2020年06月23日 (火)部分日食と夏至


今月21日は、全国で部分日食が起きました。
日食は、太陽が月に隠され欠けているように見える現象です。
21日の午後5時半ごろの欠けた太陽です。
oosumi200623_01.jpg

私はこの日、日食グラスで観察していましたが、急に撮影したくなり、ざるを使ってみました。
ざるの網目の開いた穴から光が通ってできた影を見ると、欠けた太陽が確認できました。
左上が欠けて見えました。
このように小さな穴を使ってできる影に欠けた太陽を確認できます。
型紙に小さな穴を開けたり、木洩れ日でできる影からも分かります。
 oosumi200623_02.jpg

そして、夏至のこの日、自分の影も撮影しました。
太陽高度が高い正午頃の影、短いですね。
 oosumi200623_03.jpg

身長150センチの人でみてみましょう。
冬至の影は294センチ、夏至の影は43センチなので、夏至の影は、冬至の7分の1の短さになります。
oosumi200623_04.jpg

 
影の長さを比べるのも面白いですね。

 

 

いただいたご意見・ご感想は、番組作りの参考にいたします。
公開および返信をすることは差し控えますので、ご了承ください。

投稿者:大隅 智子 | 投稿時間:11:29

トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲