2008年12月03日 (水) “鎌坪商店” がやってきた!


11月に「ラジオ全国番組」の公開放送が2つ岩手県内で行われました。

 sawagishi01.jpg
キャスターは、鎌田正幸・坪郷佳英子のお二人。
人呼んで「鎌坪商店」。
土曜日の「文芸選評」」と
日曜日の「歌の日曜散歩」を担当しています。
“開店12年”のおなじみのコンビが、
北上市の「文芸選評」と
盛岡市の「歌の日曜散歩」の
公開放送のため岩手にやってきました。

私は盛岡局の「受け入れ窓口」を努めました。
実は、4年前まで「ラジオセンター」で午後の番組『ラジオほっとタイム』という番組を作っていた「午後班」のデスクという仕事していて、鎌坪コンビとはお隣のグループで、
いつも顔を合わせていた仲でした。
今回、「盛岡局放送70周年で、岩手にきてもらえませんか?」と鎌田キャスターに尋ねたら、
「そういえば、文芸選評の選者の篠弘さんは北上市の日本現代詩歌文芸館の館長さんだよ」ということで、話はトントン拍子に進みました。

 sawagishi02.jpg 土曜日の「文芸選評」には百人、
日曜日の「歌の日曜散歩」には二百人を超える皆さんにおいでいただきました。

 sawagishi03.jpg
歌の日曜散歩」は
6年ぶりの盛岡開催でした。          


前回は盛岡局の受付ロビーということで手狭でしたので、
今回は「おでんせプラザ」でスペース的には5倍程度でしたが、
それでも放送開始前には満員で、急遽、鎌田キャスターの音頭で

「全員、できるだけ前へ!」とお願いして詰めていただき、
椅子もさらに増やして観覧いただきました。
にも関わらず、入りきれない方々が受付前に立ってご覧いただくような状況でした。
中には、局の外に立って窓越しに
ラジオのイヤホンで聴いていただいた方もいらっしゃいました。
みなさん本当に狭くて申し訳ありませんでした。
そして、ご来場ありがとうございました。

私も番組のFD業務を担当しましたが、
今回の公開の制作担当は
ラジオセンターの松本克嗣ディレクター、アナウンサーの先輩です。
実は、ラジオ番組は「アナウンサー」が制作することが多いメディアです。
ちなみに、この期間の15日(土)の朝6時台に全国放送された
列島音の旅・おいで木炭まつり~岩手県陸前高田~」も私が制作したものです。
年末年始にも「ラジオ特番」が毎年放送されますが、
今年もNHK盛岡放送局のアナウンサーが制作した番組が流れるかもしれません。

どうぞ皆さん、アナウンサー制作のラジオ番組もチェックしてみてください!

投稿者:澤岸 隆幸 | 投稿時間:14:06

トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲