2019年12月23日 (月)冬至


気象キャスターの大隅智子です。
12月22日(日)は二十四節気のひとつ「冬至」でした。
冬至は、1年の中で最も昼の短い日です。
「冬至冬なか冬はじめ」と言って、冬至は暦の上では冬の真ん中ですが、寒さはこれからが本番です。
寒さを乗り切るためには栄養が大切です。
oosumi191223_11.jpg

冬至には、「ん」がつくものを食べると縁起がよいとされています。
それは、文字通り、運(うん)がつくからです。
oosumi191223_12.jpg

冬至の七草です。
南京(カボチャ)、レンコン、ニンジン、ギンナン、キンカン、カンテン、ウドンなどがあります。
栄養のあるものばかりですね。
oosumi191223_13.jpg

また、冬至の日は、ゆず湯に入る習慣も昔からあります。
温かいお風呂に入ったり、栄養をとったりしながら寒い冬を乗り切りましょう。

 

いただいたご意見・ご感想は、番組作りの参考にいたします。
公開および返信をすることは差し控えますので、ご了承ください。

投稿者:大隅 智子 | 投稿時間:23:04

トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲