2013年01月29日 (火)☆贈りもの☆


今日のブログ当番、村山絢香です(*^^*)
暦でも晩冬大寒に入り、連日厳しい寒さが続いていますが、
皆様、風邪などひかれていないでしょうか??

『いわての底力』

先日の『いわての底力』では、釜石市で行われた成人式で
“あるプレゼント”
新成人に手渡した男性の思いをお伝えしました。


手渡されたのは、ふるさとの思い出がつまった、
震災のがれきで作られたキーホルダーです。

震災のがれきで作られたキーホルダー

東日本大震災で自宅を流された男性が、
震災前の思い出を形で残し、
町を離れる新成人にもふるさとを忘れないでほしい
という思いをこめて作り始めました。

キーホルダーには、
材料を提供してくれた保育園や小学校の名前が刻まれています。
一つ一つ形の違うそれぞれの持ち主の思いのつまったものです。

当初5人でスタートした取り組みでしたが、
国の雇用対策の事業として認められ、今では13人で活動が行われています。
また仕上げの作業は仮設住宅で暮らす人たちへ依頼するなど広がりを見せ、
すべての工程が、
釜石の人の手によって行われる愛情のこもったキーホルダーです。

成人式でキーホルダーを受け取った新成人の皆さんも、
町の思い出のつまった、がれきから作られているということで、
震災を忘れずに、自分たち自身が町のために頑張っていきたい
という思いを強くしている
ようでした。


ニュースでも『がれき』とひと言で片づけられてしまう現状がありますが、
もとは一人一人の思い出のつまった財産…
復興の為、がれき撤去が進む中、
苦しい思いをしている方が沢山いらっしゃることを改めて感じます。
制作している男性も、
町の財産なのだという事を忘れないでほしいと話していました。
町の復興、町の人の心が癒されることを願うばかりです。

2013年も、少しずつ復興へと歩みを進める岩手県ですが…、
今年は、160キロの剛速球と通算56の本塁打で高校野球界を賑わせ
日本ハムファイターズからドラフト1位指名を受けた
岩手の星大谷翔平投手の活躍にも期待がかかり、
嬉しいニュースを岩手に届けてくれると
注目されている方も沢山いらっしゃると思います。
ということで…!
今週から沖縄でキャンプインする大谷投手を追って、
私も沖縄まで取材に行ってきます!

岩手で育った大谷投手がどんな話題を振りまくのか、
盛り上がりは!?
沖縄での様子をお伝えしていきますので、
ぜひ『おばんですいわて』をご覧下さい(*^^*)

投稿者:村山 絢香 | 投稿時間:14:23

トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲