2015年02月12日 (木)初のラジオリポート!


今月3日、ラジオ第一で全国放送されている「NHKジャーナル」で、
私が制作したリポートが放送されました!
取り上げたのは、釜石市で昨年から行われている「韋駄天(いだてん)競走」。
東日本大震災の津波の教訓を伝えようと、
津波で浸水した市街地から高台にあるお寺まで、参加者が一斉に駆け上がる行事です。
私の地元も被災していますので、こうした取り組みを全国に伝えたいという思いがありました。

ラジオのリポートを制作するのは今回が初めて。
取材から音声の収録、編集までアナウンサーが担当します。
機器の操作も慣れないことが多かったのですが、
先輩方に助けてもらいながら完成させることができました。

ラジオブース

写真は、リハーサル時のもの。
奥に映るラジオブースにいるのが私。
上司や先輩、技術担当者に見守られながら、
コメントと編集した音声を出すタイミングをチェックしていきました。
コメントは、“番組のキャスターと話すように”と意識するものの、
書きものを読み上げるような話し方になってしまいました。
状況に応じた伝え方ができるように、経験を積み重ねていきたいと思います。

今回制作したラジオリポートですが、
放送後、数日間であれば「NHKジャーナル(http://www.nhk.or.jp/r1/journal/pickup.html)」のホームページで聴くことができます。
 

今回のリポートは、他の地域にも共通する津波避難のヒントになれば、
という思いで制作しました。
今後も、被災地の現状や取り組みを取材していきたいです!

 


いただいたご意見・ご感想は、番組作りの参考にいたします。
公開および返信をすることは差し控えますので、ご了承ください。

 

投稿者:大谷 昌弘 | 投稿時間:16:32

トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲