9/30(金)は「ねぎらいの1曲」特集Part.2♪
懸命に頑張る人・頑張った人をリクエスト曲でねぎらいませんか?

新着情報

ラジオMAPへ
盛岡放送局トップへ

9/26〜9/30 パートナー

  • 月曜
  • 火曜
  • 水曜
  • 木曜
  • 金曜

9月29日(木) 世界中で日本酒で乾杯 久慈浩介です

久慈浩介
今日は久しぶりに出演させていただきました。聴いていただきありがとうございます。あっという間にいわて国体になります。台風10号で大変な被害を受けてまだ復興に向けて頑張っている方々も多い中、県民一丸となって国体の成功と震災・台風からの復興に進んでいければと思います。秋の味覚が最高に美味しい時期です。おいしい秋上がりの「ひやおろし」と秋の夜長を楽しんで下さい!

松田美和子
今日は、この放送の為に出先の東京から駆けつけて下さった久慈浩介さん。
台風10号の県内の酒蔵への被害などもお話いただきました。久慈の酒蔵は、なんとか浸水を免れたものの、小売店が大きな影響を受けた為、出荷が減ってしまったそうです。岩泉は一部酒蔵の壁が落ちたり停電、断水にあいましたが、浸水はなく龍泉洞の貯蔵庫にあった「日本酒」も無事で、今日、洞内から運び出す作業がおこなわれたそうです。地域に根差したお酒を出荷することで地域の復興に弾みがつくと良いですね。
そして、岩手県酒造組合で作成している外国人むけの英語の「岩手の日本酒と酒蔵パンフレット」は、外国人の視点を取り入れたもので、岩手に来る外国のお客様をお迎えすることになるそうです。どんなパンフレットなのか、興味がありますね。次回ご紹介します。
さて、いよいよ明後日からいわて国体が始まります。お近くの会場でぜひ応援しましょう!

ラジオネーム「丸いわさん」お便りをありがとうございました。
東京からのお便り、嬉しかったです。
いただいたお便りは放送の中で読ませていただきましたよ。
「まつ便り」を読んでくださったんですね。「シャボンソウ」は優しい色合いで私も大好きです。
この間、種をとりました。来年も楽しみです。サイカチ、ムクロジュ、自然は良いですね。
放送は届かないと思いますが、「丸いわさん」のお便りを楽しみにしています。

スタッフ
あすは、音楽三昧の金曜日。パーソナリティーはシンガーソングライターの田口友善さん。パートナーはフリーナレーターの菅原直子さんです。「ねぎらいの1曲」特集。皆さんのリクエストにお応えしていきます。

9月29日(木)

きょうのパートナーは、二戸市で日本酒の蔵元をしている久慈浩介さんです。 お便りお待ちしています。






9月28日(水) まじぇごじぇcafe

サイダーを飲みながらの気分で賢治が語らえた放送は最高!!久しぶりのサイダの味ばかりか、コップに浮上する気泡が賢治気分をしきりつのらせるので...。若き日のそんなどこかで誰かと語らったときのように。「吉見正信」

松田美和子
「雨ニモマケズ 風ニモマケズ ・・・」の朗読が心にしみました。宮沢賢治研究家、吉見正信さんの少し方言まじりのあったかい読み方が、賢治の思いを空気で伝えてくれます。今、大変な思いをなさっている皆さんに届いていますように。
宮沢賢治は、世の中の不幸、人々の悲しみに涙する「ティアフル アイ」(涙ぐむ目)という花壇も作っています。そんな賢治の作品や言葉は、苦しい時ほど伝わるんだよと吉見さんが話していらっしゃいました。
その、吉見さんの元気の秘訣は「前向きに全てを楽しみ、ストレスをためない事」のようです。「出たきり老人」とも呼ばれている吉見さん。米寿の今も腰痛を かかえながら、好奇心いっぱいに出歩いています。どうか、「大還暦」のお祝いができますように。

田口友善
88才の吉見さん、実にお元気でした。これからも賢治さんの研究を本にまとめるということです。私も年を重ねるにつけ、不安に思っている気持ちを吹っ飛ばしてくれそうな勇気をもらいました。頑張らねぇばねぇナッス!
東京で生まれ育った吉見さんが雨ニモマケズを朗読した際、随所に鼻濁音が入っていて、すっかり岩手人だと感じましたが、いかがでしたか?

スタッフ
あすのパートナーは、二戸市で日本酒の蔵元をしている久慈浩介さんです。 お便りお待ちしています。

9月28日(水) まじぇごじぇcafe

きょうは、9月最終水曜日、「まじぇごじぇcafe」。松田美和子さんと田口友善さんが、いま話を聞きたい方をお招きして、喫茶店のようにリラックスしながら、ゲストの本音に迫ります。きょうのゲストは、宮沢賢治研究家で文芸評論家の吉見正信さんです。

9月27日(火) ぶらり野遊び教室 村田久です

村田久
ザックを背負いカメラを構えて、田畑のまわりをうろうろしていたら、一軒の家からおばあさんが出てきて、呼びとめられた。
「あんた。こんな所で、なにしてんだ。」
僕を怪しい男と見たのか、少しこわい顔つきになっている。僕は帽子をとり、頭を下げて謝った。チョウなどの虫をカメラで撮り、それを写真にして、いろいろ調べるのだと説明した。
「ふーん、虫か?物好きなもんだな。」
と、おばあさんは、わかったような、わからないような表情をした。僕は引き返そうとしたら、急におばあさんが言った。
「虫といえばよ。家のレモンの木に、きれいなチョウが、よく飛んでくるよな。そんでもよ、気味悪い毛虫が木につくんで困ってんだ」「すみません。そのレモンの木、見せてください。」
僕は急きこんで言った。レモンの木に毛虫。思い当たることがあった。おばあさんが指差す庭の隅に、鉢植えのレモンの木があった。枝や葉を隅々まで調べたが、幼虫らしきものはいなかった。
「毛虫はよ、みな取ったから、いねぇべ。」
おばあさんは笑みを浮かべて言った。おそらく毛虫は、アゲハチョウの幼虫に違いない。
ふいと、細い枝の裏に、小さな丸いものがついているのが見えた。
これは、アゲハチョウの卵?僕は、おばあさんには黙って庭から出た。
あの卵、無事で、いればいいのだが。

松田美和子
久々のまじぇ5時でしたが、いかがでしたか?
今日はまず、気になる台風10号の被害が大きかった岩泉の安家地域と電話を繋ぎ、台風当日の様子や現状をお話しいただきました。安家漁業協同組合の組合長、大ア公さんのお話によりますと、30日の午後6時過ぎから水位があがり、8時には道路から1メートルも上昇していたそうです。水害の怖さを感じたそうです。このような水害は他人ごとではないですね。まだまだ、復興には時間がかかりそうです。
番組では、これからも被災された皆さんに寄りそって、情報をお届けしていきます。
村田さんに、野遊び教室で、リスナーの皆さんに、「元気」をお届けしようと、鐘を鳴らしていただきました。心のこもった鐘の音でしたね。
今日は国体の実行委員会事務局の石木田浩美さんに、開会式の見どころをご紹介していただきました。まもなく始まるいわて国体、みんなで盛り上げていきましょう!
今日も皆さんから、本当にたくさんのお便りをいただきました。そのどれもが、楽しく、面白くて、元気をいただきました。ありがとうございました。

スタッフ
あすは、9月最終水曜日、「まじぇごじぇcafe」。松田美和子さんと田口友善さんが、いま話を聞きたい方をお招きして、喫茶店のようにリラックスしながら、ゲストの本音に迫ります。あすのゲストは、宮沢賢治研究家で文芸評論家の吉見正信さんです。

9月27日(火)

パーソナリティーは松田美和子さん。パートナーは海釣り、川釣り、山菜・キノコ採り歴50年の釣り師・エッセイストの村田久さんです。皆さんからのおたより、お待ちしています!








9月26日(月) 「縄文ロマンの旅」

菅野紀子
今日はたくさんのおたよりをいただきまして、本当にありがとうございました!
みなさんの、まじぇ5時を待たれていた気持ちや、大切な情報を放送してほしい気持ちなどなど、まじぇ5時への想いをとても感じました。
季節は夏から秋へ。御所野縄文公園でも実りの秋を迎えています。
クリをはじめ、トチやクルミなど、縄文人のエネルギー源となった木の実が、公園でも実をつけています。
こうした自然のめぐみへの感謝や祈りなど、そういった人々の思いも込められた場所がストーンサークルだと思います。
秋の御所野縄文博物館では、縄文人の食づくりを体験できるイベントも予定しています。
●縄文食づくり体験
火おこしの体験、復元した縄文土器で煮炊きをして、食べてみる体験です。
10月16日(日)午前10時〜午後1時  ※参加費 親子1組1,000円

放送でもご紹介した縄文時代のアスファルト利用をテーマとしたシンポジウムを予定しています!
●シンポジウム「縄文時代のアスファルト利用」
北海道・東北6県・新潟県から見つかった関連する資料や精製実験から、縄文人のアスファルト利用の謎に迫ります!
10月29日(土)、30日(日)  ※参加費無料。先着150名。

いよいよ始まるいわて国体!御所野縄文博物館から期間中のお知らせです。
●10月1日(土)〜4日(火)まで、毎日開館しています!
入館料は無料です! この期間にぜひ博物館にお越しください!

今日、ご紹介した御所野遺跡のストーンサークル(配石遺構)もご覧いただけますので、ぜひ遺跡で「縄文人の思い」を体感していただきたいなと思います!

田口友善
2週間ぶりの番組と思えないくらいブランクを長く感じました。そんな中、お便りは再開を待ちわびた内容で、ありがたく感じました。
今回のテーマがストーンサークルで、これは遮光器土偶と並んで縄文時代の最大のミステリーです。近年の研究で石組みの下から墓とみられるものが発見されていますが、これほどの大きな円周を持つということは、単なる共同墓地だけではない何か祭儀のようなものが執り行われたのではないか、という菅野さんのお話に興味シンシンでした。
地域共同体の御先祖さん達の集合体が、地域の平和と安全を守ってくださるような祈願をサークルの中央部分で行っていたと考えたくなりました。そして不思議なのは遠くから大きな石をわざわざ運んで組石にしていることは、石の中にいわゆるパワースポットのなるような効果を縄文人は知っていたのかもしれませんね。
岩手県内の縄文遺跡にはこのストーンサークルが各地にありますので、ご関心のある方は体感してみて下さい!

スタッフ
火曜日のパーソナリティーは松田美和子さん。パートナーは海釣り、川釣り、山菜・キノコ採り歴50年の釣り師・エッセイストの村田久さんです。皆さんからの山歩き里歩きのおたより、お待ちしています!

9月26日(月) 動物公園通信

みなさまがホッコリ癒されますように!part2



盛岡市動物公園 森&山本

9月26日(月)

きょうのパーソナリティーは、田口友善さん。
パートナーは、一戸町にある御所野縄文博物館の学芸員・菅野紀子さんです。
みなさんからのお便り、リクエストもお待ちしています。

ラジオ第1 ラジオ第2 FMラジオ
  
▲ ページの先頭へ