2020年02月19日 (水)佐々木カメラ密着グルージャキャンプ②森下俊キャプテン


スポーツキャスターの佐々木成美です。

グルージャキャンプ、秋田監督密着企画に続き紹介したのが、
J1のジュビロ磐田から加入したキャプテン森下俊選手です。
本人いわく、人見知りだそう・・・。
sasaki200219_1.jpgsasaki200219_2.jpg

ただ、J1では115試合に出場するなど経験豊富なディフェンダーとして
チームの守備の立て直しに森下選手には大きな期待がかかっています。

sasaki200219_3.jpgsasaki200219_4.jpg

その森下選手、以前京都サンガで秋田監督のもとプレーしていたことがあります。
20代前半と若手だった森下選手に秋田監督はいつも熱心に自主練習にも付き合ってくれて
森下選手は秋田監督のサッカーに対する姿勢を本当に尊敬していると話してくれました。
しかしその年、チームはJ2降格。森下選手の「今度こそは秋さんを男にしたい」という言葉が、キャプテンへの責任感も表していました。

プロで初めてのキャプテンに就任した森下選手、
キャンプではどんなことを工夫しているのか、選手たちの食事にお邪魔してみました!
森下選手は初日から“ベテラン、若手と席を固定せずにバラバラに!”と提案したそうです。

sasaki200219_5.jpgsasaki200219_6.jpgsasaki200219_7.jpgsasaki200219_8.jpg

この日最初は、森下選手の周りは空席でしたが・・・(笑)
19歳の清水選手をはじめ若手選手たちが集まり、森下選手も積極的に話しかけていました。
練習中ももちろんですが、こうやって普段からコミュニケーションを大切にすることから
チーム作りに取り組んでいました。

今回の取材、実はインタビューが終了し、カメラが回っていないところで森下選手から
「今シーズンのチーム見てみてどうですか?」「キャンプの様子どうですか?」
「岩手のサッカー熱ってどうですか?」など逆質問がありました。
森下選手、岩手にきてまず感じたことが「グルージャがまだまだ県民に浸透していない」ことで
この雰囲気をまずは変えたいと話していました。
様々な意見を取り入れいいチームにしたいという、森下選手の熱い思いを感じさせられました。
シャイながらも熱い思いを秘めている森下キャプテンのもと成長していくチームに期待です!!sasaki200219_9.jpg

 

いただいたご意見・ご感想は、番組作りの参考にいたします。
公開および返信をすることは差し控えますので、ご了承ください。

投稿者:佐々木 成美 | 投稿時間:19:05

トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲