2020年06月26日 (金)3か月予報


気象キャスターの大隅智子です。
今月25日、仙台管区気象台は3か月予報を発表しました。
東北地方の太平洋側の平均気温は、7月と8月は平年並みか高く、9月は平年より高くなりそうです。
降水量はほぼ平年並みの見込みです。
つまり、向こう3か月は、暖かい空気に覆われやすいため、今年の夏は、平年より暑い夏になるおそれがあります。
oosumi200626_01.jpg

暑くなる理由は、上空を流れる偏西風の位置にあります。
7月から9月にかけては、偏西風は平年より北を流れる見込みです。
そうなると、夏の暑さをもたらす太平洋高気圧は日本付近に張り出しやすくなります。
東北地方も太平洋高気圧に覆われる日が多くなるため、暑い日が多くなる見込みです。
 oosumi200626_02.jpg

今年は、マスクを着用していることが多いので、熱中症には一層の注意が必要になりそうです。
暑さ対策として、今から体力をつけておくことも大切です。

 

いただいたご意見・ご感想は、番組作りの参考にいたします。
公開および返信をすることは差し控えますので、ご了承ください。

投稿者:大隅 智子 | 投稿時間:11:22

トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲