2020年03月14日 (土)花粉に注意


気象キャスターの大隅智子です。
県内も花粉の飛散が多くなってきました。
南部ではピークになっています。
そこで、1日の中で花粉が多く飛ぶのはいつか見てみましょう。

飛散のピークは、昼と夕方の2回あります。
朝、スギ林から飛散した花粉は午前中、郊外や住宅地に飛んでいくので、昼頃が最も多くなります。
午後はいったんおさまりますが、夕方には再び増えます。
なぜかというと、夕方は気温が下がるため、上空の花粉が落ちてきたり、地上付近の花粉が舞いやすくなるためです。
oosumi200312_11.jpg

対策は、マスクやメガネはよく知られていますが、意外にも見落としがちなのが、服装です。
綿を100とした時の素材による花粉の付着率です。
セーターなどのウールは、綿のおよそ10倍も高くなっています。
oosumi200313_12.jpg

ウールの衣類に付着した花粉の写真です。
花粉が、織られたウールに付着しています。
ウール素材の服装で出かけた場合は、家に入る前についた花粉を取り払った方がいいでしょう。
できれば、木綿などの素材の服装が望ましいと言えます。
oosumi200313_13.jpg

これから県内では北部でも花粉がピークを迎えます。
花粉症の方は、様々な対策を心がけて下さい。

 

いただいたご意見・ご感想は、番組作りの参考にいたします。
公開および返信をすることは差し控えますので、ご了承ください。

投稿者:大隅 智子 | 投稿時間:02:35

トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲