ラジオMAPへ
盛岡放送局トップへ
NHKネットラジオ『らじるらじる』NHK地域放送局おすすめ番組を聞き逃し配信中!

「まじぇ5時」は大相撲のため、5月13日(月)〜5月24日(金)までお休みです。次回の放送は27日(月)。
「まじぇ5時通信」は随時更新していきますのでご覧ください。

5/27〜5/31 パートナー

  • 月曜
  • 火曜
  • 水曜
  • 木曜
  • 金曜

5月22日(水) まつ便り「思わず」

松田美和子
思わず立ち止まる場所があります。
タンポポが一面に咲いた小さな公園、初めて蕾をつけた幼い桜の木、一斉に芽吹いた眩しい若葉の木々など。
散歩の途中で出会う美しい風景に立ち止まる事が多くて、運動の為の散歩にはなっていない気がします。昨日見かけた見事な藤棚です。
満開の藤
見ているこちらまで藤色に染まりそうです。滝のような花房は、数える事が出来ない程でした。圧倒的な美しさです。 町行く人々を楽しませようと通りに寄せ植えをする人もいます。花々が可愛くて思わず笑顔になりました。
通りの寄せ植え
花は人に喜びを与え心を癒してくれます。 以前、公園で薔薇を見ていたら、花の影から「ここは秘密の花園だからいろいろ話せるね。」と言う子供の声が聞こえてきたことがあります。 なにやら女の子2人で学校での悩み事を打ち明けあっているようでした。花の力でしょうか。

毎週火曜日の「野遊び教室」では、村田さんが出会った山や川辺の植物の話題や、リスナーの皆さんの花のお便りなど、自然の話題が満載です。 来週の火曜日28日に開校です。お楽しみに!

まじぇ5時桜クイズ
7問目の答えは、「(1)妻夫桜」でした。
動物公園の二本のエドヒガンは、推定樹齢60年以上だそうです。開園当時からある桜で、わんぱく広場に仲良く並んでいます。
来週の水曜日は「動物公園とゆかいな仲間たち」が登場します。鳴き声クイズもありますよ。皆さんのお便りをお待ちしていますね。

8問目です。
「桜には一重咲きと八重咲きがありますが、一本に両方が咲く木はあるでしょうか?」
(1) 昔はあったが今は無い。
(2) 今もある
(3) そんな木は存在しない

*ヒント*
「植物は不思議がいっぱい!」
答えは明日♪

5月21日(火) まつ便り「早春のワカメ詰め」

松田美和子
春まだ浅き頃、沿岸で「ワカメ詰め作業」のお手伝いをする機会がありました。
いつもスーパーで購入する小袋に詰める作業だとばかり思っていたのですが、行ってみてビックリ!
初めて、10キロを超える塩蔵ワカメの塊を見ました。これを大きな袋に四角く詰めていくのです。
とても綺麗なワカメです。香りも良くて、さすが三陸のワカメだなと感激しました。
港に隣接の加工場
作業のポイントは「無理せずゆっくり。」と、バスでお隣になったベテランの方から教えて頂きました。ゆっくり、ゆっくり。
最初は、ワカメに混じっている鮭の稚魚を横に寄せたりしながら「ゆっくりペース」で進めていたのですが、やり始めたら、夢中になりました。
ワカメに混じっていた鮭の稚魚
青い透明な袋に、このワカメを、より綺麗にキチンと詰めたくなります。それが出来るようになると、より早く正確にと、思いは進みました。
顔も身体も塩の結晶だらけでしたが、楽しかったです。10キロ以上のワカメの大袋は、適温で冷蔵され、1年間、少しづつ小袋に詰め替えられて出荷されるそうです。
私達がお手伝いさせて頂いた「三陸のワカメ」が全国の方々に届くかもしれないと思うと、とても幸せな気持ちになりました。
宮古の海
お昼に港の海風に吹かれて、友人達とおにぎりを頬張りましたが、風が冷たくて肩を寄せ合いながらでした。それでも海は気持ち良く、室内に入る気持ちにはなりませんでした。
帰宅後、途中の宮古魚菜市場で買い求めたホタテを焼き、ワカメをキュウリの酢の物やお味噌汁にして味わいました。美味しい!味も歯ざわりも最高です。
三陸のワカメを食べて育った子供たちは、都会に住むようになると、普通に食卓に並んだ「この味」が恋しくなるそうです。

まじぇ5時桜クイズ
6問目の答えは、「(2)桜海駅」でした。
桜川駅は大阪府や滋賀県に、桜山駅は愛知県にありましたが、残念ながら桜海駅は見つかりませんでしたが、桜と海も美しい風景ですよね。

7問目です。
「盛岡市動物公園内の『めおと桜』、漢字ではどう書くの?」
(1) 妻夫桜
(2)女男桜
(3)夫婦桜

*ヒント*
「この並び、家庭円満の秘訣かもしれませんね。(笑)」

5月20日(月) まつ便り「リラの花咲く季節」

松田美和子
福寿草、万作、水仙、タンポポなど、春は光を感じる黄色の花々がいち早く咲くように感じます。そして、春から初夏への橋渡しは、ライラック、藤、アヤメ、カキツバタなどの「紫の花々」ではないでしょうか?今、そのライラックが花盛りです。
薄紫のライラック
ライラックは香りも素敵、香水の原料というのもうなづけます。道行く人々が立ち止まり、鼻を近づけて香りを楽しんでいます。ライラックは英語名で、フランスでは「リラ」と呼ばれ、日本名は「ムラサキハシドイ」と呼ぶそうですよ。
「リラの花咲く頃」というタイトルで様々な方が歌っていますが、やはり、シャンソンが有名でしょうか。春の喜び、恋の予感を歌った明るいシャンソンです。
ジャン・ソルビエが唄うこの歌は、日本語の歌詞がつけられて、「すみれの花咲く頃」として宝塚を象徴する歌になりました。私の自転車ソングの一つです。
最近は、マスクがあるので歌いやすくなりましたよ。(笑)
4枚の花びら
ライラックの花びらは普通4枚ですが、まれに、5枚や、7枚のものがあるとか。
「ラッキーライラック」というそうです。
見つけたら、押し花にしてお守りにしたいですね。見つけた方、ぜひお便り下さいね!

まじぇ5時桜クイズ
先週の答えは、(3)が正解でした!
 *滝桜(樹齢およそ1000年以上)
 *神代桜(樹齢およそ1800〜2000年)
 *淡墨桜(樹齢およそ1500年)
石割桜は、私の中で「一番桜」なんですが、まだ、三大桜には入っていません。毎年、「咲いたかな?まだかな?」と気になる木です。皆さんの地域にもそれぞれの「一番桜」がありますよね。

6問目は、「次の駅名のうち、実際には存在しない駅名は、どれでしょうか?」
(1) 桜山駅
(2)桜海駅
(3)桜川駅

*ヒント*
何となく違和感のある駅名がありますね。
そう、それですよ。
答えは明日♪
NHKラジオ らじる☆らじる
  
▲ ページの先頭へ