に開催する「夏休みこども体験」の準備を進めています。
今年は、豊かな自然いっぱいの公園の木々の葉っぱを使って、オリジナルTシャツをつくる体験や、土器を手がかりに縄文人の身近にあった植物を調べる体験など、4種類の体験メニューを予定しています。

6月27日(月) 梅雨の晴れ間の高松の池



6月24日(金) 「音楽三昧」燃えるべ!プロ野球 特集

【今日かけた曲♪】
 狗鷲合唱団『羽ばたけ楽天イーグルス』
 アンサンブル・ボッカ『ゆけゆけ飛雄馬』
 SEAMO『Continue』
 石川さゆり『天城越え』
 落合博満(デュエット:落合信子)『そんなふたりのラブソング』
 ウルフルズ『ガッツだぜ!!』
 フィリップ・ジョーンズ・アンサンブル『祝典行進曲(作曲:團伊久磨)』
 ダイアナ・ロス『If We Hold On Together』

菅原直子
プロ野球特集なのについ…「優勝セールをしてくれるなら、どのチームでもいいや」などという目線でみてしまう私。ごひいきのチームをお持ちの皆さん、ごめんなさい! でも、各球団の応援歌や、個々の選手の登場曲など、プロ野球選手にまつわる音楽には興味津々なんですよ。もちろん、実際に野球場でかかったら、きっと心に響いて素敵な思い出になるんでしょうね。そんな体験はありませんか?
さて、次回も引き続き「燃えるべ!プロ野球」特集のpart2です。リクエストはもちろん、プロ野球にまつわる思い出やエピソードなども、ぜひお寄せください。お待ちしてまーす♪

スタッフ
来週月曜のパーソナリティーは、田口友善さん。パートナーは、一戸町にある御所野縄文博物館の学芸員・菅野紀子さんです。大学に入学し直してまで研究に没頭する学芸員の菅野さんに「縄文ロマンの世界」に誘っていただきます。
また、次週のお便りテーマは、『今年前半の大事件!』です。もう2016年も半分が過ぎようとしています。ここまでの出来事を教えてください。みなさんからのお便り、リクエストもお待ちしています。

6月24日(金) 音楽三昧の金曜日

きょうは、音楽三昧の金曜日。パーソナリティーはシンガーソングライターの田口友善さん。パートナーはフリーナレーターの菅原直子さんです。「燃えるべ!プロ野球」特集。皆さんのリクエストにお応えしていきます。

6月23日(木) 世界中で日本酒で乾杯 久慈浩介です

久慈浩介
今日も放送を聞いて頂きありがとうございます。今日は特にお手紙、FAX、メールをいただきうれしかったです。生放送はやっぱりこうじゃなければいけませんね〜。本当にありがとうございます! ベン君もアメリカで頑張っています。映画も盛岡ではじまります。ぜひお酒を飲めない方でも映画を見て頂ければ、うちの蔵の「想い」を感じられますので、ぜひご覧ください!

松田美和子
浩介さんの蔵が「全国新酒鑑評会の金賞」と、「IWCインターナショナルワインチャレンジの最高位トロフィー」を受賞されたので、「おめでとう!!」から番組がスタート。
お話を伺うなかで、賞を取り続ける事の裏には、計り知れない努力があるんだんなぁと、しみじみ感じました。岩手から世界へと「日本酒」を広げたいという気持ちの強さには、いつも感動させられます。皆さんからも、たくさんの「おめでとう!」のお便りをいただき、とても嬉しそうでしたよ。ありがとうございました。番組では、いつも「がんばって!」と応援させていただいていますが、忙しそうな様子を拝見すると「たまには、ゆっくりしてね。」と思ってしまいます。
その他、今日は「秋田の蔵を訪ねたお話」、「蔵の梅酒作り」、蔵エピは「夏の日本酒の楽しみ方・アルコール度数の高い無濾過の生原酒に氷を浮かべてロックで!」をお話いただきました。
「まじぇごじぇトーク」は、浩介さんが主演なさった「日本酒の映画」が、全国のトップを切って盛岡で上映されるという事、そして、「ベンさんのお別れ会」などでした。
久慈さんの次回のご出演は、9月29日の予定です。

スタッフ
あすは、音楽三昧の金曜日。パーソナリティーはシンガーソングライターの田口友善さん。パートナーはフリーナレーターの菅原直子さんです。「燃えるべ!プロ野球」特集。皆さんのリクエストにお応えしていきます。

6月23日(木)

きょうのパートナーは、二戸市で日本酒の蔵元をしている久慈浩介さんです。
皆さんからのお便りお待ちしています。

6月22日(水) 盛岡町家ストーリー

吉田真理子
私の住んでいる鉈屋町の通りでは、朝顔がずらりと並ぶシーズンになりました。
これから道行く人たちを楽しませてくれることでしょう。
一方で私は最近、仙台、山形、東京と駆けずりまわり、忙しい日々を過ごしております。
先日、「モラ展」のため山形市にある文翔館を訪れました。文翔館は旧山形県庁舎です。
英国式のレンガ造りの建物で、国の重要文化財に指定されています。
中に入ると、漆くい天井が素晴らしかったです。完成に4年もかかったそうです。
その中に、山形特産の「さくらんぼ」と「紅花の花」の彫刻もありました。
大正ロマンがいっぱいでした。

松田美和子
朝顔から始まり寒天まで、幅広いお話が展開しました。リスナーさんの「食材を無駄にせず使いきること。これは生ごみの減量につながりますが、私の体重が増量。どうすれば良いの〜」というお便りに、吉田さんのひと言。「寒天!寒天!」 大笑いでした。
今、町家は夏仕様になっているようです。襖を外すと一部屋になり、中庭から表まで涼風がスーッと抜けるそうです。
「寒天と甘酒のコラボ」は甘酒の中に糸寒天を小さく切って入れるだけです。甘酒の優しい甘さを寒天が吸って食感を残したまま柔らかくなり、とても美味しいですよ。お試し下さい。
テレフォンは花巻FМの鎌田輝恵さんに、7月から始まる「宵宮」と、台温泉で行われる「ゆかた写真コンテスト」の話題を伝えていただきました。
まじぇごじぇトークは、たくさんのお便りのご紹介と、山形の「文翔館」で行われた「モラの展示会」のお話でした。まもなく、朝顔の季節、町家の通りを浴衣で歩いてみたいですね。

スタッフ
あすのパートナーは、二戸市で日本酒の蔵元をしている久慈浩介さんです。
皆さんからのお便りお待ちしています。

6月22日(水) 動物公園通信 番外編

森敦子
みなさんお元気ですか? 盛岡市動物公園の森敦子です。
前回の出演から次までは2か月ほどあいてしまうのでブログを更新したいと思います!

先日お休みを利用して関東に行ってきました!
目的は講演会だったのですが、それは置いといて、"突撃隣の動物園"を3カ所してきました!

一つは上野動物園です。先日、同じ東京都内の井の頭動物園で飼育していたゾウのはな子が死に、テレビ番組で特集が組まれていましたね。上野動物園でゾウを見ていたら、多くの人がはな子のことを口にしていて、みんなに愛されたゾウだったのだなぁと改めて思いました。

さてこの日の東京は異常な暑さ。あまりの暑さに耐えきれず日陰を探しながら移動して、おいしいビールもいただきました!動物園ってビール飲めるの?!と思ったみなさん。いまやアルコールを販売していないところは盛岡とお隣仙台の八木山動物園くらいなのです。うちでも芝生でおいしいビールを飲めたらなぁと常々思っております。(仕事中にではなくみなさんに飲んでもらいたいということですよ!)

そして二つ目は千葉市動物公園。
ここは私もアルバイトをしたことがあるので懐かしい場所なんです。教育普及活動のアルバイトだったので、動物を観察して答えるクイズや、飼育係がガイドで使うキリンのイラストなどを書いていました。
久しぶりの千葉市動物公園は最近ライオンが入ったため私がいた頃とは変わっていましたが居心地の良さは同じでした。

そして三つ目は多摩動物公園!こちらはつい最近日本初の、動物が入りました!!!

「タスマニアデビル」みなさんご存じですか??
世界最大肉食有袋類。コアラやカンガルーの仲間だけど肉食なんです。この話はさらっと書いてね!と松田さんに念を押されたのでさらっとにしますが、とりあえず一目惚れして帰ってきました。
ところで、多摩動物公園は盛岡市動物公園と深く関わっていて、ゾウのマオや、キリンのユズがいた場所でもあります。ゾウのマオは多摩動物公園で生まれたためファンも多く、今も多摩動物公園でマオを好きになったお客さんが、盛岡でもマオを見に来てくれるほどなんですよ。井の頭のはな子が愛されたゾウだったように、動物公園にいる動物たちも愛されているのを実感できますね。

そうそう。そもそも何のために関東にいったのか、2つの講演を聞くためでした。一つは個体群管理についてのお勉強。これは言葉にするとちょっと難しいのですが、講師の先生がとってもわかりやすく説明してくれたので、へー! がたくさんでした。機会があればそのお話もラジオでしますね!それからもう一つ、こちらは水族館好きのみなさんが水族館とは? を考えるもの。え? でも動物公園と水族館は違うよね?と思いますよね? しかし生き物を好きになってもらう、自然環境を考えてもらう、楽しんでもらうなど共通点もたくさんなのでとても有意義な時間を過ごしてきました。これもいつかお話しましょうか!

なんだか盛りだくさんの内容であっちこっち話が飛んじゃいましたが、とりあえず、番外編! はこの辺で。またいつもの動物公園通信も折を見て更新しますね!

それではみなさま また!


盛岡市動物公園 飼育係 森敦子

6月22日(水) 盛岡町家ストーリー

きょうのパートナーは、盛岡市鉈屋町の町家で暮らす吉田真理子さんです。町家暮らしののんびりとした話題などをお届けします。
みなさんからのおたよりお待ちしています。





6月21日(火) ぶらり野遊び教室 村田久です

村田久
友人がノビル(ヒロッコ)を見つけたと、持ってきてくれた。最近、さがしてもなかなか見つからず、少なくなっている気がする。ぜひ小さな根は引き抜かないで、埋め戻してほしい。育ち過ぎたのは、葉がかたく天ぷらに向かないが、根だけは1年中食べられる。葉っぱと根は酢みそ和えやタコとの酢の物などがある。でも僕は、そのまま丸い根にみそをつけて、かじるのが好きだ。ツ―ンと鼻をつく、野の香りと強い辛み。これがたまらないのだ。

松田美和子
今日は「夏至」でしたね。お昼頃に一年で最も影が短くなるというので、ぬいぐるみを外に出して撮影してみました。

本当に太陽が真上なんですね。皆さんは実感なさいましたか?

「野遊び教室」は大船渡の吉浜の根白漁港で行われた「海釣り大会」の話題と、「山釣り」のお話でした。「山釣り」、辞書にはない釣り用語です。村田さんの言葉をお借りすれば「山のふところに潜り込む」という事のようです。深山幽谷の世界でしょうか? 遠野から陸中川井へ抜ける途中にある「荒川高原」、そして、薬師川。写真から自然の豊かさが伝わってきました。谷筋で出会った花、「ホソバテンナンショウ」、「オダマキ」「フタリシズカ」「ギンラン」は、楚々とした白い花々でした。フタリシズカが、時によりヒトリシズカになったり、サンニンシズカになったりするというお話は面白かったですね。
「道草手帳」は「手竹」(てだけ)のページからのお話でした。(畑で野菜のツルなどを巻きつけたり、支えにして使うものです。)うっかり釣りざおを忘れた村田さん、万事休すと思われた時に「手竹」を見かけて、それで、釣ったそうです。でも、何度目かでポキンと折れてしまったよと笑ってらっしゃいました。そんな手竹から、子どもの頃を思い出した村田さんでした。
今日のテレフォンはスタジオでお話を伺いました。「雫石HANA会 んだんだ」の会長米澤広志さんとお仲間6人の若手花卉(かき)生産者の取り組みなどのお話、米澤さんの惚れ込んだ「ダリア」の魅力などを語っていただきました。ダリアの道へ進むきっかけになった「マルコムズ ホワイト」という白いダリアを一度見てみたいですね。
栃木県の「丹内蕎麦130」さんから久しぶりにお便りが届き嬉しかったです。巣立てなかった燕の雛を思う気持ちが伝わってきました。来年こそ、ですね。
山田町の「和治さん」のお写真ですが、「シロカモメの若鳥」だそうですよ。「若い個体はかなり白くなるので、気品さを感じるのも頷けます。」とは、北海道海鳥センターの斉藤宏冶さんのコメントでした。

スタッフ
あすのパートナーは、盛岡市鉈屋町の町家で暮らす吉田真理子さんです。町家暮らしののんびりとした話題などをお届けします。
みなさんからのおたよりお待ちしています。

6月21日(火)

パーソナリティーは松田美和子さん。パートナーは海釣り、川釣り、山菜・キノコ採り歴50年の釣り師・エッセイストの村田久さんです。皆さんからのおたより、お待ちしています!








6月20日(月) 「農家の妻の山ぐらし」

三上亜希子
こんばんは。農家の嫁(妻)の三上亜希子です。今日は沢山のおたよりをいただき、とてもうれしかったです。みなさんのエコな話、農作業の様子など楽しく拝読させていただきました。明日からまた頑張れます!
今日は地区民バレーボール大会のお話をしました。地域のイベントは大変なこともありますが、それぞれの地域らしい"何か"があり、それがかけがえのないものだなぁと思っています。話は下手ですが(残念!)。皆さんに何かが伝われば! と思っています。
放送では話せなかったのですが、釜津田のエコな蚊取り線香があります。先日のおたよりにのせたのですが、キノコを使った蚊よけです。実は名前がわからないので(釜津田では「カヤブシ」などと呼びます)、どなたかご存じの方がいたらぜひ教えてください!
次回はこちらのお盆の様子や鹿踊り(ししおどり)を紹介したいと思っています。
お盆明けになります。
みなさん、よい夏をお過ごしくださいね!夏野菜の出来具合などもぜひ教えてください!

田口友善
岩泉町釜津田地区は、「幸せの国」と言われているブータンと似ているような気がします。一度しか行ったことがないのに、どことなく懐かしい
。 今日の「地区民バレー大会」のお話も、面白かったですね!大会冒頭のあいさつが、「真剣なプレーを期待します」ではなく、「明日からわだかまりがないよう適度な感じで行きましょう!」ですって。
これって、地区住民のお人柄を実に表していると思いませんか?
そしてカゲロウのことを「アガリコサガリコ」と呼ぶことも、素敵ですよね。番組で時間がなく話せなかったのですが、このウスバカゲロウは幼虫の時は「アリジゴク(蟻地獄)」なんですって。知ってましたか?
亜希子さんの話から、様々なことを調べて楽しんでいる友善でした。

スタッフ
火曜日のパーソナリティーは松田美和子さん。パートナーは海釣り、川釣り、山菜・キノコ採り歴50年の釣り師・エッセイストの村田久さんです。皆さんからの山歩き里歩きのおたより、お待ちしています!

6月20日(月)

きょうのパーソナリティーは、田口友善さん。パートナーは、三上亜希子(みかみ・あきこ)さんです。
農村、山村の日常や、心温まる交流を伺っていきたいと思います。
今週のお便りテーマは『これもエコ?!』です。環境月間の6月。環境のためにしていることや、自分なりの努力、名・珍アイデアもお寄せください。
みなさんからのお便り、リクエストもお待ちしています。





6月17日(金)  「農家の妻の山ぐらし便り」

三上亜希子
こんにちは。農家の嫁(妻)の三上です。
先日(13日)岩手もとうとう梅雨入りしましたね。私の暮らす釜津田も昨日、今日と雨がシトシトと降っています。
けれどその直前までは連日の暑さ。雨も少なく、畑の水不足に困っていました。せっかく植えた家庭菜園の野菜類の成長もいまひとつだったり、ササギやマメの芽の出具合もあまりよくなかったり…。おかげで先月の放送以降、朝夕、地味〜に…もとい、コツコツと畑にジョウロで水やりをする毎日を過ごしていました。
近所の畑でも朝夕はそんな様子をよく見かけました。自分がすると「あぁ、面倒くさいなぁ!」と思うのですが、近所の人たちがする水やりは丁寧で実直な様子にみえ密かに憧れたりします。

牛たちもいなくなり農作業も一段落し、暮らしのペースは少しのんびりしてはいますが、今度はクマ避けやシカ除け対策を講じたり、夏にむけてせっせと夏野菜作りをしたり、そんな作物の育ちがいいだ悪いだとみんなでおしゃべりしたり、お盆の煮しめ用にこつこつ釣りをしたり、結局はなんだかにぎやかにしています。
みなさんのところはどうですか?
つづきは次回の放送で。おたよりや質問など楽しみにお待ちしています。









6月17日(金) 「音楽三昧」結婚にまつわる曲特集part2

【今日かけた曲♪】
 麻倉未稀『ヒーロー』
 ジプシー・キングス『ジョビ・ジョバ』
 吉田拓郎『結婚しようよ』
 松任谷由実『結婚式をブッ飛ばせ』
 小田晃生『ネムネムの国』
 田口友善『happy marriage』
 NSP『八十八夜』
 マイケル・ボルトン『フィールズ・オブ・ゴールド featuring エヴァ・キャシディ』

菅原直子
結婚にまつわる曲、とひと口に言っても…幸せなイメージの曲に負けないくらい? 切なさや哀しさがにじむ曲もたくさんあるんですよね。時代がいくら移り変わっても、結婚というのは、それだけ人生の一大事なのかな…なんてことを、柄にもなく思ってしまいました。たくさんのお便り・リクエストに感謝でございます!
さて、次回は「燃えるべ!プロ野球」特集ですよ。ごひいきのチームがあるかたもないかたも、ぜひリクエストやエピソードなどをお寄せください。お待ちしてまーす♪

田口友善
今日もバラエティに富んだラインアップでしたね。これがまじぇ5時です、という感じ。お便りの中にありましたが、30年以上も前の結婚の思い出ソングは流れると、強烈によみがえるようでしたね!
また、後半の3曲はたまたまでしたが、どれも「オラホの歌っこ」でした。
最後にかけたスティグの名曲『フィールズ・オブ・ゴールド』は素晴らしかった。他の歌手のバージョンを初めて聞きましたが、カバーされた歌で改めて感動することもあるものです。
さて、来週の特集ですが、阪神タイガースのファンとしては番組中に燃え上がらないよう、気持ちを静めて準備します(笑)。地元出身の選手へ応援するような歌もオーケイですので、リクエストを楽しみにしております。

スタッフ
来週月曜のパーソナリティーは、田口友善さん。
パートナーは、岩泉町の短角牛繁殖農家に都会から嫁入りした、三上亜希子さんです。農村、山村の日常や、心温まる交流を伺っていきたいと思います。
また、次週のお便りテーマは『これもエコ?!』です。環境月間の6月。環境のためにしていることや、自分なりの努力、名・珍アイデアもお寄せください。
みなさんからのお便り、リクエストもお待ちしています。

6月17日(金) 音楽三昧の金曜日

きょうは音楽三昧の金曜日。パーソナリティーはシンガーソングライターの田口友善さん。パートナーはフリーナレーターの菅原直子さんです。「結婚にまつわる曲」特集パート2をお送りします。
皆さんからのリクエスト、曲の思い出などおたよりお待ちしています。

ラジオ第1 ラジオ第2 FMラジオ
  
▲ ページの先頭へ