2020年7月 8日

ハザードマップの活用


気象キャスターの大隅智子です。
梅雨前線の活動が活発になっていて、九州を中心に大雨が続いています。
大雨はどこで起きるか分かりません。
災害から身を守るためには、身のまわりでどんな災害が起きる危険性があるのか、事前に知っておくことが大切です。
これは、国土交通省が運営するハザードマップポータルサイトです。
左側の「重ねるハザードマップ」では、災害の危険性を地図に重ねて表示できます。
「場所を入力」という所に、NHK盛岡放送局の住所を入力してみます。
そして、洪水と土砂災害の情報を選ぶと、危険箇所が出てきます。

【続きを読む】

投稿者:大隅 智子 | 投稿時間:11:13 | カテゴリ:大隅 智子 | 固定リンク
コメント(0) | トラックバック (0)

ページの一番上へ▲