「まじぇ5時」は高校野球甲子園の中継のため、8月6日(月)〜8月17日(金)までお休みになります。次回の放送は20日(月)。
「まじぇ5時」通信は随時更新していきますのでご覧ください。

8/20〜8/24 パートナー

  • 月曜
  • 火曜
  • 水曜
  • 木曜
  • 金曜

8月17日(金) まつ便り「秋の気配」

松田美和子
局地的大雨で停電や土砂崩れがありましたが、皆さんの所は大丈夫でしたか?
あれほど高かった気温が大雨の後にはグンと下り、肌寒さを感じる程です。
雨上がりに散歩に出ました。道路沿いでこんな可愛い秋の妖精に出会いましたよ。
コナラのドングリ
小さなコナラのドングリの実が雨に濡れてツヤツヤしています。生命力に溢れた姿です。
トンボも雨が上がってホッとしているようですね。
トンボ
濡れた羽を乾かしているのでしょうか。今日は近づいても飛ぶ様子がありません。
野遊び教室の村田さんは「昆虫少年」だったそうです。「大人になっても虫を追いかけているから、ずっと山学校だ。」とおっしゃっていました。今も心は少年のまま。
私もトンボを追いかけた夏休みを思い出しました。今もオニヤンマは憧れです。
クヌギのドングリ
こちらは、クルクルカールのクヌギの実です。まん丸顔が愛らしいですね。
村田さんの「雨上がりの植物や昆虫は何かサッパリして生き生きしてる。そこが良いね〜。」の言葉通り、見ている私まで「サッパリ、生き生き」のおすそ分けにあずかりました。暑さも雨もほどほどが1番ですね。
休み明けの「野遊び教室」は、来週21日です。皆さんの夏の思い出などお寄せ下さいね!

まじぇ5時 クイズ
8月のラストなぞなぞ、すぐ解けましたか?
正解は、「梅干し」でした。
言葉だけで、酸っぱくなりますね。(笑)
「梅はその日の難逃れ」とも言いますので上手に取り入れて、季節の変わり目を元気に乗り切って下さいね。

皆さん、今月もまつ便りを読んで下さり、ありがとうございました。また、次回。

8月16日(木) まつ便り「よ市を歩けば」

松田美和子
本当に久しぶりに盛岡市の「よ市」を歩きました。以前は近隣の農家のおばあちゃん達が野菜や漬物、こびるの餅菓子などを売っているイメージでしたが、最近は若者がたくさん集うほど人気の市になっていると聞いていました。友人に誘われワクワクしながら出かけました。開催時間の前からたくさんの人、人、人。面白い物もたくさん並んでいます。
滝沢のスイカに蛇口
滝沢のスイカに蛇口が差し込まれていてそこからフレッシュジュースが出てきます。「時々、詰まってしまうんですよ。」とお店の方が笑いながら話していました。友人のおすすめの「緑のトマト」と「カレー」を探しながら、宮澤賢治のモニュメントが並ぶおよそ400メートルの通りを端から端まで歩きました。
緑のトマト
緑のトマトは試食も山盛りで味を確認してから買い求められます。甘くて皮も柔らかく、果肉に旨味もあり果物のようでした。

暑い日でしたので冷たい地ビールを片手に歩いている方が多かったです。通りの中程で、涼しげな一角を見つけました。
材木町の泉(井戸水)
「材木町の泉(井戸水)」と書いてありました。冷たい水が樽から溢れて、中には飲み物が冷やされています。紅白のねじり鉢巻が粋ですね。
県外からのお客様も多く、沿岸から出店している「カキ」や「ホタテ」が人気で、行列が出来ていました。
この盛岡市の「材木町よ市」は毎週土曜日11月下旬まで開かれる予定です。

まじぇ5時 クイズ
クイズ、まずは先週の答えです。
外の鯖→そとのさば→そばのさと
正解は、「そばの里」でした。
(この「そばの里まつり」は紫波町で今月25日(土曜日)に開催されます。県内でも有数のそばの産地の紫波町で、そばの花を見ながら、打ち立てのそばを楽しめるそうですよ。)
それでは、8月最後は「なぞなぞ」です。
☆「ホシはホシでも酸っぱいホシはなぁに?」☆
(ピンときましたか? そう、あれです。)
[ヒント]
(1)火曜パートナー村田さんの「熱中症予防ドリンク」です。水にこれを入れます。
(2)赤色が一般的
(3)見ているだけで唾液が出てきます。
答えは次回(^o^)/

8月10日(金) まつ便り「太陽の力」

松田美和子
真夏の太陽を見ていたら、昆布を干してみたくなりました。三陸産の生昆布。
テレビで、昆布を浜に長く広げて干している映像を見た事があります。簡単に干し昆布が出来るのか試してみました。
洪水のハザードマップ
30度近い日が続いた丸2日間でどんどん水分が抜けていきました。
近くを通るだけで潮の香りがしてきて、三陸の浜辺で泳いだ思い出が蘇りました。
そして、乾くとこんな模様が浮かんできました。
盛岡市防災マップ
真っ白な塩が面白い模様を作っています。
なかでも可愛い模様がこちら。

鳥のような、ペンギンのような模様ですね。太陽が創ったキャラクターです。
パリパリに乾いた昆布から、塩を丁寧に取り、瓶に詰めました。雪のような白さです。料理に使おうと思っています。

まじぇ5時 クイズ
前回の答えです。
「追加で」→「っいかで」→「でっかい」
正解は、おらが自慢の「でっかい」花火でした。
(一関市川崎町の東北有数の花火大会。大小およそ一万発の花火が楽しめます。クライマックスに上がる二尺玉は迫力! 8月16日開催)
第5問☆「外の鯖」☆
(全部平仮名にして並べ替えてみて下さいね。)
[ヒント]
(1)ザルや盛りがあります。
(2)一般的に花は白い
(3)ふる◯◯
「まつ便り」13日〜15日はお休みさせていただきます。残暑、お身体を大切になさって下さいね。
答えは来週16日。・*・:♪

8月9日(木) まつ便り「知る.備える」

松田美和子
台風13号の影響が心配です。 この台風が無事に去っても、まだまだ台風シーズンが続きます。 テレビ、ラジオで様々な情報が流れてきますが、まずは、「自分の住んでいる家や地域がどんな場所なのか、どんな危険があるのかを知る事」が大切です。 以前「まじぇ5時」で県の防災サポーターの方々に1年間定期的にお話しを伺ってきましたが、皆さんが共通しておっしゃっていた事です。 ご家庭にハザードマップを保存してらっしゃいますか? 洪水のハザードマップ
じっくりと見る機会が少ないハザードマップですが、お子さんが夏休みの間にご家族で見て確認し合っておくと良いですね。 つい先日、盛岡市では新しい「防災マップ」を各家庭に配布しました。64ページ程のものです。
盛岡市防災マップ
内容は、「備える.学ぶ,考える」の項目から始まり災害や防災についてしっかり学べ、各地域のハザードマップへと続いています。 その上、イラストや色分けで見やすく分かりやすくなっています。 マップの横には、すぐ見分けられるように洪水や土砂災害の基本情報が、各ページに印刷されています。

こういったハザードマップは各市町村でも作成され、配布されていると思いますので、ぜひ、ご覧になって下さい。 また、「NHKニュース防災」のアプリも無料でダウンロード出来ますので、最新の情報を確認なさるのに便利です。 「日頃からラジオを玄関に置き、避難する時はラジオを手に逃げます」とおっしゃっていた防災サポーターの方がいらっしゃいました。 災害は時も場所も選びません。平穏に暮らす為にも普段の防災が大切です。

まじぇ5時 クイズ
前回の答えです。
「王様は」→「おおさまは」→「おおはさま」
正解は「大迫」あんどんまつり でした。
(およそ200年の歴史を持つ大迫のお盆の伝統行事。武者絵や歌舞伎の題材の他、仏画が描かれ、4台の山車が練り歩きます。8月14日、16日開催。)
第4問☆「追加で」☆
(「つ」は小さい「っ」にして下さいね。)
[ヒント]
(1)「おらが自慢の◯◯◯◯花火」
(2)一関市川崎
(3)大きいの別の言い方
答え、明日。・*・:♪

8月8日(水) まつ便り「手間ひま」

松田美和子
手間ひまかけた手仕事品の温かみが好きです。
初めて「南部裂織り(なんぶさきおり)」に出会ったのは20年以上前、県北からお迎えしたゲストが紹介して下さいました。
木綿が貴重だった時代、古くなり傷んだ木綿を細く裂いて緯糸にして織ったものです。
厚くどっしりした布は丈夫で雪国の寒さからも守ってくれたそうです。
仕事に使って下さいとプレゼントされたペンケースを今も使っています。
ペンケースと札入れ
裂織りのベテランの方に弟子入りしたいと思った事があります。
当時80歳を超えてらした方で、「私が元気なうちにおいで。」と言っていただいたのですが、織り機が手に入らず諦めました。
そのおばあちゃんにいただいたのが、赤い札入れで、10年ものです。
裂織りは丈夫で、年数が経てば経つほど風合いが増し、手に馴染んでくるのが魅力です。
最近、3つ目になる裂織りを頂きました。明るい夏色です。

南部裂織り
ヒマワリのようなエネルギーに溢れた色合いが素敵ですね。裂織りは「色合わせ」でさまざまな表情を見せてくれます。
物を大切にする心が生み出した「南部裂織り」、出会った人の優しさも伝えてくれます。

まじぇ5時 クイズ
8月は、『文字並べ替えクイズ』です。
まずは、前回の答えから。
「海 僕らの知恵+ん」→「うみぼくらのちえん」→「みちのくうらぼんえ」
正解は「みちのく盂蘭盆会」まつりでした。
(奥州市江刺で毎年8月15、16日に行われています。このお祭りで披露される「百鹿大群舞」は踊り手総勢100名が一堂に介して踊るダイナミックなものです。)
第3問☆「王様は」☆
(平仮名に直して並べ替えて下さい。)
[ヒント]
(1)◯◯◯◯◯あんどんまつり
(2)神楽とワインの産地
(3)早池峰山
答えは明日(^o^)/

8月7日(火) まつ便り「見上げれば」

松田美和子
信号待ちで、ふと反対側の電線を見上げたら、電線に小鳥がたくさんとまっていました。渡り鳥でしょうか?どんなに目を凝らしても逆光で姿が見えません。残念。
電線に小鳥がたくさん
渡り鳥にはいろいろな種類があるようです。
以前「まじぇ5時カフェ」にご出演頂いた野鳥観察の森ネイチャーセンターの斉藤さんに伺ったお話しでは、
▼季節で渡りをする「夏鳥」や「冬鳥」、▼渡りの途中で日本に立ち寄る「旅鳥(たびどり)」、
▼季節で山や低地を行き来する「漂鳥(ひょうちょう)」、▼同じ地域に一年中いる「留鳥(りゅうちょう)」。そして▼「迷鳥(めいちょう)」です。ある種類がいつもの地域や、渡りのコースから大きく外れて日本に渡来するそうです。
悪天候などが原因と言われているそうですが、冒険を夢みる鳥かもしれないと考えると鳥の世界が身近に思えます。
岩手県では2015年のクリスマスイブに 「ノハラツグミ」が観測されています。

電線に並ぶ小鳥
電線に並ぶ小鳥を見ていると、五線譜のオタマジャクシのようです。どんなメロディが流れるのでしょうか♪

まじぇ5時 クイズ
まずは、前回の答えから。
「良い傘 仕舞い」→「よいかさしまい」→「かまいしよいさ」
正解は「釜石よいさ」でした。
第2問☆「海 僕らの知恵」+「ん」☆
いつものように、全部平仮名にして並べ替えてみて下さいね。
[ヒント]
(1)奥州市江刺のお祭り「 み◯◯くう◯◯◯え」まつり
(2)松尾芭蕉が旅したのは?
(3)お盆の仏教的な言い方
答えは明日(^o^)/

8月6日(月) まつ便り「夏花」

松田美和子
真夏に咲く花は少ないですね。そんな中、鮮やかな色で楽しませてくれるのが「ノウゼンカズラ」。南国を思わせるようなオレンジ色! 見たことはありませんが、赤や黄色、ピンク色もあるそうです。
ノウゼンカズラ
ノウゼンカズラは 形がトランペットに似ている事から「トランペット・フラワー」とも言われ、なんと平安時代にはもう日本にあったと言われているそうです。その蜜には蟻がたくさん集まっていましたよ。美味しいんですね。
ムクゲ
そして、ハイビスカスを思わせる「ムクゲ」。白っぽい涼やかな花を咲かせていました。
白の一重花に中心が赤い底紅(そこべに)は、茶人「千宗旦(せんのそうたん)」が好んだ事から「宗旦木槿(むくげ)」とも言われているそうです。
人も植物も暑さでくじけそうになっている時に、次々と花を咲かせ夏を彩ってくれる「夏花」。
短い岩手の夏を華やかにしてくれます。もう少し、このまま・・。

まじぇ5時 クイズ
文字並べ替えクイズ、今回は岩手の夏祭りを巡ります。挑戦してみて下さいね!
第1問☆「 良い傘 仕舞い」☆
いつものように、全部平仮名にして並べ替えてみて下さいね。
[ヒント]
(1)元木曜パートナー下村達志さんの地元
(2)震災後2年間の休止を経て今年30回目
(3)「サーサー、ヨイヤッサー」
答えは次回(^o^)/
NHKラジオ らじる☆らじる
  
▲ ページの先頭へ