2020年07月16日 (木)ハスの豆知識


気象キャスターの大隅智子です。
今回もハスの話題です。
放送では、ハスの豆知識のクイズをしました。
ハスの断面には大きな穴が4つあり、その周りに小さな穴があります。
oosumi2016_04.jpg

質問はこちらです。
「ハスの葉の下の部分に穴があるのはなぜでしょうか」。
答えは三択です。
① 番、水を吸うため。②番、空気を通すため。③番、水の中で浮くため。
答えはどれでしょうか。
oosumi2016_05.jpg

答えは、②番の「空気を通すため」でした。
水は、池や沼の中で十分とることができます。
しかし、水の中では、空気をとりにくいため、穴が空気の通り道になっています。
葉から取り込んだ空気は穴の中を通り、地下の根や茎にまで伝わります。
こうして、呼吸をしているわけです。
oosumi2016_06.jpg

地下の茎が大きくなったものがレンコンですが、レンコンにも大きな穴がたくさんあります。
この穴があるからこそ、水中で育つことができます。
oosumi2016_07.jpg

なお、レンコンは、穴からの見通しがよいために、昔から縁起がいい食べ物と言われています。
ハスの豆知識でした。

 

 

いただいたご意見・ご感想は、番組作りの参考にいたします。
公開および返信をすることは差し控えますので、ご了承ください。

投稿者:大隅 智子 | 投稿時間:15:29

トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲