2020年09月15日 (火)秋の七草


気象キャスターの大隅智子です。
15日(水)は、沿岸を中心に雨が降っています。
沿岸では、これまでの雨で地盤が緩んでいますので、土砂災害に引き続き、注意、警戒して下さい。

さて、朝晩は秋らしく涼しくなってきました。
そこで、秋の七草についてみていきます。
秋の七草は、「はぎ、すすき、くず、なでしこ、おみえなし、ふじばかま、ききょう」です。
なぜこの7つなのかというと、奈良時代の歌人、山上憶良(やまのうえのおくら)が万葉集で詠んだことがきっかけとされています。
oosumi200915_01.jpg

盛岡地方気象台では、このうち、やまはぎとききょう、すすきの3つについて開花を観測しています。
今年は、既にやまはぎは7月13日に、ききょうは7月20日に開花が観測されました。
いずれも平年より2日から3日早くなっています。
すすきは、8月31日で、平年より4日遅くなっています。
oosumi200915_02.jpg

春の七草は、七草がゆとして食べる風習がある一方で、秋の七草は、見て楽しむ花が多くなっています。
里山で秋の七草を楽しむ季節になりましたね。

 

 

いただいたご意見・ご感想は、番組作りの参考にいたします。
公開および返信をすることは差し控えますので、ご了承ください。

投稿者:大隅 智子 | 投稿時間:12:31

トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲