2020年01月10日 (金)水道管の凍結対策について


気象キャスターの大隅智子です。
県内では、今の時期、心配されるのが、厳しい冷え込みによる水道管の凍結です。
来週にかけて、盛岡市では-5度前後まで下がる日が続く見込みです。
そこで、水道管の凍結についてみてみましょう。

盛岡市上下水道局によると、条件にもよりますが、気温が-4度以下になると、水道管が凍結したり、破裂したりすることがあるそうです。
oosumi200110_1.jpg

水道管の凍結を防ぐ方法です。
まず、水道管凍結防止ヒーターなどで水道管を保温する方法があります。
そして、水抜きです。
まず、蛇口をいっぱいに開け、水を出して下さい。
その後、元栓を閉めて下さい。
ここで、しっかり閉めることが大切です。
 oosumi200110_2.jpg

もし凍結してしまったら、ぬるま湯を水道管にかけてゆっくり水道管の中の氷を溶かして下さい。
例えば、糸を垂らすようにゆっくりとかけるようなイメージです。
ぬるま湯をかける時、タオルを水道管に巻いておくとより効果的だそうです。
熱いお湯をかけてしまうと、水道管が破損する危険があるので注意して下さい。
もし、解凍できなかったり、破損してしまった場合は、業者に連絡をしてほしいということでした。
oosumi200110_3.jpg

おやすみ前や外出などで水道を使わない時などは、必要であれば、水道管の凍結対策を行って下さい。


いただいたご意見・ご感想は、番組作りの参考にいたします。
公開および返信をすることは差し控えますので、ご了承ください。

投稿者:大隅 智子 | 投稿時間:22:12

トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲