「まじぇ5時」は大相撲のため、5月14日(月)〜5月25日(金)までお休みです。次回の放送は28日(月)。
「まじぇ5時通信」は随時更新していきますのでご覧ください。

5/28〜6/1 パートナー

  • 月曜
  • 火曜
  • 水曜
  • 木曜
  • 金曜

5月25日(金) まつ便り「古漬け派or浅漬け派」

松田美和子

甘い物も好きですが、お漬物も好きです。特にキュウリのお漬物「鬼がらし漬け」には目がありません。親戚のおばあちゃんの手作りは格別で、毎年届くのを心待ちにしています。味は甘辛で、歯ざわりが抜群です。歌人石川啄木も「キュウリの漬け物」が好物だったそうです。去年、盛岡の小中学校で、啄木にちなんだ給食が出され、キュウリのお漬け物もメニューに入っていたそうですよ。
鬼がらし漬け
じっくり味の染みた古漬けも味わい深いですよね。たまに、古漬けを薄切りにしてチャーハンを作ります。タマゴやゴマを入れ、風味づけにさらにゴマ油を少々。美味です。皆さんは、古くなったお漬け物はどんなふうに召し上がっていますか?
私はどちらかと言えば、浅漬け派です。
浅漬け
鮮やかな緑色が、食欲をそそります。薄切りにせず、コロコロと筒型に切ったり、大きめの乱切りにしたりと食感を楽しみます。お箸が止まりません。(笑)
啄木は、古漬けと浅漬けのどちらを好んだのでしょうか? 他にはどんな物が好きだったんでしょうか? 水曜パートナー、啄木研究家の山本玲子さんに啄木の好物を伺ってみたいです。ご出演は、来週30日(水)の予定です。お楽しみに!

まじぇ5時ガーデンクイズ
5月最後の、クイズの答えです。正解は「行者ニンニク」でした。葉を見て、すぐお分かりになりましたか? ニラの花に似ていますよね。可愛い花です。小川さんのガーデンの行者ニンニクは、葉がチューリップのように大きく立派でした。
行者ニンニク

今回もリスナーの方々から楽しいお便りをいただきました。感謝です。
皆さん「まつ便り」を読んで下さり、ありがとうございました。

また、来週から始まる「まじぇ5時」でお会いしましょう! ・*・:♪

5月24日(木) まつ便り「ちょっと紫波町へ」

松田美和子

苗が植えられたばかりの「まじぇ5時ガーデン」に行ってきました。新木曜パートナーの小川さんにご案内いただき、ご自宅から200メートルほど離れた「まじぇ5時ガーデン」まで、長靴に履き替え、のんびり歩きました。その途中に「走湯(そうとう)神社」があり、樹齢およそ350年のケヤキの木が目を引きました。
映画の小径
根元周りが8.15m、樹高27mといわれています。源頼朝ゆかりのケヤキと伝えられ、枯れかけた木を植え継いだものが今日まで大切に守られてきたようです。吾妻鏡にも記載されていると小川さんが教えて下さいました。
映画の小径
小川さんは、この神社で奉納される「二日町鹿踊」にも関わっていらっしゃいます。
紫波町二日町の歴史にも触れ、ガーデンに到着。植えられたばかりの赤ちゃん苗が風にそよいでいました。
映画の小径
このガーデンは、小川さんが実験的に、いろいろな植え方をしています。その内容は来週の木曜日31日に詳しくお伝えする予定です。皆さんの野菜やハーブ、お花にまつわるお便りもお待ちしています。
「雨、降らないかなぁ〜。」帰り際、空を見上げて小川さんが呟いていました。
(帰るまで降らないで〜。)

まじぇ5時ガーデンクイズ
前回の答えです。正解は、「(2)二度泣き橋」でした。
一度目は「遠く離れた所まで来てしまった」と泣き、二度目は「離れるのが辛い」と泣く事から「二度泣き橋」と呼ばれるようになったそうです。「RNまるいわ」さん、大正解でした!

5月最後のクイズになりました。
今回小川さんの「御蔵ガーデン」で、私が初めて見た花の一つです。皆さんはご存知かも。
これは、何の花でしょうか?
クイズ「これは、何の花でしょうか?」
ヒントは、おいしい春の山菜で、ギョウザに入れる事もあるそうです。
答えは次回(^o^)/

5月23日(水) まつ便り「映画の小径♪」

松田美和子
「映画の小径」(映画館に通じる裏道)を通って、今回も2本の映画を鑑賞しました。
ミステリー系と可愛い動物系です。朝一番の早い回を見る事が多いので、出勤する方々と同じバスで、私も映画館に出勤気分で出かけます。
映画の小径
日差しがまぶしい朝です。この道を通るたびに、これから出会う映画を思い、ワクワクします。映画へのプロローグです。
映画そのものは、もちろん楽しみですが、観る前の期待感と、鑑賞後に友人と作品について語らう時間も含めて「映画の時間」だと思っています。
皆さんはどんな映画がお好きですか? 思い出の映画は何ですか?
今は携帯電話でも映画が見られる時代ですが、映画館に足を運び、スクリーンで観る、そんなアナログな時間を大切にしたいです。

まじぇ5時 盛岡の橋クイズ
前回の答えです。白と黄色と仲良しの花は、「(1) チューリップ」でした!「咲いた咲いた♪」の童謡の中に出てきますね。和名は鬱金香(うこんこう)、香りがウコンに似ているからだそうです。かつて、牧野植物図鑑にはチューリップの和名として「ぼたんゆり」と書かれていたそうですよ。素敵ですね。

☆今日のクイズは、盛岡の橋クイズです。
開運橋の上流の旭橋
「盛岡市内には川が流れていて、たくさんの、橋が架かっています。その中の一つ「開運橋」は別の名前でも呼ばれています。さて何でしょうか?」
(1)出世橋
(2)二度泣き橋
(3)縁結び橋
ヒントは、転勤族の間で語られたのが由来になっています。
答えは次回(^o^)/

5月22日(火) まつ便り「蜜標(みつひょう)」

松田美和子
新年度のカフェの最初のお客様は自然観察指導員の瀬川強さんでした。春の妖精「カタクリの花」について、たっぷり1時間お話しを伺いました。なかでも面白かったのは「蜜標」(みつひょう)です。蜜標は、花蜜標識の事で、ハ二ーガイドや、ネクターガイドとも呼ぶそうです。昆虫に花粉を運んでもらう為、蜜のありかを教えている案内板のような物だそうです。例えばこんな感じです。
ツツジの蜜標
ハチやチョウは、私達は見ることが出来ない紫外線が見えるそうです。ツツジの花のドット模様は紫外線を良く吸収するので、昆虫に濃く見えて目印になるというわけです。こんな面白い蜜標も見つけましたよ。
ゼラニウムの蜜標
矢印→に見えませんか?「蜜はこちら」と矢印で教えているようです。
瀬川さんのお話しでは、「カタクリ」の蜜標はそれぞれ模様が違うそうです。放送中にラジオを持って裏山に確認に行って下さったリスナーさんがいらっしゃいました。「本当に全部模様が違っていました。びっくりです。」とお便りが寄せられました。カタクリの群落で私も確認してみたいです。それにしても花の蜜標は面白いですね。

まじぇ5時ガーデンクイズ
前回の答えは、「(3)のナナカマド」でした。正解でしたか? 近所のナナカマドの花が可憐で思わず写真に収めました。イチゴの花に似ていませんか?

さて、今日のクイズです。
この黒く見える蜜標の花は何の花?
問題です。「この黒く見える蜜標の花は何の花?」
(1)チューリップ
(2)ポピー
(3)アネモネ
ヒント 白と黄色は仲良し。
答えは次回。・*・:♪

5月21日(月) まつ便り「あの坂を下れば」

松田美和子
見知った大通りから住宅地の裏道へと入り、少し急な坂道を下ると、一面に田んぼが広がっていた。坂道が軸となった回り舞台のような展開。豊かに水をたたえた田んぼでは、カエルが鳴き、アメンボが泳いでいる。タニシやドジョウもいるそうだ。納屋の横には稲の苗が緑の波をつくっている。私は坂道の向こうを指差し「あの向こうは、本当に大通り?」と確かめた。
今日は、ちょっと気取って始めてみました(笑)。そんな気持ちになる場所です。
田んぼ
先日、知り合いのご自宅に招待して頂きました。野遊び教室の村田さんなら、「桃源郷」と表現しそうな場所でした。写真の林の向こうは、北上川だそうです。その家の敷地は広く、りんご畑、野菜やクリスマスローズのハウスなどが点在し、あたり一面に花々や山菜が、それぞれに株や種を増やしていました。宝物だらけの庭が広がる中、嬉しくて子供のように心が跳ねまわり、野ウサギになった心地でした。こんな素敵な場所が街中に残っていたんですね。
ヤーコン・ウルイ・赤ウド・秋田フキ
「少しばかり」とお土産を頂きました。
採れたての山菜と、冬を越したヤーコン。ヤーコンは味噌漬け、ウルイは浅漬け、フキは身欠きニシンを巻いても美味しいそうです。季節の味と共にパワーを頂いて帰宅しました。

まじぇ5時ガーデンクイズ
前回の答えは、「(2)白虹」でした。ヒントを出すのが難しくて、伝わりづらかったかったですよね。ごめんなさい。(3)の虹色のパラソルにもお答えを頂きました。個人的には1番好きな呼び方です。ありがとうございました。

さて今回は、植物の名前当てです。
この花は、何の植物の花でしょうか?
問題です。「この花は、何の植物の花でしょうか?」
(1)野いちご
(2)山椒
(3)ナナカマド
ヒントは、「隣の敷地の境などに植えたりします。防火の意味があるそうですよ。」
答えは次回。・*・:♪
NHKラジオ らじる☆らじる
  
▲ ページの先頭へ