2019年12月09日 (月)「低温注意報」とは


気象キャスターの大隅智子です。
9日の朝、今シーズン一番の冷え込みの所が多くなりました。
各地の最低気温は、盛岡市薮川で-16.0度、宮古市区界高原で-15.5度、一戸町奥中山で-12.9度まで下がるなど、厳しい冷え込みになりました。
そのため、8日夕方から9日の朝にかけて、内陸部と沿岸北部に今季初めて「低温注意報」が発表されました。

「低温注意報」は、低温による農作物の被害や水道管の凍結・破裂により著しい被害が出るおそれのある時に発表されます。
oosumi191209_1.jpg

では具体的に盛岡市の低温注意報の条件を見てみます。
まず、最低気温がマイナス6度以下と予想される時で、それが平年より5度以上低い時、もしくは、平年より2度以上低い日が数日続く時です。
低温注意が出たら、農作物や水道管の凍結に注意するようにして下さい。
oosumi191209_2.jpg

今週は、気温は平年より高い日が多く、強い冷え込みの日は少なくなりそうです。
ただ、一時的に寒気が入って寒くなる日もあるので、寒暖の差が大きくなる見込みです。
体調管理にご注意下さい。

 

いただいたご意見・ご感想は、番組作りの参考にいたします。
公開および返信をすることは差し控えますので、ご了承ください

投稿者:大隅 智子 | 投稿時間:21:25

トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲