バックナンバー
ラジオMAPへ
盛岡放送局トップへ

3月31日(木) 山田のみなとから、ボン・ボワヤージュ!

湊敏
2か月ぶりのスタジオで、盛岡に向かう景色も冬から春に大変身しており季節の移り変わりを肌で感じるこの頃ですね。
今年度も今日で終了、明日から4月1日で新年度が始まります。
今年度は、全てが初めての経験でスタッフの皆様には大変お世話になりました。新年度は、今年度の反省も踏まえ、新鮮な楽しい話題を提供するとともに、古い引き出しの中から、人生のエピソードなどもお話できればと思っています。
皆様には新年度も引き続き宜しくお願いいたします。

松田美和子
ボッ〜という汽笛と、潮風と共にご登場の湊さん。今日は山田町の「カキ」の話題をお話いただきました。
山田湾は「おわん」の形で、波静か、そこに、織笠川、関口川、豊間根川が注ぎ、山々の豊かな栄養を運びます。豊富なプランクトンで成長した生食用殻付き「一粒かき」は、関東市場で高い評価を受けています。
カロリーも意外に少なく、5個で卵1個分だそうです。4月29日(金)には「三陸山田かきまつり」が行われますので、ぜひ、お出掛けください。
「大きな鯨の豆知識」は、リスナーさんの質問にお答えいただきました。その中で印象に残ったのは、「クジラはカバの遠縁にあたる」という事です。そして、クジラの種類は全86種類。たくさんあるんですね!
リスナーさんの質問を通して学ばせていただきました。
そして、「まじぇごじぇトーク」では、秋田県、長木小学校と鯨館の交流を紹介し、今回送ってくださった、卒業制作の絵本を6年生の川田さんのお便りと共に読ませていただきました。湊館長と一緒の絵本紹介は、楽しかったです。制作した子供達の優しさを感じる内容でした。これからも、こういった交流が長く続く事を願っています。

スタッフ
あすは音楽三昧の金曜日。パーソナリティーはシンガーソングライターの田口友善さん。パートナーはフリーナレーターの菅原直子さんです。「まじぇごじぇリクエスト」。みなさんからのリクエストにお応えしていきます。

3月31日(木) 動物公園通信!【速報】

みなさま昨日の放送は楽しんで頂けましたか?
放送の中ではなく、終わってからのブログで、
  「本日360人入園すると動物公園の年間入園者数が
          平成21年以来の18万人なので遊びに来てね〜〜〜」
とお知らせとお願いをしたところ・・・・・・・
本日午前中に年間入園者数18万人突破!!しました〜〜〜〜〜。

ひとえにリスナーの皆様のおかげでございます。いやあうれしいなあ。
本当にうれしいなあ。昨日の宿題で出されていた鳴き声クイズの不正解の落ち込みはもう忘れましたよ!!!

というわけで、大勢のみなさまにご来園頂いて動物たちもとても楽しそうです。
担当として最後にツキノワグマの消防ホース入りおやつをあげました。
冬眠していたから忘れているかも〜〜〜と思ったけれどちゃんと上手に食べてましたよ。お客様にも喜んでいただきました。
そうそうアイドルのアルパカちゃんだけでなく、ラマのオスも最近仲間入りしました。子供動物園でウシと一緒にいますよ〜〜。


昨年は「眠りの盛岡」という名前まで全国を駆け巡りました。
コールダック・ポニーのももちゃん・アカカンガルーなどなどたくさんの寝姿を皆様にお届けして癒されていただきました。
今年も愛される動物公園として皆様をお待ちしております。
明日からはピューマとオオツノヒツジ担当の森敦子
そして、フェネックギツネ、ハイラックス、リクガメの担当の山本祐子がお届けしました〜〜〜〜。


3月31日(木)

きょうのパートナーは、山田町の「鯨と海の科学館」館長・湊敏さんです。これからがぐっとおいしくなる、山田湾のカキのはなしをします。皆さんからのおたよりお待ちしています。



3月30日(水) 動物公園とゆかいな仲間たち

森敦子
だんだん暖かくなってきましたね〜〜〜。でもまだ薄い作業着になれない冷え性持ちの私です。今日のまじぇ5時いかがでしたか?? 楽しい1時間でしたね。鳴き声クイズの難しさを痛感しました。ヒントって大事ですね・・・。みなさんは全員正解。100点でしたね! お便りありがとうございました!!! 正解プレゼント、実は毎回違いますのでどしどし応募してくださいね。一人にしか当たらないレアものですよ! 次回のヒントは「王様の耳は…の耳」です。
さて、動物公園はアイドルをめざしているアルパカちゃんもお目見えし、ニホンザルの出産もありました。動物たちの出産のおしらせが出来る時期になってきました。生まれてすぐの赤ちゃんはどの動物もかわいいので、是非見に来てくださいね。ニホンザルの赤ちゃんはお母さんの毛よりも薄くって灰色に近いです。お母さんに抱かれていますが、じーっと見ていると顔を見るチャンスもあると思いますので、ぜひぜひ探してみてください。そして、赤ちゃんを大事にしているお母さんの姿も必見です。とってもほんわかしますので、是非癒されにきてくださいね。
それからツキノワグマのお話も少ししましたが、岩手県はツキノワグマが暮らしている自然豊かな土地であることは、住んでいる皆さんご存じのことと思います。いかにツキノワグマと共存するか、これは難しく重いテーマではありますが、とても大事なことなので、身近にツキノワグマが暮らしているんだ。どうすればいいかな? 何が出来るかな?? と思いをはせてみてください。それだけでも、すごく大事なことなんですよ!
そして、4月からは担当動物が変わって、日本産からはなれて、子ども動物園の近くのピューマやオオツノヒツジになります。盛岡市はカナダのビクトリア市と姉妹都市なので、ビクトリアのあるカナダの動物達が飼育展示されているのです。オオツノヒツジは盛岡市動物公園と横浜の金沢動物園でしか飼育されていないし、同じエリアに入るカナダカワウソも、盛岡市動物公園と釧路市動物園でしか飼育されていないというマニアックな動物です。ね!見に来たくなったでしょ〜〜〜〜。これからは動物園によい季節!是非遊びに来てくださいね。次回は4月20日、またおもしろい話をできるようにネタ集めしておきます!

追伸!3/31に360人入園すれば、平成21年以来の入園者数18万人突破になります!!!! ぜひみなさん、天気もいいようですし、春休みですし、ぜひぜひ遊びに来てくださいね〜〜〜〜〜〜〜。

山本祐子
今日も楽しい時間でした。たくさんのメッセージありがとうございました。でも…いまだに鳴き声クイズ5問中2問も間違えたことの衝撃が抜けない私です。リスナーの皆さんに鳴き声クイズを出しているのに、いざ自分が答えたら間違っているなんて…。鳴き声クイズ100点満点のリスナーの皆さんに拍手です。パチパチパチ! そして私たちは鳴き声クイズのヒントを考えると同時に、動物の鳴き声に敏感になりたいと思います。
そして、私も4月から担当動物が変わります。3年間担当したアメリカバイソン・アカカンガルー・エミュー・オグロプレーリードッグから変わって、ゾウ舎にいるフェネックギツネ・ケープハイラックス・ケヅメリクガメ・ヒョウモンガメの担当になります。やっぱり担当変えはドキドキします。担当経験のない動物については、1年生の気持ちです。4月から1年生で頑張ります!
これからの動物園は日ごとに緑が濃くなっていき、園内の散策や動物の観察にはお勧めの季節です。ぜひ遊びに来て下さいね!4月からも楽しいイベントをたくさん準備してお待ちしておりま〜す。(プレーリードッグの子供たちの運動場デビューも楽しみにしていてくださいね〜。)
森さんも紹介していましたが、今年度最後の開園日である、3月31日の来園者が約360人以上であれば、平成21年以来の入園者数18万人突破!それはそれは、私たちにとってうれしい驚きです。31日は、日中ポカポカ陽気のようですよ! 是非いろいろな動物の鳴き声を聞きに動物公園に遊びに来てくださいね!(まだ…鳴き声クイズを引きずっています…。) 次回もまた楽しみにしています!! よろしくお願いします!!

松田美和子
「動物公園とゆかいな仲間たち」♪のテーマ曲を聞くと、動物達と一緒にいるような気持ちになります。そのテーマ曲に、なんの動物の声が入っているかというクイズに挑戦した お二人でしたが、正直、とても、とても、難しかったと思います。3問正解はお見事です。私は「ライオン」と「ウマ」しか解りませんでしたが、皆さんはいかがでしたか? 鳴き声クイズは、それを聞いて様々な動物を想像するところが良いなぁと思っています。それが、動物を見たり触れたりする「きっかけ」になってくれるとうれしいです。
テレフォンは「宮古ハーバーラジオ」の赤沼隆広さんに4月3日に寄港する大型客船「ぱしふぃっくびいなす」のお話を伺いました。当日の午前8時から午後5時まで藤原埠頭で見ることができるそうです。恒例「宮古弁クイズ」第3回の問題は「たごまる」でした。赤沼さん曰く、「上着の下で肌着などが丸まってダマ状になること」をいうそうです。そういう人を見かけたら「たごまってるよ」と声をかけてましょう!(笑) ちなみに、私が一番好きな宮古弁は「たますぽおろぎ」です。
今回の鳴き声クイズの、森ヒントは「王様の耳は・・」、山本ヒントは「ブレーメンの音楽隊の一番下」でした。私のおまけヒントは「二文字」です。難問ですが、挑戦してみてくださいね! 次回は新年度、4月20日の予定です。

スタッフ
あすのパートナーは、山田町の「鯨と海の科学館」館長・湊敏さんです。これからがぐっとおいしくなる、山田湾のカキのはなしをします。皆さんからのおたよりお待ちしています。

3月30日(水) 動物公園とゆかいな仲間たち

きょうのパーソナリティは松田美和子さん。パートナーは、盛岡市動物公園の飼育係、森敦子さんと山本祐子さんです。動物公園での仕事やウラ話などをお話しいただきます。皆さんからの、生き物に関する質問やペット自慢などおたよりお待ちしています。

3月29日(火) ぶらり野遊び教室 村田久です

村田久
3月も末。たまに寒さはぶり返すが、日増しに暖かくなっているのを肌で感じる。
陽射しのぬくもりを、待っていたかのように、あちらこちらでバッケが顔を出しはじめた。2、3日、ぽかぽかした天気が続いた。もしかして、この陽気に魚たちも川虫をあさっているのではないか。
そんな思惑で、川へと足を向けた。しばらくサオを振っていたが、期待とは裏腹に、ぴくりとも魚の反応はなかった。
おや?川岸のネコヤナギに目がいった。
なんか、銀色のネコヤナギが、赤っぽく見えたのだ。
近づいて、よく見ると花なのか胞子なのかわからないが、ネコヤナギが化粧したみたいだ。
でも、きれいだなぁ。それで記念撮影となった。

松田美和子
花咲き、小鳥がさえずり、魚が「ライズ」する春です。「野遊び」本番の季節になってきました。
皆さんのお便りからも喜びが伝わってきます。村田さんの宮古での海釣りの釣果は、「70センチのタラ」「ソイ」など、素晴らしいものでした。とてもおいしかったようですよ。
今日、印象に残ったのは「無駄なく動く」という言葉でした。海に釣りに行っても、合間に川釣りを入れる村田さんならではですね。見習いたいです。 そして、今日は、オールリクエスト曲で、村田さんと「懐かしいねぇ」と言いながら聞きました。私は、特に「ビター・スィート・サンバ」には、格別な思いがあります。(笑)
テレフォンは「道の駅・雫石あねっこ」の滝澤裕行さんに、「わさびの茎」と、それを使ったグルメをご紹介していただきました。「わさび丼」、試してみたいです。キャンプ場も、まもなくオープンして桜も楽しめるそうですよ。
次回は新年度です。「野遊び」、ご一緒しましょうね!!

スタッフ
あすのパーソナリティは松田美和子さん。パートナーは、盛岡市動物公園の飼育係、森敦子さんと山本祐子さんです。動物公園での仕事やウラ話などをお話しいただきます。皆さんからの、生き物に関する質問やペット自慢などおたよりお待ちしています。

3月29日(火)

きょうから放送再開です。
きょうのパーソナリティーは、松田美和子さん。パートナーは、野遊び教室の村田久さんです。
皆さんからのお便りお待ちしています。

3月25日(金) まつ便り「釜石パープル」

松田美和子
甲子園に、釜石高校の白と紫のユニフォ−ムが映えました。
1回戦で、小豆島高校に勝ち、
今日の2回戦で滋賀学園に敗退したものの、
本当に、良く頑張ったと思います。

5回裏の、1点に彼らの意地を感じました。
震災から5年、様々な環境を乗り越えながら野球を続けてきた高校生の皆さん、
それを、支えてきた家族や先生達、地域の方々。
甲子園に立っていた、彼らの後ろには、たくさんの皆さんの思いがあったはずです。
テレビを通して応援していた岩手の皆さんはきっと、拍手を送っていたと思います。

「夏の大会に戻って来てください」という
アナウンサーの言葉がありました。
釜石高校の野球部の皆さん、ゆっくり休んだら、「次へのスタート」を。
釜石パープル、忘れません。
夏の大会も楽しみにしています。
お疲れさまでした。そして、ありがとうございました。

☆ 「まじぇ5時なぞなぞ・三月場所」 ☆
8回目は、「あるモノは、旅に持っていくととても便利で、緊急時は、伸ばすと食べ物になるそうです。それは、なあに?」でした。
すぐ解りましたね。答えは「地図」でした。伸ばすと「チーズ」になりますね。

なぞなぞは今回で千秋楽ですが、成績はいかがでしたか?
来週から、いよいよ「まじぇ5時」が始まります。
リスナーの皆さんと、ラジオを通してお会い出来るのが今から楽しみです。どんな2週間でしたか?
お便りもお待ちしていますね。

♪「瑠菜と莉菜のばぁば」さん、水仙が咲いたんですね。

 きのうは盛岡でも雪でしたよ。寒の戻りですね。
 体調管理、皆で気をつけましょう。「は〜るよ、こい♪」

3月25日(金) 動物公園通信!

動物公園  森敦子&山本祐子
みなさま こんにちは。盛岡市動物公園の森と山本です!
2月の出演依頼しばらくぶりでしたね。
でもでも来週の水曜日3月30日は動物公園とゆかいな仲間達! です。
冬通信として何回かブログを更新してきましたが、もう春だし開園したしなのでタイトル変えました!
今後は動物公園通信にしようと思います。

さて、春季開園は3月13日でした。
その数日間はびっくりするほど暖かく、大勢のお客様に来て頂きました。
開園と共にお披露目になった動物公園のアイドルを目指している?! アルパカも公開になりました。
出演前日の3月29日まで愛称を募集していますので、
是非是非、可愛い名前考えて応募してみてください。

次回の出演時には、いろいろ話したいことがたくさんあります。
岩手県がツキノワグマの注意報を発令しました。
この機会にツキノワグマの生態についてお話しようかと思っています。
あとは、前回の出演後、二人で行ってきた仙台うみの杜水族館のお話や、
それぞれが訪れた他の動物園や水族館のお話もできたらなあと思っています。

今から出演が楽しみです!
そうそう、鳴き声クイズの正解者のプレゼントもばっちり作りましたので、楽しみにしてくださいね。
それではみなさま!次回の出演までメールお便りお待ちしております!

3月24日(木) まつ便り「やっと、ご対面!」

松田美和子
村田さん、奥州のマリンさん、「バッケ、見つけましたよ!」
ようやく、ご対面です。若草色が目にしみます。(笑)
奥州のマリンさんから届く「バッケ便り」、
村田さんの「バッケみそ」「バッケの天ぷら」「おみそ汁」などに、
心をときめかせていましたが、一向に出会えずにいました。
今日、今年初のバッケを見つけて、うれしくて、うれしくて。
小さいのが2個出ていましたが、すぐには摘めませんでした。
やっと、顔を出したんですよね。
もう少し待ってから、「バッケみそ」を作りたいと思います。
春の苦みは、身体を元気にしてくれそうですね。
「フキノトウ」の諸説ある花言葉の一つに「真実は一つ」というのがありますが、「?」です。
どんな言われがあるんでしょうね。
ちなみに、「ラジオ深夜便」では、「待望」です。
まさに、私にとって待望の「バッケ」でした。

☆ 「まじぇ5時なぞなぞ・三月場所」 ☆
7回目の取り組みは、「いつも少しだけ笑っているお店って、なあに?」でした。
ヒントの「少しだけ笑う」は「クスリと笑う」で答えは「薬屋さん」でした。 勝ち越していますか?
8回目は、こちら!
  「あるモノは、旅に持っていくととても便利で、
   緊急時は、伸ばすと食べ物になるそうです。それは、なあに?」

ヒントは「紙の物は、広げて使いますが、最近はスマートフォンかな?」
私は、勘で歩き、人に聞くタイプです。  答えは、次回(^-^)/

3月23日(水) まつ便り「蕾もふくらんで」

松田美和子
ようやく、水仙の花の蕾がふっくらしてきました。
春の陽射しと、冷たい風に、咲こうか咲くまいか悩んでる様子。
暖かい風が吹きはじめたら、一気に花開きそうです。
水仙の葉が、空に向かって、手を伸ばしているように見えませんか?
鮮やかな黄色の「ラッパスイセン」も好きですが、小さな数輪の花をつける「ニホンズイセン」の香りも魅力的。「クチベニズイセン」は紅い縁取りのお洒落さん、スイセンの中で、唯一、赤の色を持つと言われています。
NHKで放送している「猫のしっぽ カエルの手」(Eテレ・毎週日曜午後6時〜)という、京都在住の、イギリス女性のライフスタイルを紹介する番組があります。
その中で、花が咲き終わった後、光合成の為に残す葉を、
お互いに結び合わせると邪魔にならないと教わりました。
毎年、実践しています。
皆さんの周りの水仙は咲きそうですか?

☆ 「まじぇ5時なぞなぞ・三月場所」 ☆
6回目の取り組みは、「これは、何のレシピ?2回たたいて、後は、見つめるだけ。」でしたね。
たたくの表現の一つ「バン」が2回で、バンバン。ジ−と見つめるで、答えは「バンバンジー」でした。
こんなふうに簡単にお料理が出来ると楽ですね。(笑)
まじぇ5時の水曜パートナー「食の匠」邊見むつ子さんの、次回のご登場は、4月13日の予定です。
お楽しみに!
7回目の取り組みは、
  「いつも少しだけ笑っているお店って、なあに?」
ヒントは、「少しだけ笑うって、どんな笑い方?」  答えは、次回(^-^)/

♪ 瑠菜と莉菜のばあばさん、お答えのお便りを、いつもありがとうございます。
  とっても、楽しく拝見させて頂いてます。「昔乙女旅」は、素敵ですね。
  卓球サークルも頑張っていらっしゃるんですね。運動不足の私、見習いたいです。

3月22日(火) まつ便り「3秒?5秒?」

松田美和子
初対面の印象は、諸説ありますが、3秒、5秒、15秒など、最初の数秒で決まると言われています。
旅先で出会った人々の印象が、その旅を2倍にも3倍にも楽しいものにしてくれる事も。
お土産に、シーサーをいただきました。友人は、旅先で素敵な人々に出会ったようです。
「顔を見合わせた瞬間の笑顔が、今もパッと浮かんでくるのよ」と笑いながら話していました。
その、お土産のシーサーを見ると、私はその友人の笑顔を思い出し、笑顔になります。
笑顔は続く?(笑)

☆ 「まじぇ5時なぞなぞ・三月場所」 ☆
5回目の取り組みは、「猫が大好きな家具で、子供が座れない家具はなあに?」でしたね。
子供が、座れないという事は、立っています。
子が立つで、答えは、コタツでした。
私は、コタツが、大好きなので、なるべく、入らない努力をしています。
6回目の取り組みは、こちら。
  「これは、何のレシピ?2回たたいて、後は、見つめるだけ。」
ヒント 「主な材料は、とり胸肉です。ゴマダレが、一般的ですよ。」  答えは、明日(^-^)

3月18日(金) まつ便り「あぁ〜、冬も終わり」

松田美和子
周りの雪が消えて、日も長くなり、日差しも明るくなって、
鳥のさえずりなど、音まで春を告げているようです。
フワフワと、一人浮かれて散歩をしていたら、片隅に冬が静かに小さくなっていました。
雪のかたまり。
手に取ったら、春の陽ざしで雫となって滴りおちて。
「あぁ〜、冬も終わったなぁ」と、肌で感じます。
雪が解けた水の滴りは、光の粒のようでした。
冬に、少し後ろ髪を引かれながら、春へと踏み出す、
そんな季節なんですね。
ご近所のおじちゃん曰く、「なあに、4月でもゆぎ降る!」
あっ、そうだった。

☆ 「まじぇ5時なぞなぞ・三月場所」 ☆
4回目の取り組みは、「人生で最も大事な時期は、いつ頃?」でしたね。
解りましたか?
ヒント、「大事」と同じ意味は、「重大」という事で、
おまけのヒント「美しい○代」♪で、ピンと来ましたね。
正解は「十代」でした。皆さんの十代、キラキラでしたか?
5回目の取り組みです。
  「猫が大好きな家具で、子供が座れない家具はなあに?」
ヒントは、「私は、これに入ると動けなくなります。(笑)」   答えは、明日(^-^)/

3月18日(金) 村田久の伝言板

村田久
宮古湾での船釣りの帰り道、一休みしようと、道の駅「やまびこ館」に立ち寄った。
ここの道の駅は、盛岡と宮古間を行き来する人々にとって、一息つける場所として人気が高いようだ。
この日は日曜日のせいもあり、駐車場は車でいっぱいだった。
館内をうろうろしていたら、ふと目についた物があった。それは高さ10センチほどの松ぼっくりみたいな形のロウソクだ。ミツバチはハチミツをためる巣室が満杯になると、蜜ロウでふたをして保存する。ヨーロッパでは、蜜ロウからロウソクをつくり、夜の灯火(ともしび)やクリスマス用として使っていたという。部屋の電灯を消し、真っ暗にして、蜜ロウのロウソクに火をつけた。淡い小さな炎が、ぼぉーと灯った。なんか、ほっとするやわらかな色の光だ。この夜、僕はミツバチからのおくりもの、蜜ロウのロウソクの明かりで珈琲(コーヒー)を飲んだ。

3月17日(木) まつ便り「もぐらんカメ吉じゃない、かめ吉」

松田美和子
久慈市の水族館「もぐらんぴあ」で人気者だったカメ吉。
津波被害を生き延びたことで、多くの方に知られていますね。

我が家にも11年いる「かめ吉」がいます。
大きさは、20センチ弱の偏食亀です。
亀のエサは、食べなくなりました。

困ったカメですが、「かめ吉」と呼ぶと寄ってくる、人懐っこいカメです。
ご多聞に漏れず、子供が飼っていたのが、いつの間にか私が飼い主になりました。
「もぐらんカメ吉」のようなイケメンではありませんが、同じ名前に、勝手にご縁を感じています。
長生きして欲しいです
「がんばれ!もぐらんカメ吉!」
「がんばれ!もぐらんカメ吉じゃないかめ吉!」

☆ 「まじぇ5時なぞなぞ・三月場所」 ☆
3回目は「かけたり、ひいたりしても、数が変わらない物は、なあに?」でしたね。
ヒントの「固定概念を捨てて!」で、算数ではないと気づきましたよね。
それ以外に、かけたり、、ひいたりする物といえば、あれですよ。
そう、答えは「椅子」でした。少し、難しかったですか?
  4回目の取り組みは、「人生で最も大事な時期は、いつ頃?」
ヒントは「大事と同じ意味の言葉は? 若かったなぁ〜あの頃」
おまけのヒント「美しい○代」♪   答えは、明日(^-^)/

3月16日(水) まつ便り「お気に入り」

松田美和子
これを楽しみに伺うお店があります。
見る度に笑顔になり、飲むのが惜しくなります。
「ラテア−ト」、コ−ヒ−の「エスプレッソ」に、スチームで温めたミルクを注ぐ時に、描くデザインです。
ハ−トの形や、羽が一般的ですが、自分で描こうと思うと、シンプルなデザインでも、なかなか難しい。
マスターと、「好きなデザインをお願いしたら描いてくださる」という約束をしています。
「まじぇ5時」? 「ラジオ」? 迷いますね。(笑)
「お気に入り」は、元気をくれます。
みなさんの、「お気に入り」は何ですか?

☆ 「まじぇ5時なぞなぞ・三月場所」 ☆
2回目のなぞなぞは「いつも走っているような花って、なあに?」でした。
ヒント「走ることを英語でいうと?」で、答えは「ラン・ 蘭」でした。
諸説ありますが、蘭、全般の花言葉は、「美しい淑女、優雅」などです。
蘭は種類によっても花言葉が違っていて、「オンシジウム」には「一緒に踊って」という花言葉もあり、面白いですね。
  3回目は「かけたり、ひいたりしても、数が変わらない物は、なあに?」
ヒント「固定概念を捨てて、考えてみてくださいね。かけたり、ひいたりする物は?」
答えは明日(^-^)/

3月15日(火) まつ便り「もったいないの楽しみ」

松田美和子
野菜の切り株から、シュッと伸びる芽が好きです。
何だか、野菜から「おまけ」をもらった気持ちになります。
皆さんも、栽培なさっていますか?
大根の葉は、浅漬けの彩りや、おみそ汁に、ニンジンの葉は天ぷらに利用します。
万能ネギは、3回は伸びてくれて、プランタ−に植えると、さらに長く楽しめますよね。

「おまけ」というと、お正月の切り花から根が出ていました。
「ネコヤナギ」です。鉢植えにしてみました。
フワフワしていて光沢のあるネコヤナギは可愛いです。
でも、最近、見かけなくなった気がしますね。

☆ 「まじぇ5時なぞなぞ・三月場所」 ☆
1回目「体が、ものすごく痒くなってしまう式とは、なあに?」の答えは「かい〜かい〜」で、「開会式」でした。
選抜高校野球の開会式は3月20日。
釜石高校の対戦相手は小豆島高校。今月21日の第一試合です。
皆で、応援しましょう!
2回目のなぞなぞは
  「いつも走っているような花って、なあに?」
ヒントは「走ることを英語でいうと?」 高価なお花ですよ。
答えは明日(^-^)/

3月14日(月) まつ便り「春告げ花」

松田美和子
見つけました。あの青い花。
バッケ探しをしていたら、枯れ草の中に
鮮やかなコバルトブルーの小さな花が咲いていました。
3月8日に野遊び教室の村田さんが、
ブログで取り上げていた「オオイヌノフグリ」です。
可憐な花に似合わぬ名前を持つ植物ですが、
早春の枯れ野にあって、春の始まりを告げてくれていました。
別名として、「瑠璃唐草」、「天人唐草」、
「星の瞳」という素敵な呼び方もあるとか。
個人的には、「星の瞳」に、一票です。(笑)
皆さんは、どの名がお好きですか?
花言葉は、「信頼、神聖、清らか、忠実」など。
ほとんど、一日で落花するそうですので、
私たちが出会う「星の瞳」は、その日だけの花。
そう思うと愛おしいですね。

☆ 「まじぇ5時なぞなぞ・三月場所」 ☆
恒例の脳トレなぞなぞ、ぜひ、勝ち越してくださいね。
取り組みは9回の予定です。
   1回目 「体が、ものすごく痒くなってしまう式とは、なあに?」
ヒント「釜石高校が参加する、その式は、3月20日ですよ。」
全員正解ですね(^▽^笑)  答えは、明日!

3月11日(金) 音楽三昧の金曜日

【今日かけた曲♪】
  臼澤みさき『花は咲く〜盛岡2016〜』
  大久保正人『つぶらな瞳へ(大槌地方の子守唄)』
  BGM:大久保正人『Amaging Grace〜赤とんぼ』
  斎藤正彦『あれから』
  作詞・作曲、菅野祥子、歌・幸田浩子『春なのに』
  新沼謙治・杉並児童合唱団『ふるさとは今もかわらず-シンフォニックVer.-』

菅原直子
3月11日は、つらいけれど大切で、特別な日です。それぞれ体験したことは違っていても、思いは同じだと信じたい日…ですね。オンエアに出演してくださった皆さん、そしてもちろん、メッセージやリクエストをお寄せくださったリスナーの皆さん、同じ時間を共有してくださって本当にありがとうございました。
次の金曜まじぇ5時は4月1日です。「まじぇごじぇリクエスト」を予定しています。お便り・リクエストをお待ちしています。新年度からも、どうぞよろしくお願いします♪

田口友善
3月11日金曜日で寒いというと、5年前の大震災のときと同じでした。皆さんそれぞれに祈りをささげたと思います。
番組は震災特集でいろいろ盛りだくさんでしたが、いかがでしたか? どうしても語りたいことが沢山あり、そして気持ちも高ぶってしまい、限られた時間の中で思うように伝えきれませんでした。
その中で、音楽家の大久保正人さんの演奏は実に心にしみる深いものがありました。彼とは35年前に一緒にバンドをやった仲で、久しぶりの再会でした。これからも彼は、地域を励ます音楽活動を続けるとのことで応援したいと思います。
また、大槌の「ぐるっとショップ」の川原畑洋子さんの活動にも頭が下がります。「Shake Hand」プロジェクトの鮭の小物づくりなどの取り組みも、彼女のような積極的な地域のリーダーがいたからだと思います。 被災された方々の復興は人によって様々です。5年経った今だから、心のケア―が必要な方も大勢いらっしゃいます。顔と顔の見える関係をさらに深め、地域の絆を深めていきましょう!

スタッフ
来週から2週間大相撲と、選抜高校野球のため「まじぇ5時」はお休みです。
次回の放送は、3月29日火曜日。パーソナリティーは松田美和子さん。パートナーは、野遊び教室の村田久さんです。皆さんからのお便りお待ちしています。

3月11日(金) 音楽三昧の金曜日

きょうは音楽三昧の金曜日。パーソナリティーはシンガーソングライターの田口友善さん。パートナーはフリーナレーターの菅原直子さんです。震災から5年になります。二人が、沿岸被災地で活動するミュージシャンに話を聞きます。震災5年に寄せてのメッセージもお待ちしています。

3月10日(木) 世界中で日本酒で乾杯 久慈浩介です

久慈浩介
今日も放送を聞いていただきありがとうございます。東日本大震災から間もなく5年。長かったのか短かったのか、自分でもなかなかわかりません・・・。しかし、北限のゆずのある陸前高田の皆さんは、この北限のゆずを使って新たな道を確実に歩み始めています。内陸の私達が出来ることは少ないかもしれませんが、同じ岩手の仲間としてこれからも一緒に歩み続けていきたいと思います。
北限のゆずを使って開発した商品(お酒やハンドクリーム)も、陸前高田の新しい名物になれるように頑張ります。

松田美和子
「岩手県新酒鑑評会」の話題から始まりました。気温が高かったこの冬、酒造りに影響したのではと心配していました。浩介さんは「気温が高くて米が溶ける、でも溶けなくてもいけない。溶け過ぎてもだめ。難しいけど、新酒を飲むと蔵元の頑張りが伝わってきた。すべてのお酒が良い出来だった」とおっしゃっていました。そして浩介さんの蔵は今年も「金賞」でした。おめでとうございます! 来月は南部杜氏の皆さんが「全国新酒鑑評会」に挑みます。
そして、後半は盛岡局の大谷昌弘アナウンサーが「陸前高田市の北限のゆずの最近の動き」を伝えてくれました。家庭の庭木として植えられていた「ゆず」を、浩介さんの「あるもの生かし」の思いでゆずのお酒が生まれ、その後、関連品が続々と作られました。今回はゆずを使ったハンドクリームを紹介していただきましたが、香りに癒され、今も手がしっとりしています。陸前高田が「ゆずの町」になったら、素敵ですね。
「蔵エピ」では、沿岸で被災した酒蔵のお話を語っていただきました。蔵人の、そして、地元の人々の熱い思い、立ち上げを全力で応援しようとする他の蔵の人々との絆。「明日は沿岸のお酒を飲んでください!」という浩介さんの言葉が染みました。
明日は震災から5年。これからも、沿岸の皆さんを応援し続ける「まじぇ5時」でありたいと思います。

スタッフ
あすは音楽三昧の金曜日。パーソナリティーはシンガーソングライターの田口友善さん。パートナーはフリーナレーターの菅原直子さんです。明日は震災から5年になります。二人が、沿岸被災地で活動するミュージシャンに話を聞きます。震災5年に寄せてのメッセージもお待ちしています。

3月10日(木)

きょうのパートナーは、二戸市で日本酒の蔵元をしている久慈浩介さん。今週行われた、新酒の鑑評会の結果報告と、盛岡放送局の大谷昌弘アナウンサーによる「北限のゆず」のリポートをお伝えします。皆さんからのおたよりお待ちしています。

3月9日(水) 「いわてプリティーウーマン♪」

菊地勝
前半の30分は長かったですが、あっという間に終わりホッとしました。
常に災害の時は「自分の命は自分で守る」ことを心がけてください。

味園史湖
今日はゲストの菊地さんをお迎えして松田さんと一緒にお送りしました。非常時の食料の食べ方、水の備蓄、家にあるもので使える簡単トイレなど、いろいろ勉強になりました。
スマートフォンの充電方法やアプリなど、今回いろいろ試してみて、新しいグッズ、情報がいろいろ出ていることを本当に実感しました。非常時の備えも「アップデート」していかないといけませんね。
今回ご紹介した、生活情報のインターネットサイトで防災ガイドをされている和田隆昌さんご紹介の「懐中電灯」アプリほか、ラジオ第一を聞けるスマートフォンのアプリ「らじる☆らじる」など、防災に役立つスマートフォンのアプリはいろいろあります。私も今回いろんなものを試してみて、非常時に慌ててアプリを探すよりも、余裕のあるときにいろいろ試してインストールして、実際に試してみることが大事と痛感しました。
非常時、限られたバッテリーしかないときに、新しいアプリをインストールすることは難しい場合もあるかもしれません。探すだけで慌ててしまうかもしれません。バッテリーが減っていくと泣きたくなるかもしれません。皆さん是非、「備え」として、スマホアプリもチェックしてみてくださいね。
お便りいただきました皆さん、聞いてくださった皆さん、ありがとうございました。

松田美和子
まもなく、東日本大震災から5年を迎えます。
あの日、停電、断水など、大変な思いをしました。よみがえります。
そこで今日は、あらためて防災士で岩手県地域防災サポーターの菊地勝さんをお迎えして、「日頃の備え」を見直してみました。この機会に、今一度、皆さんのご家庭の備えをチェックみてくださいね。「備えあれば、憂いなし」、私もゆるんでいた「防災意識」を強くしたいと思います。
今日お伝えした、「携帯やスマートフォン」の便利な使い方もありますが、災害の時こそ、「手紙やハガキ」が力を発揮することもあります。震災の時も休まず、集荷、配達が行われました。一人暮らしの高齢の方々も増えています。「無事」と書いた一通のハガキは届くのです。そういう方法があることも忘れないでいたいですね。
テレフォンはエフエム花巻の鎌田輝恵さんに、「プチ湯治・写真教室」の話題を伝えて頂きました。トレッキングで台温泉の近くの花の山「万寿山」に登るそうです。ミスミソウの可憐な花に出会えるそうですよ。

スタッフ
あすのパートナーは、二戸市で日本酒の蔵元をしている久慈浩介さん。今週行われた、新酒の鑑評会の結果報告と、盛岡放送局の大谷昌弘アナウンサーによる「北限のゆず」のリポートをお伝えします。皆さんからのおたよりお待ちしています。

3月9日(水)

きょうのパーソナリティは松田美和子さん。パートナーは、まじぇごじぇリポーター味園史湖さん。震災5年を前に、災害に備えてどのような生活用品や食料をそろえておいたらいいのか、改めてチェックいただく際に参考になる情報をお伝えします。

3月8日(火) ぶらり野遊び教室 村田久です

村田久
以前にも、話した記憶はありますが、やはり春早く目につくので、書いてしまいました。
でも、正直いって、この花、僕は大好きなんです。
かわいいですよね。

バッケをさがしていたら、ぽっ、ぽっとあざやかな瑠璃色の花が目に飛びこんできた。
日当たりの良い土手の斜面などに、春に先駆けて咲く、ヨーロッパ原産の「オオイヌノフグリ」である。
小さな、かわいらしい花なのだが、なんとつけられた名はオオイヌノフグリとは。どう見ても、似つかわしくない気がする。
こんな美しい花なのに、なにか外に思いつく名はなかったのだろうか。この花を見るたび、気の毒に思う。

松田美和子
「ウグイス」、「アオゲラ」、「白鳥」、「シメ」そして、「コウモリ」、「あつもり草」、「雪割り草」「認知症のセミナー」「カタカタボイ」「寒じめちぢみ雪菜」など、まさに、「まじぇごじぇ」な話題のお便りをたくさんいただき、楽しかったです。村田さんと「野遊び教室の皆さんの話題の広さに驚くねぇ〜」と話しています。皆さん、ありがとうございます。
今日は二度目の、村田さんの「川釣り」のお話を伺いました。「盛川」と「片岸川」に出かけられて、「ヤマメ」を釣ったそうです。寒くて、お昼にはサオをたたんで、大船渡魚市場で昼食。おいしかったそうですよ。「さんまたんたん麺」は生臭みも無く、「もっとさんまが入っていても良いなぁ」だそうです。(笑)
二週間のお休み中にも沿岸に行かれるとのことですので、おみやげ話しが楽しみです!
「今日は何の日?」のご紹介をいつもさせていただいています。一日一日が同じではなく、今日のこの日は今日だけの大事な日、という思いからです。今日のように、たくさんの記念日になっている時は選ぶのもあれこれ考えて面白いですよ。ブログで紹介してほしいという希望をいただきましたので、今日から、載せさせていただきます。
3月8日、今日は「みつばちの日」です。(他に、さばの日、さやえんどうの日、などたくさんの 記念日になっていますよ。)村田さんも私も「杤(とち)の蜜」が大好きです。美味!

スタッフ
あすのパーソナリティは松田美和子さん。パートナーは、まじぇごじぇリポーター味園史湖さん。震災5年を前に、災害に備えてどのような生活用品や食料をそろえておいたらいいのか、改めてチェックいただく際に参考になる情報をお伝えします。

3月8日(火)

パーソナリティーは松田美和子さん。パートナーは海釣り、川釣り、山菜・キノコ採り歴50年の釣り師・エッセイストの村田久さんです。皆さんからのおたより、お待ちしています!

3月7日(月) 「見つけたよ!身近な岩手のいいところ」

澤口たまみ
今日でわたしの出演がラストということで、たくさんのお便りを頂戴いたしました。
いつもくださる方、今日はじめての方、そして番組のおしまい数分のところでくださった方! 皆さん、優しくて最高でした。ありがとうございます!
虫を見て、きゃーっ! と言わない。どこかに可愛いところがあるはずだ、と眺めてみる。そして実際、可愛いと思える。
これは、虫を見て悲鳴をあげる女性(それがたとえ、どんな美人でも)よりも、ずっとずっといい女なのでございます。
虫に偏見を持たない人は、きっと人間同士でも偏見を持たず、相手の立場を思いやれる。
そう信じて、わたしはこれからも絵本やエッセイで、自然や生きものたちの愛しさを伝えていきたいと思っています。
あっという間の二年、聞いてくださった皆さん、田口さん、スタッフの方々、ほんとうにお世話になりました。
そうそう、今日はかかった三曲ともが、わたしのリクエストでした! どれもいい曲で、大満足の放送でした。
ではでは、さようなら! これからも、まじぇ5時をよろしくお願いいたします。

田口友善
澤口さんの最後のご出演でした。お疲れ様でした。この2年間を振り返ると、いろんな話題がありました。
ホタル、トンボ、クワガタ、カマキリ、鈴虫等からカメムシやマイマイガまで、それこそ沢山の虫のお話。
その他にも賢治さんのお話もありましたね。中でも賢治さんが恋人との事をテーマにした童話「シグナルとシグナレス」の一部を、冷や汗をかきつつ朗読したことも。
さらに、この澤口さんとの番組をきっかけに新曲2曲もできました。賢治の「種山が原牧歌&恋歌」、そして「赤とんぼ」。
こうして和みながら番組を進められたことは、澤口さんのホコホコした柔らかな語り口のおかげです。ありがとう!!! やはり寂しさを感じますね。
この先、機会を見て、ぜひ再びご登場いただきたいと思います。

スタッフ
火曜日のパーソナリティーは松田美和子さん。パートナーは海釣り、川釣り、山菜・キノコ採り歴50年の釣り師・エッセイストの村田久さんです。皆さんからの山歩き里歩きのおたより、お待ちしています!

3月7日(月)

きょうのパーソナリティーは、田口友善さん。パートナーは、絵本作家の澤口たまみさんです。
レギュラー最後のご出演です。
澤口さんへの質問やメッセージお待ちしています。

3月4日(金) 「音楽三昧」力の限り!応援特集 part2

【今日かけた曲♪】
  シング・アウト『涙をこえて』
  和田アキ子『あの鐘を鳴らすのはあなた』
  『釜石高校校歌』
  アンサンブル・ポッカ『ゆけゆけ飛雄馬』
  ラ・クァルティーナ『黒猫のタンゴ』
  美空ひばり『真実一路』
  BONNIE PINK『I just want you to be happy』
  ロネッツ『BE MY BABY』

菅原直子
力の限り!? リクエストにおこたえしていたら、次々とオンエア中にお便りが届きました。そのお便りをできるだけご紹介していたら、またまたお便りが届けられて…と、「応援の連鎖反応」が起こりました。本当にうれしくて、楽しい時間を過ごすことができました!!ありがとうございました♪
さて、次回は3/11となります…あれから、もう5年になるんですね。いつもの音楽三昧とともに、故郷への思い・今、感じていることなど、皆さまからのメッセージをご紹介する予定です。もちろん、曲のリクエストもお寄せくださいね。お待ちしています。

田口友善
三寒四温の時期に入りましたね! 雪が積もったと思ったらすぐ溶けて、春の日差しが照りつける。
そんな中、雪かきで背筋を少し痛めました。不用意に上半身だけで雪をほおり投げていたら、ズキッ…
皆さん、春の湿った雪はまだ降りますので、準備体操と膝を使って頑張りましょう!
いかがでしたか応援曲特集? 今日も番組中にお便りやリクエストをたくさん頂きました。出来るだけ番組中に紹介していますが、追いつかずごめんなさい。しっかり、お便りを受け止めていますので、また、この先にリクエスト曲もおかけできると思います。

スタッフ
来週月曜日のパーソナリティーは田口友善さん。パートナーは、絵本作家の澤口たまみさんです。
レギュラー最後のご出演です。
澤口さんへの質問やメッセージお待ちしています。

3月4日(金) 音楽三昧の金曜日

音楽三昧の金曜日。パーソナリティーはシンガーソングライターの田口友善さん。パートナーはフリーナレーターの菅原直子さん。『力の限り!応援特集』パート2です。
皆さんからのリクエストにお応えしていきます。

3月3日(木) 「まじぇ5時川柳」 熊谷岳朗です

熊谷岳朗
たくさんの投句ありがとうございます。
今回は「黄」という題、イメージできる範囲が狭いので、同じような句が集まってくるのではないかと思っておりましたが、その心配は無用でした。皆様の発想の広がりに驚くとともに、さすがだなと思いました。楽しませていただきました。
尚、「黄」のイメージから少し遠い黄昏(たそがれ)、黄泉(よみ)の句もありましたが、皆いい句ばかりでジーンときました。これを字結び(じむすび)の句といいます。黄とは全く掛け離れてしまう意味になることもあります。一般の募集なんかを見ますと、「黄」(字結び可)と表示されています。このカッコ書きがないと黄泉(よみ)の句など没になることもありますのでご注意です。
とにかくありがとうございました。

松田美和子
「まじぇ5時川柳」を無事にお届け出来て、ホッとしました。国会中継の為、放送出来ない可能性があったからです。今日は、皆さんの川柳を詠ませていただきながら、お伝えできることに感謝していました。
今月のお題「黄」はいかがでしたか? 私は、思った以上に難しかったです。
来月は「花」、5月は「旅」です。同想句にならないような発想がポイントになりそうです。
皆さん、楽しんで川柳作りましょう!

スタッフ
松田さんがつくった句を題材に、川柳のコツをお伝えするコーナー「まじぇ5時川柳教室」を行っています。皆さんからの川柳のつくり方の疑問・質問にもお答えしていきます。どうぞお寄せください。

次回の川柳は4月7日(木)に放送。お題は「花」
その次は5月2日(月)お題は「旅」です。5月は、第1木曜日ではなく第1月曜日の放送です。
お気を付けください。
皆さんから「お題」の募集もいたします。アイデアがありましたら、番組あてにお送りください。
投句・おたより・リクエスト・お題のアイデアをお待ちしています!
※ 今月の大賞作品は川柳のページをご覧ください。

あすは音楽三昧の金曜日。パーソナリティーはシンガーソングライターの田口友善さん。パートナーはフリーナレーターの菅原直子さん。『力の限り!応援特集』パート2です。皆さんからのリクエストにお応えしていきます。

3月2日(水) 盛岡町家ストーリー


吉田真理子
3月11日は震災以来、もりおか歴史文化館の前に「回り灯ろう」を並べますが、毎年雪が降ったり、風が強かったりで、こんな寒い日に津波が来て…と思うと、手を合わせずにはいられません。
きょうは、たくさんのお便りの中に、秋田に向かうトラックの運転手さんからも投稿があってうれしかったです。
被災地のことを忘れず、現状を伝えること、まだまだ自分の出来ることがあると思っています。

松田美和子
まもなく、震災から5年を迎えます。復興のために現在も様々な活動をしている吉田さんに町家、そして、手芸を通して震災後に沿岸の人と関わって感じたことなどのお話を伺いました。震災直後「もう、手芸なんて やっている場合じゃない」と思ったそうです。それが、ご主人の「まわり灯ろう作り」の講習会で沿岸に一緒に行った時に「仮設カフェ」に飾った「つるし雛」がきっかけになり、「手芸教室」がスタートしたそうです。沿岸の皆さんの「作ってみたい」という気持ちに応えて始まった「手芸教室」は、今も続いています。吉田さんは、「手芸に限らず、これからは、心の復興支援、生きがいを作っていくことも必要です」とおっしゃっていました。 震災から、まもなく5年。「復興支援は、もうおしまい」ではなく、「心の復興は、これから始まる」そんな、気がします。
テレフォンは、おおつちさいがいエフエムの小向幹雄さんにお話を伺いました。震災前の町のメインストリートに災害公営住宅が完成し「町開き」が行われる話題と、今月の18日で放送が終了する「おおつちさいがいエフエム」のお話でした。様々な事情で、その役目を終えるわけですが、これからも大槌の町のために活動していきたいとおっしゃっていました。「おおつちさいがいエフエム」の皆さんと電話を繋いでお話できたことに感謝しております。皆さんも「まじぇ5時ファミリー」です。ありがとうございました!

3月2日(水) 盛岡町家ストーリー

きょうのパーソナリティは松田美和子さん。パートナーは、盛岡の町家を観光資源にして地域興しをめざす「盛岡まちなみ塾」のメンバー吉田真理子さん。町家暮らしののんびりとした話題などお届け。みなさんからのお便りお待ちしています。

3月1日(火) ぶらり野遊び教室 村田久です

村田久
笑われそうだが、僕は「道の駅」「産直」が大好きだ。道の駅や産直をうろうろしていると、なんか、ほっとした気持ちになるから不思議だ。
このごろ、目に留まり、嬉しくなるものがある。それは、大根の葉を乾燥させた「干し葉」である。漬物や凍み大根にした大根の葉っぱを捨てないで、干したのだが、長期に保存でき冬場の野菜の少ない季節に重宝された。
干し葉は水から火にかけ、沸とうしたら火を止め冷ます。それから水の色がきれいになるまで何度も水を取りかえ煮汁をすてる。昔は、なっとう汁や、ごはんに混ぜたりもした。細かくきざんでみそ汁にすれば、くせもなく食べやすい。ぜひ試してください。

松田美和子
「いやぁ〜、強風で大変だった!」というのが、村田さんの「川釣り解禁日」の第一声でした。
「雪にも負けず、風にも負けず、人のいない川のさびしさにも負けず」、気仙川から矢作川を歩かれたそうです。その中で出会った一人の釣り人、じっと川を見て一心に釣り糸をたれていたそうです。
3月1日は、釣り人にとっては特別な日。新しい釣り竿を購入した人は、この日に魚を釣り上げて、釣り竿に「魂を入れる」そうです。その方もそうだったのではとおっしゃっていました。
「川の解禁日は祭だ!」という村田さんの眼は、少年でしたよ。(笑)
 そんな村田さん、ついに「ばっけ」を見つけて食べたそうです。天ぷら、ばっけ味噌、お味噌汁…春を堪能なさった写真を見せていただき、「ばっけ」への思いが募りました。私も早く味わいたいです!
テレフォンは、一関市「道の駅・かわさき」駅長、千葉勝男さんにお話を伺いました。
栽培農家が減るなかで、頑張っている「いちご農家」の皆さん、そのいちごを使った大福が大人気との事、うれしいですね。週間予報では、今週末、宮古で最高気温が10度を超える予想。 川の妖精「ひかり」と出会えそうですね。

スタッフ
あすのパーソナリティは松田美和子さん。パートナーは、盛岡の町家を観光資源にして地域興しをめざす「盛岡まちなみ塾」のメンバー吉田真理子さん。町家暮らしののんびりとした話題などお届け。みなさんからのお便りお待ちしています。

3月1日(火) ぶらり野遊び教室

パーソナリティーは松田美和子さん。パートナーは海釣り、川釣り、山菜・キノコ採り歴50年の釣り師でエッセイストの村田久さん。皆さんからの山歩き里歩きのおたより、お待ちしています!