2020年07月08日 (水)ハザードマップの活用


気象キャスターの大隅智子です。
梅雨前線の活動が活発になっていて、九州を中心に大雨が続いています。
大雨はどこで起きるか分かりません。
災害から身を守るためには、身のまわりでどんな災害が起きる危険性があるのか、事前に知っておくことが大切です。
これは、国土交通省が運営するハザードマップポータルサイトです。
左側の「重ねるハザードマップ」では、災害の危険性を地図に重ねて表示できます。
「場所を入力」という所に、NHK盛岡放送局の住所を入力してみます。
そして、洪水と土砂災害の情報を選ぶと、危険箇所が出てきます。

oosumi200708_01.jpg

NHK盛岡放送局の周辺には、危険箇所はありませんでしたが、北上川流域には、洪水や浸水の想定区域を表す薄い赤色が見られます。
また、赤や黄色は、土砂災害の危険箇所になります。
さらに、避難場所のマークも重ねて表示できます。
oosumi200708_02.jpg

このように事前に自宅や会社の周りの災害の危険性について確認しておくと、いざとなった時に早めの行動ができます。

日頃から家族で確認し、災害が起きたらどうするか、話し合っておくといいですね。

国土交通省のハザードマップポータルサイトはこちらです。
スマートフォンでも見られます。
http://disaportal.gsi.go.jp/

 

 

いただいたご意見・ご感想は、番組作りの参考にいたします。
公開および返信をすることは差し控えますので、ご了承ください。

投稿者:大隅 智子 | 投稿時間:11:13

トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲