2019年12月04日 (水)温かくなるための毛布の活用術


気象キャスターの大隅智子です。
今週は強い寒気の影響で冷え込む日が続いています。
そこで、温かくして寝るための「毛布活用術」についてお伝えします。
皆さんは、寝る時に毛布はどのように使っていますか。

活用術①は、「毛布をかけ布団の上にかけること」です。
例えば、羽毛布団は、体温を感知してふくらむため保温性が高まります
そのため、羽毛布団には人間が直接触れていた方がいいのです。
そこに、熱が逃げないように毛布でフタをすると温かくなります。
 oosumi191204_1.jpg

活用術②は、「毛布を体の下に敷くこと」です。
寝ている間に体から放出される熱を毛布が下から受け止めてくれるから温かくなります。
さらに、かけ布団の上から毛布をかけると2倍の温かさになります。
 oosumi191204_2.jpg

ポイントは「熱を逃がさないこと」です。
温かくなれば、睡眠もよくとれそうですね。
ぜひお試し下さい。

 

いただいたご意見・ご感想は、番組作りの参考にいたします。
公開および返信をすることは差し控えますので、ご了承ください

投稿者:大隅 智子 | 投稿時間:16:26

トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲