NHK地域放送局のおすすめ番組を聞き逃し配信中!
「まじぇ5時」も聞くことができます。
↓ここをクリック!

12/12〜12/16 パートナー

  • 月曜
  • 火曜
  • 水曜
  • 木曜
  • 金曜

12月9日(金) 農家の妻の山だより

三上亜希子
こんにちは。農家の嫁(妻)の三上です。
師走に入り、冷え込みも冬らしくなってきましたがみなさんいかがお過ごしですか?
私が暮らす釜津田は日中あたたかな日もあるものの朝晩は氷点下二ケタになる日も出てきました。また、すでに何度か雪が降り、日陰や峠道には雪が残るようになりました。周辺の道路も冬恒例の"冬季通行止め"期間に入り、暮らしはだんだんと冬ごもりモードです。
そんな中、山の中の仕事は? 暮らしは? ―月曜日はそんなお話をしたいな、と思っています。おたよりや質問など楽しみにお待ちしています。

12月9日(金) 「音楽三昧」 サルものをトリもどせ!特集part1

【今日かけた曲♪】
 アリス『冬の稲妻』
 Teddy Pendergrass『DO ME』
 クリスタルキング『愛をとりもどせ!!』
 シャ乱Q『シングルベッド』
 初音ミク『リボンの騎士』(冨田勲「イーハトーブ交響曲」より)
 宇佐元恭一『そこにあるradio』
 スガシカオ『師走』
 ビヨルン&ベニー『She's My Kind Of Girl/木枯らしの少女』

菅原直子
ひゃー、お便りをたくさんいただいてご紹介しきれませんどうしよう!? という気持ちで過ごした1時間でした。
リスナーの皆さん、本当にありがとうございます♪ おかけできなかったリクエスト曲も、次回16日にかかるかもしれませんよ。「サルものをトリもどす」勢いで、ぜひ楽しみにお待ちくださいね。もちろん、新たなお便り・リクエストも大歓迎です。今年はアーティストの訃報も多かったので…まだまだ聴きたい曲があることでしょう。メールでもFAXでも…年賀状をお書きになるついでに、お葉書などもいかがですか?

田口友善
リクエストの常連の方に交じって、初めての方が毎回1人2人頂くようになり、うれしい限りです。番組で紹介されると「やったぁ!」とつい声を出したくなるのではないでしょうか? 今回は花巻市の「ねこ丸」さんと「石鳥谷のイングヴェイ」さん、これからもどんどん下さいね!
時間が許す限りお便りを受けてコメントを直子さんと掛け合いしておりますが、楽しんでいただけているでしょうか・・・。
特に、奥州市のラジオネーム「えさしひろせがわ」さんの様に、方言で頂けますと、友善はついつい乗ってしまいます(笑)。
金曜まじぇ5時は来週が今年最後です。お便りもお待ちしております。

スタッフ
来週月曜のパーソナリティーは田口友善さん。
パートナーは、岩泉町の短角牛繁殖農家に都会から嫁入りした、三上亜希子さんです。
この季節ならではの話題をお話しいただきます。メッセージお待ちしています。

来週のお便りテーマは、「教えて!あなたの年賀状」です。
あなたは何枚出しますか? どんな年賀状を作りますか? 教えてください。

12月9日(金) 音楽三昧の金曜日

きょうは音楽三昧の金曜日。パーソナリティーはシンガーソングライターの田口友善さん。パートナーはフリーナレーターの菅原直子さんです。「サルものをトリもどせ!」特集。引退したアーティストや解散したバンド、グループなどの「もう1度聴きたい曲」をお寄せください。

12月8日(木) 希望の汽笛 ゆめ列車、三陸発未来行き 草野悟です

草野悟
まもなく師走、「師走は忙しい〜♪」と歌が頭の中に流れてきます。新幹線以上のスピードで年が過ぎて行くのは年齢でしょうか。こんなことを書いているうちにきっと年末。でもリスナーの皆さんは、一日一日を大事に生きていらっしゃると思います。私の大事な趣味は「料理」ですが、実は仕事の内、なのです。沿岸の食材を沢山使うことで三陸の素晴らしさを実感し、多くの人に伝えることができます。単に「うまいもの」だけを食べているわけではありません。本当です。でも時々おすそわけでアワビやらウニやらイクラなどを頂いたりしますので、やっぱり贅沢かもしれません。すみません。
今日もどんどん気温が下がってきています。車の運転、要注意ですね。皆様元気で新しい年をお迎えください。来年も素晴らしい年になりますように。

松田美和子
宮古から凍結のおそれがある道路を来て下さった草野さん、笑顔がキラリでした。(笑)
いつもながらの軽快なテンポで「佐羽根駅の木彫りの動物駅員」や、「駅―1グルメ」第10号の話題をお話しいただきました。三陸は今年、鮭、イカ漁が不振だった事もあり、「アワビ」に期待が集まっています。海水温が高い為、早採りワカメが出回るのも年明けの1月中旬になりそうだという事です。草野さんは「クリスマス釣り〜」で、80センチのヒラメと、年越し用のナメタガレイを狙っているようですよ。
そして、「三陸グルメクッキング」(仮題)では、「カレイのから揚げ」、「ナメタの煮つけ」、「ミズダコのカルパッチョ銀杏あえ」、「ちゃんこ鍋」の作り方をご紹介いただきました。 三陸の幸、どれも美味しそうでしたね。本当に料理上手な方です。
週末情報の「鳥撮り とりおの写真展」は、生き生きとした野鳥の姿にこだわった写真がたくさん展示されているそうです。無料で、網張ビジターセンターで今月28日まで開催されています。「桜の花びらの中の緑色のメジロ」、「新緑の中の青い鳥、オオルリ」、「冬の降りしきる雪の中のベニマシコ」などの写真は、電話で伺っただけで情景が目に浮かんできました。
今日も、楽しいお便りをありがとうございました。

スタッフ
あすは音楽三昧の金曜日。パーソナリティーはシンガーソングライターの田口友善さん。パートナーはフリーナレーターの菅原直子さんです。「サルものをトリもどせ!」特集。引退したアーティストや解散したバンド、グループなどの「もう1度聴きたい曲」をお寄せください。

12月8日(木)

きょうのパートナーは、『三陸鉄道を勝手に応援する会』会長の草野悟さんです。
皆さんからのお便りお待ちしています。






12月7日(水) 盛岡町家ストーリー 

吉田真理子
いよいよ師走。年を重ねて来ると、1年があっという間に過ぎて行くように感じます。
ちっちゃなクリスマス展に来てくださった方、情報誌の私の記事を見てくださった方、いつもお便りくださる方、本当に沢山の方に支えられている事を実感します。
ありがとうございます。よいお年をお迎えください。

松田美和子
久しぶりの「真理子のラジオ手芸」、今日は来年の干支「酉(とり)」の作り方を教えていただきました。簡単でとっても可愛いです。布を変えると「クリスマスの飾り」、「お正月の玄関飾り」のどちらにも合います。私もお正月用に「和」の雰囲気で作ってみようと思っています。
1月の「まつ便り」で、ご紹介できると良いのですが。大丈夫かな?(笑)
今週のお便りテーマの「今年中にやり遂げたい事」の目標が出来ました。
それにしても、真理子さんの自宅の「土蔵の屋根のフチ」が壊れて落ちたのにはびっくりしましたが、100年以上前の蔵は大切に直され、次世代に繋がっていくのでしょうね。
皆さんの楽しいお便り、ありがとうございました。

スタッフ
あすのパートナーは、『三陸鉄道を勝手に応援する会』会長の草野悟さんです。
皆さんからのお便りお待ちしています。

12月7日(水) 盛岡町家ストーリー

きょうのパートナーは、盛岡市鉈屋町の町家で暮らす吉田真理子さんです。
みなさんからのお便りお待ちしています。

きょうは、『真理子のラジオ手芸』のコーナーがあります。
来年の干支の作り方を紹介します。


【材料】
・鳥の体になる部分の生地(端切れや古いハンカチなど)
・化繊わた
・ペレットや小豆など(重しとして使用)
・フェルトや厚手の丈夫な生地(くちばしとトサカ部分)



12月6日(火) ぶらり野遊び教室 村田久です

村田久
今の時期、ちょっと町はずれを歩くと、家のまわりや田畑のそばなどに、渋柿が鈴生りなのを見かける。それが、いつも気になってしまう。子どもの頃、友達の家には2本の柿の木があり、秋になると家族総出で、柿をもぎ軒下にぶら下げるのを見て、とてもうらやましく思ったものだ。僕の家の庭は猫の額ほどで、柿の木を植える広さはなかった。昔は、すだれのように吊るされている干柿の光景は珍しくなかった。今は熟して柿の実が落ちるのにまかせている家が多くなった。たまに、干柿を吊るしている家を見つけると、なんとなくほっとする。

松田美和子
山田湾で「イセエビ」が見つかり、今、「鯨と海の科学館」で飼育されています。6〜7センチほどの大きさですが、脱皮をしているそうですので、どんどん大きく育ちそうです。その写真を館長の湊さんが送ってくださいました。小さいけれど、立派なイセエビでした。湊さんからは「元気を届けに、山田のきてくれたのではと思って、大切に育てます。」というコメントも届きました。見守っていきたいです。
今日の野遊びは、大船渡市盛地域の「盛木町市」と、「小枝柿」、「杉玉」などの話題についてお話いただきました。その中で、杉の葉が防虫、防腐の効果があるので、鷹や鷲が巣作りに使っているそうです。雛を虫から守るための知恵ですね。なぜ、わかるのでしょうか? 自然の神秘です。
まじぇごじぇテレフォンは西和賀町の「蓄音機の家」のオーナー佐藤さんにお話を伺いました。佐藤さんは、現在87歳、「まだまだ、原音を追及していきたい!」とおっしゃっていました。深い森の中で聴く音楽は、どんな音なんでしょうか。佐藤さんの元気の素になっているようです。
皆さん、今日も沢山のおたよりを、ありがとうございました。

スタッフ
あすのパートナーは、盛岡市鉈屋町の町家で暮らす吉田真理子さんです。みなさんからのお便りお待ちしています。

12月6日(火)

パーソナリティーは松田美和子さん。パートナーは海釣り、川釣り、山菜・キノコ採り歴50年の釣り師・エッセイストの村田久さんです。皆さんからのおたより、お待ちしています!






12月5日(月) 史湖のまじぇごじぇリポート

味園史湖
今日は、70周年を迎えた社会人ジャズビッグバンド、「花巻リズムヤンガー」の話題をお伝えしました。練習の取材に伺ったときの、ライブスタジオのリハーサルの厚みのある音! 圧倒されました。こんな音色に毎週包まれているメンバーの皆さん、なんて幸せなんだろう…! そんなことを思ってしまいました。
70周年の記念コンサート当日は、お客さんも大勢いらして大盛り上がり。OBが150人以上いるというだけあって、いろんな方々が聴きにいらしていました。
戦後すぐに出来た音楽仲間たちのつながりが今に続いている。すごいですね。このあと、80周年、90周年、100周年と、ずっと続いて行くんでしょうね。
方言ソングは「線路は続くよどこまでも」、歌ったのは小学生以来のような気がします(笑)
そして方言クイズには沢山の回答をいただきました。聴いて下さった皆様、ありがとうございました♪

田口友善
「花巻リズムヤンガー」70周年おめでとうございます! 一つのバンドを長く続けることはとても大変ですが、それが出来ていることはすごい。日本中探しても、なかなかないのでは? メンバーが19人もいると、いろいろと調整すること自体が難しい。でも、そこは彼らが長いことやる中で、決まりごとを見つけたのでしょう。サウンドを聞いていても実に年季あるノリを感じます。不思議なことは20代から70歳までの方が、同時に演奏すること。それぞれの年代が持っているリズム感が違うものですから、それを乗り越える練習があったのでしょう。いつか機会をみて観に行きたいです。
方言三択クイズ「車がねごまる」。多くの正解ありがとうございました。方言の本を幾つか持っているのですが、見かけない。けど、これほどの正解あることは、花巻の一部だけでなくて使われているのでしょうね。皆さんも、車をねごまらせないように、お気を付け下さい!

スタッフ
火曜日のパーソナリティーは松田美和子さん。パートナーは海釣り、川釣り、山菜・キノコ採り歴50年の釣り師・エッセイストの村田久さんです。皆さんからの山歩き里歩きのおたより、お待ちしています!

12月5日(月)

きょうのパーソナリティーは、田口友善さん。
パートナーは、まじぇごじぇリポーターの味園史湖さんです。
今年で結成70周年を迎えたアマチュアジャズバンド、『花巻リズムヤンガー』についてのリポートです。みなさんの思い出やメッセージなどお待ちしています。

今週のお便りテーマは、『今年のうちにこれはやり遂げたい!』です。
今年も残り1カ月を切りました。やり残したことはありませんか?

きょうは「岩手の方言で遊ぼう」のコーナーです♪
【方言3択クイズ】
花巻の一部の地域で使われている状況を表す言葉、『車がねごまる』。
次の3つのうちどれ? @車のガソリンが切れた A車が壊れた B車が雪にハマった
答えは、きょうの放送の中で発表します。










12月2日(金) 「音楽三昧」まじぇごじぇリクエスト

【今日かけた曲♪】
 竹内まりや『今夜はHearty Party』
 スターダスト・レビュー『夢伝説』
 エイミー・ワインハウス『リハブ』
 デヴィッド・フォスター『After the love has gone』
 宇佐元恭一『雨ニモマケズ』
 仲宗根美樹『川は流れる』
 ちあきなおみ『矢切の渡し』
 吉田拓郎『今日までそして明日から』

菅原直子
お久しぶりの金曜まじぇ5時…もう師走となってしまいました。特にテーマは決めずに「まじぇごじぇリクエスト」としたのですが、文字通りバラエティ豊かな1時間でしたね。リスナーAさんのリクエスト曲がかかると、リスナーBさんからリアクションのメールやファックスが入る、という素敵なやり取りもあって、すっかりうれしくなりました♪ 皆さん、どうもありがとうございました。
さて、次回9日の特集テーマは「サルものをトリもどせ!」ですよ。引退したり、亡くなってしまったりしたアーティストや解散したバンドなど…申年から酉年に向けて、「去ってしまったけれど、今ぜひ聴きたい曲」のリクエストはありませんか?お便りをお待ちしています!!

田口友善
12月に入り何かとあわただしくなってきました。その中でクリスマスパーティを連想させる軽快な曲でスタートが切れ、直子さんとのトークも軽やかでした。リクエスト下さった「なつみかん」さん、ありがとう!
3曲目の晴耕雨楽さんのリクエスト、エイミーの「リハブ」。お便りに、ドキュメント映画を観て彼女の人生を知り、ますますファンになったことに同感です。そして、類い稀なる歌手を失ったことにも同感。この先、また紹介したい歌手です。
さて、来週のテーマですが、直子さんがリクエストのヒントを書かれているほかに、青春時代に熱中していたけど長い年月が経って、またやってみたいことや新たにやりたいことに関した歌もオーケイ。お待ちしています。

スタッフ
来週月曜のパーソナリティーは田口友善さん。
パートナーは、まじぇごじぇリポーターの味園史湖さんです。
今年で結成70周年を迎えたアマチュアジャズバンド、『花巻リズムヤンガー』についてのリポートです。みなさんの思い出やメッセージなどお待ちしています。
次回のお便りテーマは、『今年のうちにこれはやり遂げたい!』です。
今年も残り1カ月を切りました。やり残したことはありませんか?
今年中にやり遂げたいことを教えてください。みなさんからのメッセージお待ちしています。

12月2日(金) 音楽三昧の金曜日

きょうは音楽三昧の金曜日。パーソナリティーはシンガーソングライターの田口友善さん。パートナーはフリーナレーターの菅原直子さんです。「まじぇごじぇリクエスト」。特にテーマを設けずに、みなさんからのリクエストにお応えしていきます。

12月1日(木) 月に1度のまじぇ5時川柳

熊谷岳朗
今回は「東京」という題でお寄せいただきましたが、選に苦労いたしました。
と申しますのは、「東京」は固有名詞ですので東京とわかる表現でなければなりません。「都会」という言葉を使った句もありました。それらは、いい句ばかりでしたが、都会となると、どこの都市でもよくなります。ですから迷ったのです(1、2句いただきましたが)。まあ、題には忠実にというところですが、あまり固く考えないでください。
普通の名詞、例えば「色」とかであれば赤でも青でも勝手にイメージして表現できます。付かず離れずなのです。
ちょっとこだわり過ぎたかもしれません。どうかお許しください。ありがとうございました。

松田美和子
今月のお題は「東京」でしたが、いかがでしたか?
全体を通して、「おのぼりさん」や「金の卵」など、懐かしさを感じる句が多かったように思います。
同想句になりやすいお題ながら、紫波町の敦子さんの「矢印」という表現には驚きました。
ときめき賞のラジオネーム・琴姉さんの句は、可愛くてあたたかさを感じましたし、宮古市の隆夫さんの句は「心の糧」という表現が沁みました。「川柳教室」は、自由吟や雑詠でないかぎりは、「お題」をしっかり入れるのが大切との事です。ただ、「東京」という事がすぐわかる句であれば、そのままの言葉が入らなくても大丈夫だそうです。
今月の私の句は、「東京の 従兄が運ぶ 街の風」でした。
川柳は、紙1枚、鉛筆1本があればできますので、皆さん、ぜひ挑戦してみて下さいね。

スタッフ
松田さんがつくった句を題材に、川柳のコツをお伝えするコーナー「まじぇ5時川柳教室」を行っています。皆さんからの川柳のつくり方の疑問・質問にもお答えしていきます。どうぞお寄せください。
次回の川柳は来年1月5日(木)に放送。お題は「見上げる」
その次は2月2日(木)「ぼやき川柳」。日常の不満を明るく詠んでください。
皆さんから「お題」の募集もいたします。アイデアがありましたら、番組あてにお送りください。
投句・おたより・リクエスト・お題のアイデアをお待ちしています!
※今月の大賞作品は川柳のページをご覧ください。

あすは音楽三昧の金曜日。パーソナリティーはシンガーソングライターの田口友善さん。パートナーはフリーナレーターの菅原直子さんです。「まじぇごじぇリクエスト」。特にテーマを設けずに、みなさんからのリクエストにお応えしていきます。

12月1日(木)

きょうは、熊谷岳朗さんの川柳。12月のお題は『東京』
投句は生放送の中で午後5時30分まで受け付けています。
皆さんのすてきな川柳をお待ちしています。

11月30日(水) まじぇごじぇcafe

山本玲子
今日はあっという間に一時間が経ちました。とっても楽しく過ごさせていただきました。
夢にでて来た啄木…何を言おうとしたのかしらん? また夢に見たいな。
そうしたら皆さまにご報告したいと思います。

松田美和子
盛岡局で啄木生誕110年を記念して、平日に放送していた「啄木歌ごよみ」の制作をご一緒して以来、再び、今度は啄木生誕130年でご一緒できるとは、ご縁を感じます。その歌ごよみを朗読していた当時のアナウンサーも転勤で、今、盛岡局です。同窓会のようになりました。(笑)
ハイカラ啄木、社会派啄木、最後まで夢の暮らしに思いを馳せた啄木など、様々な顔をご紹介いただきました。皆さんの心に残ったのは、どんなお話でしたか? 私は「悲喜哀楽」の言葉が印象に残りました。「怒」はないんですよね。啄木の生き方が伝わってきそうです。
放送中、お電話をいただきました。「錦木塚」の場所を教えて下さるものでした。お名前をおっしゃらなかったようですが、本当にありがとうございます。嬉しかったです。

田口友善
玲子さんとは20年以上前から時折お会いしてきましたが、こうして番組で気づくことは、ゆったりとしているだけでなく目を合わせながら自然体で話されている。そのことがリスナーさんにも伝わっていくのでしょう。
「もりおか啄木賢治青春館」にも、県外から特に60〜70代の啄木ファンが多く訪れその人気のほどが分かります。しかし、それより若い方々は比較的関心が少なく、そうした方々に向けた啄木ソムリエとしての玲子さんの新たなご活躍を期待しています。

スタッフ
あすは、熊谷岳朗さんの川柳。12月のお題は『東京』
投句は生放送の中で午後5時30分まで受け付けています。
皆さんのすてきな川柳をお待ちしています。

11月30日(水) まじぇごじぇcafe

きょうは11月最終水曜日、「まじぇごじぇcafe」。松田美和子さんと田口友善さんが、いま話を聞きたい方をお招きして、喫茶店のようにリラックスしながら、ゲストの本音に迫ります。ゲストは、石川啄木の魅力と感動を伝える"啄木ソムリエ"の山本玲子さんです。

11月29日(火) ぶらり野遊び教室 村田久です

村田久
強風が吹き荒れた2日後、栗駒山地の里山に向かった。あの風で、柴栗の実が、たくさん落ちたに違いない。栗の木がある雑木林に分け入った。
読みが当たった。あちこちに、ぽろぽろと柴栗の実が転がっていた。欲張らないで、ほどほどに拾い集めた。あとは、リスのために残して置くのだ。
道に出ようと、杉林を横切った。林の中は、ふかふかして、まるでじゅうたんの上を歩いているようだ。林の下は枯れ落ちた杉の葉で、敷き詰められていた。「あー、もったいない」思わず、声がもれた。思い出したのだ。中学時代の冬、教室の暖房は薪ストーブだった。ストーブの焚つけは、枯れた杉っ葉で、冬が近くなると杉っ葉を炭俵に詰めて、生徒それぞれが学校に持っていくのが行事みたいになっていた。杉の葉を拾い集めるのは、親と一緒にやった。教室に薪ストーブが燃やされると、生徒らは持参の弁当箱を、ストーブのまわりに並べるのである。昼には温かなご飯を食べられる。それが、うれしかった。

松田美和子
カラ〜ン、カラ〜ン! 久しぶりの「野遊び教室」のスタートです。
今日は落ち葉を踏みしめながらの里山歩きのお話でした。出会ったのは、「マタタビの実」、「ヤブツバキの実」、「サイカチの実」、「オニグルミ」、「ヒメコクルミ」です。一番印象的だったのは、ヒメコクルミの、濃厚で香り豊かな味です。本番前に、硬くてなかなか割れず、小さなかけらをいただきましたが、美味でした。山の味は豊かですね。 そして、通常の4〜5倍はありそうな「むかご」には、ビックリしました。「むかごごはん」、「むかごの素焼き」がおすすめです。お米に少しもち米を混ぜると、よりおいしくなりますよ。
今日のテレフォンは岩泉町と電話を結びました。台風10号の豪雨災害からあすで3か月、これまでの復興状況や、避難所の皆さんの様子をうかがいました。岩泉では、暖房器具と防寒着は足りているそうですが、「冬物の下着」や、「インナーウェア」、「靴下」などが不足しているそうです。特に女性用は枚数も必要だと思いますので、たくさん集まると良いですね。そして、冬場はこもりがちになりますので、おしゃべりをしたり、手を動かしたりして元気で冬を過ごしていただきたいと思います。
これからも、岩泉の様子を定期的にお伝えしていく予定です。

スタッフ
あすは11月最終水曜日、「まじぇごじぇcafe」。松田美和子さんと田口友善さんが、いま話を聞きたい方をお招きして、喫茶店のようにリラックスしながら、ゲストの本音に迫ります。ゲストは、石川啄木の魅力と感動を伝える"啄木ソムリエ"の山本玲子さんです。

11月29日(火)

パーソナリティーは松田美和子さん。パートナーは海釣り、川釣り、山菜・キノコ採り歴50年の釣り師・エッセイストの村田久さんです。皆さんからのおたより、お待ちしています!




11月28日(月) 「ジャズに浸る夕べ」

<今日かけたジャズ>
 オスカー・ピーターソン『Let It Snow』
 VINCE GUARALDI TRIO『LINUS AND LUCY』
 ミシェル・ペトルチアーニ『CHRISTMAS DREAMS』
 バド・パウエル『Dear Old Stockholm』
 Makiko Suzuki『Fly with the wind』
 Makiko Suzuki『My Dear』
<BGM>
 VINCE GUARALDI TRIO『CHRISTMAS TIME IS HERE』(instrumental)
 バド・パウエル『HOW HIGH THE MOON』
 オスカー・ピーターソン『Winter Wonderland』

鈴木牧子
今日のテーマは「一足早いクリスマス」。懐かしいスヌーピーの曲が実は一番のお気に入りなんです。
それと、自分のアルバムの曲を紹介することができて、心から感謝です! ありがとうございました!
今回も生放送の難しさを痛感しましたm(_ _)m
ジャズは難しいものではありません。生活に馴染のある所から、一人でも多くの方がジャズファンになってくださることを祈っております。
次回は冬にピッタリな曲を特集します。それと、私のアルバムからまた何曲かお送りいたします。

田口友善
クリスマスにジャズというテーマでお送りしましたが、その中でフランスのピアニスト「ミシェル・ベトルチアーニ」の演奏、とても気に入りました。今まではほとんど知っているプレイヤーでしたが、牧子さんが紹介するなかでこのような楽しみができてうれしいです。次回はどんな知らない方が現われるのか? 期待しています。
番組中にオスカー・ピーターソンを話題にしましたが、調べたら2007年に82歳で亡くなられたそうです。数々の名盤を残してこの世を去った彼の演奏を、また機会をみて紹介したいです。
ところで、金曜日の音楽特集にリクエストをお待ちしています。どうしても大相撲明けは少ないので、よろしくお願いします。

スタッフ
火曜日のパーソナリティーは松田美和子さん。パートナーは海釣り、川釣り、山菜・キノコ採り歴50年の釣り師・エッセイストの村田久さんです。皆さんからの山歩き里歩きのおたより、お待ちしています!

11月28日(月)

きょうのパーソナリティーは、田口友善さん。パートナーは、ジャズピアニストの鈴木牧子さんです。
きょうは『一足早いクリスマス』というテーマで、クリスマスにお勧めのジャズをご紹介します。
みなさんのクリスマスの思い出など、メッセージお待ちしています。

今週のお便りテーマは、『私はこれで風邪予防!』です。
みなさんは風邪をひかないようにどんな対策をしていますか?あなたの知恵を教えてください。

ラジオ第1 ラジオ第2 FMラジオ
  
▲ ページの先頭へ