ラジオMAPへ
盛岡放送局トップへ

11月7日(水) 動物公園とゆかいな仲間たち聴き逃し配信中!

辻本恒徳
今日のクイズの鳥、チョウゲンボウを皆さんがご存知だった(?) こと、正解のお答えを頂けたこと、嬉しい限りでした。動物の名前は、聞き慣れないものもあります。それらを放送の中でお話して、動物たちに親しみをもって頂くようにしたいと思います。そして、哺乳類の冬眠、これも知っているようで知らない、とても不思議なものです。このように動物の持っている不思議な力は、我々の想像をはるかに超えるもので、知れば知るほど驚かされます。この不思議な動物の世界をご紹介することで、皆さんが動物たちに興味をもって頂くようになれば、楽しい世界が待っています。これからも、動物たちの不思議をお話していきます。

森敦子
今日も楽しい1時間でした!チョウゲンボウは難しかったですよね。いかに鳴き声クイズを作るのに苦戦しているかが見え隠れしたかと思います。実際に朝晩は挨拶してくれるのでタイミングがよければ聞けると思います! なにより顔がかわいいので見に来てくださいね。
そしてイベントのお知らせです。12月2日の日曜日は毎年恒例「ちょっと早いクリスマス」無料開園で様々なプレゼントをご用意して皆様をお待ちしております。特によくしゃべるサンタさんに会うには動物公園がピッタリかと思います。カップル限定のエミューの羽根のストラップはたぶん強力なお守りになりますので、ぜひもらいに来てくださいね! 30組限定です!
それまでの間の11月にも様々なイベントをご用意しております。自然観察は動物公園ならではですが、サンショウウオを見に行ったり、森の野ネズミを見に行ったり、ぜひホームページをチェックして参加してくださいね。
そうそう、「最近、ラジオ聞いています!」と言ってもらえる率が高くなってきました。「面白いのよ〜」と言ってもらえるととってもうれしいので(褒められると伸びる子です)ぜひ話しかけてください!

竹花秀樹
3回目にしてやっと少しだけ周りが見られるようになった竹花です。東北3園のアフリカゾウの繁殖プロジェクトは絶対に成功させたいと考えています。陸上最大のこの素晴らしいアフリカゾウを次世代の子供たちが見ることが出来るよう全力を尽くしますので、東北3園の応援をよろしくお願いします。
今日はカラオケでいつも熱唱している、「あとひとつ」を流して頂きありがとうございました。この歌のような情熱を持って動物公園で働いていますので、ぜひ皆さん遊びに来てください。

松田美和子
「動物公園とゆかいな仲間たち」、今日はゾウの「マオ」は落ち葉が好きで良くたべているという驚きの情報から始まりました。ハラハラと散る落ち葉とゾウの光景はメルヘンのようですね。
注目の「カワウソゥ選挙」の結果は「5位!」カエデちゃん、おめでとうございます! 今回は岩手、宮城、秋田で上位3〜5位を占めました。快挙ですね。私の中では地元の「カエデ」が一番可愛いと思っています。来年も応援しましょう!
さて、今日は「アフリカゾウの繁殖プロジェクト」のお話を竹花さんに伺いました。日本ではアフリカゾウの繁殖は難しく減少の一途をたどっているそうです。そこで、秋田大森山のメスゾウ「はな子」と、宮城八木山の「リリー」がペアの環境を変えるために交換されました。大型の輸送箱に、クレーン車など大掛かりな作業だったそうです。私たちは動物園に「ゾウ」がいることを、あたりまえのように感じていますが、実はゾウの 子孫を守るために動物園が協力しあい大変な努力をしているのですね。
辻本園長の「園長コラム」、「動物の冬眠」のお話を伺いながら、寒さに弱い私は「冬ごもり」という言葉を何だか心地よく聞きました。これから雪の季節です。森のクマやアナグマたちはそれぞれの穴の中で冬ごもりし、暖かい春を待ちます。冬ごもりの前にドングリをお腹いっぱい食べられますように。
今日の「鳴き声クイズ」のヒントに四苦八苦でした。2度目のヒントで森さんが「チョウゲンボウというお坊さんが・・・」と言ったときは思わず「答えですから〜」と心の中で叫びました。(笑)楽しかったです。
皆さんからお答えが寄せられてホッとしましたよ。お便りもありがとうございました。

スタッフ
あすのパートナーは、岩手県総括コーディネーターで「三陸鉄道を勝手に応援する会」会長の草野悟さん。三陸の復興の様子や旬の食べもの等をご紹介いただきます。
あすの放送は、岩手県の皆さんに向けてのみならず、関東地方など各地の皆さんに向けての放送となります。三陸や三陸鉄道の思い出・エピソードなど皆さんからのおたよりお待ちしています。

11月7日(水) 動物公園とゆかいな仲間たち

きょうのパートナーは、盛岡市動物公園の飼育係、森敦子さんと竹花秀樹さん。動物公園での仕事やウラ話などをお話しいただきます。また、園長の辻本恒徳さんが、獣医師としての知識を交えて話すコーナーもあります。動物についての質問やペット自慢など、おたよりお待ちしています。


11月6日(火) ぶらり野遊び教室 村田久です 聴き逃し配信中!

村田久
子どもの頃は「ツクバネ(衝羽根)」という名は知らなかった。羽子板で衝(つ)く羽根にそっくりなので、ただ羽根と呼んでいた。秋になり、葉が枯れ落ちても、羽根は枝にぶら下がっていた。棒切れで叩いて飛ばしたり、放り投げたりして遊ぶことがあったが、羽根はすぐにばらばらになって壊れてしまう。だから遊び道具としては、余り役に立たなかったようだ。
最近、ツクバネを見たくて探したが、なかなか見つからない。友人にたずねていたら、見つかったと連絡が入った。ツクバネは、道端の杉林の中にあった。やっと、会うことができた。ツクバネの根の一部は、他の植物の根に寄生するという。果実には4枚の葉(苞〈ほう〉)がつき、別名をハゴノキとも呼ぶ。果実は塩漬けにして、料理の飾りに使うという。なぜ羽子板遊びの羽根の形になったのだろう。不思議でならない。

松田美和子
秋は県内各地で産業まつりや農業祭が行われます。今日はその中の一つ、「第69回一関地方産業まつり農業祭」をご紹介いただきました。沿岸からの出店もあり「ほやめし」や、「焼きほたて」も味わったそうです。豊富な秋の味覚が並ぶなか気になったのが「ハヤトウリ」、初めて聞く名前でした。この野菜は、外国から薩摩に入ってきたため「薩摩隼人」から「ハヤトウリ」の名がついたのではと言われているそうです。
村田さんの奥様の手作り「ハヤトウリ漬け」を試食させていただきました。とても美味しかったです! 「パリッ、シャキッ」とした歯ざわりと、噛むほど広がる甘味、程よい塩味の浅漬けです。産直や道の駅を訪れる楽しみがまた一つ増えました。
今日はスタジオで村田さんがお持ち下さった「ツクバネ」を上に放り上げてみました。見事にクルクルと回り、コロンと床に着地します。その姿も可愛いですよ。思わず童心に帰りました。
今週の学級日誌はラジオネーム「楽農家 克紀ちゃん」の「野生動物(ノウサギ、キツネ、タヌキ)が冬毛になった様子や、10匹の猫のひなたぼっこ、丸まるとしたイノシシの登場など」晩秋の牧場の様子が生き生きと綴られたお便りをご紹介しました。皆さんからの楽しいお便りにあっという間の1時間でした。感謝!
最後に、大槌町の「まじぇ5時公開収録」にいらっしゃる皆さんは、どうぞ気を付けていらしてくださいね。

スタッフ
あすのパートナーは、盛岡市動物公園の飼育係、森敦子さんと竹花秀樹さん。動物公園での仕事やウラ話などをお話しいただきます。また、園長の辻本恒徳さんが、獣医師としての知識を交えて話すコーナーもあります。動物についての質問やペット自慢など、おたよりお待ちしています。

11月6日(火)

きょうのパーソナリティーは松田美和子さん。パートナーは海釣り、川釣り、山菜・キノコ採り歴50年の釣り師・エッセイストの村田久さんです。皆さんからの山歩き里歩きのおたより、お待ちしています!








11月5日(月) 農家の妻の山ぐらし

三上亜希子
こんばんは、先週から続いてお邪魔しました。今週は本業の牛の話をさせていただきましたが、もう少し具体的なエピソードをご紹介できたらよかったかな、と思っています。またの機会に短角牛のことや私のまわりの素敵な生産者の方たちをご紹介したいです。
後半は音楽遊びがありました。友善さんの素敵な音楽の横でお遊戯会のようになってしまいましたが、とても楽しかったです。リクエストもたくさんいただきありがとうございました。晩秋真っ盛りの岩手であと少し紅葉を楽しみたいな、と思っています。

田口友善
亜希子さんのお話で、近所の若い農家さんの取り組みを聞いていると「時代だなあ〜」と思うことが2つありました。ひとつは夫婦の役割分担で、もうひとつはネットを使って農家さん同士で勉強しあっていること。
前者は旦那さんが牛の共進会の表舞台にお嫁さんを登場させるなど、細やかな気遣いをされてることなど、実に微笑ましいです。
また、11月1日今シーズンの狩猟初日に亜希子さんが早速しとめたこと、もっと聞きたかたっけど、次回にしますね。

スタッフ
火曜日のパーソナリティーは松田美和子さん。パートナーは海釣り、川釣り、山菜・キノコ採り歴50年の釣り師・エッセイストの村田久さんです。皆さんからの山歩き里歩きのおたより、お待ちしています!

11月5日(月)

きょうのパーソナリティは田口友善さん。
パートナーは、岩泉町の短角牛繁殖農家に都会から嫁いだ三上亜希子(みかみ・あきこ)さん。


11月2日(金) 音楽三昧「秋」特集 Part.2

【きょうかけた曲】
 1.ザ・タイガース『モナリザの微笑み』
 2.南こうせつ(かぐや姫)『ひとりきり』
 へっちょこ
  5.オリジナルサウンドトラック「大江戸捜査網」テーマソング&東京佼成ウインドオーケストラ『インヴィクタ序曲』
 6.崎谷健次郎『もう一度夜を止めて』
 7.レキシ『最後の将軍』
 8.原大輔『秋冬』
次回は…「2曲かけます!カヴァー曲」特集です!

菅原直子
今回は地震速報のため、17:20からのオンエアとなりました。いつもより曲数も少ない中「直子のへっちょこmusic」をお届けするのはちょっぴり心苦しかったのですが…ありがたいことに番組中に反響メール&FAX.をいただき、とってもうれしかったです(わーいわーい)。
さて!! 次回9日は「2曲かけます! カヴァー曲」特集ですよ。「Aさんの歌う曲と、バンドBの演奏する曲」というように、2曲続けておかけしようと思いますので、どうぞ「2アーティスト」のリクエストをお寄せください。お待ちしてまーす♪

田口友善
今回の特集テーマにリクエスト曲が多くて、多くの方々ごめんなさい! 前回の特集にはそれほどでもなく、通常リクエストもおかけしたのですが、テーマを考えるときいろいろと悩みます。ただ、もちろん通常リクエストも、これからもかけますので、よろしくお願いします。
そんなことで次回は「2曲かけます!カヴァー曲」特集。この番組ならではの2曲がけを楽しんでいただきたい。この頃カバーアルバムが邦楽のみならず洋楽でもあります。元の歌を落差のある歌い方でとか、アレンジを加えてとか、どんなリクエストが来るか今から楽しみです。

スタッフ
来週月曜のパーソナリティーは、田口友善さん。
パートナーは、岩泉町の短角牛繁殖農家に都会から嫁いだ三上亜希子(みかみ・あきこ)さん。

来週のお便りテーマは、『七五三』
七五三のお祝いの仕方や過ごし方、可愛いお孫さんのためにこんなことをなど、七五三に関する思い出やエピソードなどをお寄せください。

11月2日(金) 懐かしの音楽三昧

きょうは音楽三昧の金曜日。パーソナリティーはシンガーソングライターの田口友善さん。
パートナーはフリーナレーターの菅原直子さんです。『秋』特集part2
皆さんのリクエストにお応えします。

11月1日(木) 月に1度のまじぇ5時川柳

熊谷岳朗
年を取ったせいか、中々素直に染まらなくなりましたが、皆様のホットな句は、私の心に染み込んでゆきました。今月もたくさんの投句をありがとうございました。
 さて、大賞となった小成恭子さんの句「梅干しのくれない亡母の思慕の海」に表現の巧みさを思いました。染まるという言葉を入れずに、亡母を思う時、自分もくれない色に染まってしまい、やがては母に包まれてゆくのです。リズムもよかったと思います。

そのほか心惹かれた句
「再起して本音の色に染まります」    紫波町・稲藤一男さん
「ぐうたら弛さはすぐに身に馴染む」   兵庫県・(ラジオネーム)さくら草さん
「一日のワタシ染め上げ茜空」      紫波町・柳澤君子さん

松田美和子
11月のお題「染まる」にたくさんご投句いただきありがとうございました。みなさんの句でご夫婦の仲の良さが伝わってく川柳が多かったです。読ませて頂きながら温かい気持ちになりました。
岳郎さんが「それが家庭円満のコツなんだな。」とおっしゃっていました。納得です。
「あなた色に染まる」の他、「髪の毛を染める」、「山が染まる」なども多かったです。
ときめき賞の「RNこと姉さん」の「家計簿の 裏まで染める 赤い色」は、今冬の灯油や野菜の価格の高さを反映した一句でした。世相を盛り込んだ句は新鮮ですね。
<川柳教室の私の句>
「曼殊沙華 炎(ひ)の色染めて 着てみたし」
岳郎さんのお話「川柳は自分の心を通すのが大切、心象風景を詠んでみましょう。」
皆さんも一緒に川柳に挑戦してみませんか!

スタッフ
松田さんが作った句を題材に、川柳のコツをお伝えするコーナー「まじぇ5時川柳教室」を行っています。皆さんからの川柳の作り方の疑問・質問にもお答えしていきます。どうぞお寄せください。
次回の川柳は来月の第1木曜日。12月7日(木)「方言川柳」。方言の意味も添えてお寄せください。
その次は、来年1月10日(木)。第2木曜日です。お題は「白」です。
皆さんから「お題」の募集もいたします。アイデアがありましたら、番組あてにお送りください。
投句・おたより・リクエスト・お題のアイデアをお待ちしています!
※今月の大賞作品は川柳のページをご覧ください。

あすは音楽三昧の金曜日。パーソナリティーはシンガーソングライターの田口友善さん。
パートナーはフリーナレーターの菅原直子さんです。『秋』特集part2
皆さんのリクエストにお応えします。

11月1日(木) まじぇ5時川柳

きょうは、月に1度のまじぇ5時川柳。パートナーは岩手県川柳連盟理事長の熊谷岳朗さんです。お題は「染まる」。投句はあすの午後5時半まで。皆さんからの川柳お待ちしています。

NHKラジオ らじる☆らじる
  
▲ ページの先頭へ