2020年07月10日 (金)避難の情報について


気象キャスターの大隅智子です。
西日本や東日本では大雨が続いています。
去年の台風19号による大雨を経験している岩手県でもひとごとではありません。
そこで避難の情報についてみていきます。

避難情報は各市町村が出しています。
まず、災害のおそれがある場合は、「避難準備・高齢者等避難開始」が発表されます。
これは、「避難勧告」や「避難指示」が予想される時に出ます。
名前の中に「避難開始」とあるように、高齢者や障害者など避難に時間がかかる人は避難を始めて下さいという意味です。
高齢者や障害者は、状況が悪化する前の早い時期に避難を始めることが大切です。
oosumi200710_01.jpg

「避難準備・高齢者等避難開始が出された後、状況が悪化してくると、「避難勧告」が発表されます。
さらに危険性が非常に高まった時は、「避難指示(緊急)」が出ます。
ただ、状況によっては、いきなり避難指示が出たりすることもあるのでご注意下さい。
oosumi200710_02.jpg

では、これらの避難情報を去年から始まった大雨の警戒レベルと照らし合わせてみましょう。
「避難準備」の情報は、「レベル3」になり、高齢者などが避難を始める時になります。
「避難指示」や「避難勧告」は「レベル4」で、危険な場所にいる人はただちに避難を始める時です。
「レベル5」は、既に災害が発生していることもあるので、ここで避難を始めると、逆に危険になる場合もあります。
そのため、「レベル4」の段階で避難を済ませておくことが大切です。
県内もいつ大雨に見舞われるか分かりません。
日頃から、どのタイミングでどこに避難したらいいか考えておくことが大切です。
oosumi200710_03.jpg

 

 

いただいたご意見・ご感想は、番組作りの参考にいたします。
公開および返信をすることは差し控えますので、ご了承ください。

投稿者:大隅 智子 | 投稿時間:11:58

トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲