2020年01月20日 (月)日脚は伸びている


気象キャスターの大隅智子です。
1月20日は「大寒(だいかん)」、1年の中で最も寒い頃になります。
盛岡市の平均気温の1月上旬から2月下旬までの平年値を見てみると、ちょうど大寒の頃、1月下旬は-2.2度、1年の中でも最も寒い頃と言えます。
oosumi200120_01.jpg

一方で、日は少しづつ長くなっています。
1月14日に放送した図です。
先月の冬至と1月14日の昼の時間を比較してみましょう。
盛岡の先月22日の冬至の日の出は午前6時53分、日の入りは午後4時15分なので、昼の時間は9時間22分でした。
そして、1月14日の日の出は午前6時55分、日の入りは午後4時33分なので、昼の時間は9時間38分でした。
つまり23日で16分、1日で約42秒、日脚が伸びています。
 oosumi200120_02.jpg

まだまだ寒いですが、季節は着実に春に向かっていると言えますね。

 

いただいたご意見・ご感想は、番組作りの参考にいたします。
公開および返信をすることは差し控えますので、ご了承ください。

投稿者:大隅 智子 | 投稿時間:19:14

トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲