2020年02月12日 (水)雫石スキー場からの中継


気象キャスターの大隅智子です。
2月7日(金)、おばん中継で雫石町スキー場からナイタースキーの魅力などをお伝えしました。
oosumi200212_1.jpg

スキーをするのは学生時代以来なので、久しぶりでした。
今年は全国的に暖冬で、岩手も例外ではありません
しかし、雫石町や一戸町など北部のスキー場では、比較的雪はあります。
例年よりはやや少ないそうですが、十分楽しめるそうです。

お天気クイズもしました。
北海道大学の教授を務めた、雪の研究では世界的に知られている中谷宇吉郎(なかやうきちろう)博士の残した言葉があります。
「雪は天からの〇〇である」。
〇〇に入る言葉は何か、①番は教科書 ②番は手紙 ③番は愛の3択です。
答えは②の手紙でした。
oosumi200212_2.jpg

中谷博士は、雪の結晶を見れば、上空の温度が分かることから、「雪は天からの手紙である」と表現しました。
空といえば、雫石の星空は宮沢賢治も見たと言われています
ここでは星空観察ツアーを行っています。
星空案内人という資格を持つ方が案内してくれます。
ロープウェーで標高730mまで上がって見える星空、圧巻です。
冬は空気が澄んでいるので、星空がとてもきれいに見えます。
取材した日は、冬の大三角を見ることができました。
oosumi200212_3.jpg

岩手の冬は、スキーに星空、そして、おいしい食べ物を楽しめます。
岩手の素晴らしい自然を感じられた取材でした。

 

いただいたご意見・ご感想は、番組作りの参考にいたします。
公開および返信をすることは差し控えますので、ご了承ください。

投稿者:大隅 智子 | 投稿時間:19:01

トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲