2015年07月24日 (金)ふるさとの情景を胸に


今年度NHK盛岡放送局がシリーズでお送りしている『よみがえる ふるさとの情景』。
被災地の震災前の映像を発掘し、復興への足がかりにしていこうという番組です。
この番組の三回目が、7月31日(金)の夜7時30分から放送されます。
(岩手県限定です)

今回は2つの映像が中心です。
1つは大槌町のもの。
25年前、大槌中学校の先生たちが撮影し、卒業生に配ったビデオテープがありました。
そこには、失われた風景や生徒たちのかつての姿が記録されています。
そのビデオテープを大切に保管していた元校長が、
卒業生の皆さんに映像を見てもらう上映会を開きました。
映像を見た皆さんの思いに迫ります。

もう1つは陸前高田市の「けんか七夕」の様子を収めた映像。
山車をぶつけ合う、岩手の沿岸部の夏の風物詩「けんか七夕」。
かさ上げ工事が進み姿を変えていく故郷で、
祭りの映像に励まされながら、前に進もうとする男性の姿を追いました。

 陸前高田の風景

先日、その陸前高田でロケをしてきました。
土砂を運ぶベルトコンベヤーが並び、あちこちに盛り土の高台が作られています。
街が姿を変えようとしているのを実感しました。
かつての故郷を記憶に留めるため…番組がお力になれればと思います。

『よみがえる ふるさとの情景』第三回
総合 7月31日(金)19:30~19:55


ぜひご覧ください。

 

いただいたご意見・ご感想は、番組作りの参考にいたします。
公開および返信をすることは差し控えますので、ご了承ください。

投稿者:大槻 隆行 | 投稿時間:19:10

トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲