2019年12月25日 (水)26日の午後は「部分日食」


気象キャスターの大隅智子です。
26日の午後は全国で部分日食が起こります。
盛岡では、部分日食は午後2時半から始まり、午後3時31分に最大となって、午後4時16分の日の入りまで続きます。
南西から西南西の方角で見られます。
oosumi191225_1.jpg

平成24年5月の部分日食の際の写真です。
望遠鏡を使って投影させると、欠けた太陽の形が現れます。
また、厚紙などに小さな穴を開けて光を通すと、映った影の中に欠けた太陽の形が現れます。
oosumi191225_2.jpg

注意点は、直接、太陽の光を見てはいけないことです。
太陽の光は強いので、最悪の場合は失明するおそれがあります。
日食グラスなど専用の観察器具を使って下さい。

心配なのが天気です。
26日は、天気は下り坂で午後は雲が多くなりそうです。
十分な光がないと見るのが難しくなります。
次回の部分日食は来年の6月21日になります。

 

いただいたご意見・ご感想は、番組作りの参考にいたします。
公開および返信をすることは差し控えますので、ご了承ください。

投稿者:大隅 智子 | 投稿時間:19:55

トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲