2012年07月24日 (火)幻の織物を織る!


おばんです。漆原輝です。
先日、中継でお伝えした雫石町「亀甲織」

亀甲織
 
江戸時代に生まれ、
一度は途絶えながらも復活を果たした幻の織物です!!
亀甲織という名の通り、
亀の甲羅のような六角形の模様がぎっしりと並びます。
軽くて、丈夫で、通気性に優れた織物です。

亀の甲羅のような六角形の模様


 
中継の放送が終わった数日後、
年に一度行われる「亀甲織祭り」にお邪魔しました!

お祭りでは、亀甲織の伝承に取り組む「しずくいし麻の会」の
会員のみなさんが心をこめて作った作品が並びます。
会場は大盛況!
今年は沿岸部から足を運んだお客さんも多かったそうです。

そして、お祭りでは亀甲織の織り体験も!
もちろん挑戦しました!!

亀甲織の織り体験
 
織り方は会員の方がやさーしく教えてくれます。
織るにはかなりの力が必要です。
手元の木の棒を、体重をかけて思いっきり手前に引いて織っていきます。
会場にはガンガン、ガンガンとみなさんの作業の音が響きます。
汗だくになりながらも、30分ほどかけてなんとか20cmほど織れました。
これが漆原が織った亀甲織!!!

漆原アナ作・亀甲織

 

縦長の六角形になりました…難しい…
もっと力を込めて織らなければいけなかったそうです。
腕の筋力が足りませんでした。
しかし、「初めてでこれだけ織れればたいしたもんだ!」と
会長さんには褒めてもらえましたよー

来年はもっと上手に織りたい!
そのために…筋トレがんばります!腕を鍛えます!

以上、漆原でした!

投稿者:漆原 輝 | 投稿時間:18:27

トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント

うるしー❤見ましたよ(=´∀`)人(´∀`=)
飛んでいきたかったです(´・_・`)笑
筋トレがんばってください!
私も来週海行くから引き締めなきゃ(((o(*゚▽゚*)o)))

投稿日時:2012年07月24日 23:26 | エリカ

コメントの投稿

ページの一番上へ▲