「きょうの一首」 短歌投稿作品のご紹介

#

応募は、FAX、郵送で受け付けています。
(1)お名前、(2)ご住所、(3)電話番号、(4)短歌、(5)この短歌にこめた思いをご記入下さい。 たくさんのご応募お待ちしております。
・「FAX」の場合は、『FAX:0985-20-9480』 へお送り下さい。
・「郵送」の場合は、『〒880-8633(住所不要) NHK宮崎放送局「昼前ほっとみやざき」係』 までお送り下さい。
※たくさんのご応募をいただきますので、採用の場合のみご連絡させていただきます。

昼前ほっとみやざき「きょうの一首」にご応募頂いた短歌をここでご紹介させて頂きます。

(ご応募頂いた短歌は、6ヶ月程度掲載させていただきます。)

これまでの短歌(2021年3月)
これまでの短歌(2月)
  • 2021/2/16(火)放送

    コトコトと 足踏みミシン 踏む音の 自粛ぐらしに 春の音する

    綾町 安永ヒサ子 さん

  • 2021/2/9(火)放送

    豆をまき コロナウイルス 消えるよう 元の生活 戻るといいね

    宮崎市 ペンネーム 紫陽花 さん

  • 2021/2/3(水)放送

    生かされて 九十余年の 春迎え なおありがたき 鰐塚(わにつか)おろし

    宮崎市 野崎(のざき)富枝(とみえ) さん

これまでの短歌(1月)
  • 2021/1/19(火)放送

    願いてはコロナ退散 ほしゃどんの みずらの赤いはちまき揺れる

    高千穂町 木下のぶえさん

  • 2021/1/15(金)放送

    ジンチョウゲ コロナに負けず 咲きはじめ 春がくるよと おしえてくれる

    宮崎市 ペンネーム 紫陽花(あじさい)さん

  • 2021/1/14(木)放送

    コロナ禍で 買いたる靴は 履かれずに 靴箱のすみで 何を思うか

    日向市 黒木 八重子(くろぎ やえこ)さん

  • 2021/1/5(火)放送

    小春日の 白波寄せる青い海 七ツ八重見ゆ 汽車の窓

    日南市 西中久美子さん

これまでの短歌(12月)
これまでの短歌(11月)
  • 2020/11/26(木)放送

    毎夕刻 錦江(きんこう)湾(わん)より 流れくる 「夕やけこやけ」 懐かしさいっぱい

    宮崎市 石井 ミキ さん

  • 2020/11/24(火)放送

    お手製の マスク真心 縫いこんで コロナ風邪など うつさぬよう

    宮崎市 染矢 京子(そめや きょうこ)さん

  • 2020/11/17(火)放送

    牧水の 鐘をききつつ 筆を持つ 初秋(しょしゅう)コスモス あふれ揺れおり

    高千穂町 木下のぶえさん

  • 2020/11/10(火)放送

    ぼくがさき 私がさきよ あまい味 むらさき色の おちびさんたち

    都城市 東 隆子(ひがし たかこ)さん

これまでの短歌(10月)
  • 2020/10/27(火)放送

    すずめたち 間隔あけて 電線に 新型コロナ うつさぬように

    宮崎市 染矢 京子(そめや きょうこ)さん

  • 2020/10/20(火)放送

    満月も いざよい月も 火星まで 里で眺める 安どのよろこび

    宮崎市 ペンネーム イッシーさん

  • 2020/10/13(火)放送

    放課後の たまを投げ打つ 乙女たち しばし見とれつ 老いも忘れて

    都城市 東 征也(ひがし せいや)さん

  • 2020/10/6(火)放送

    コロナゆえ 日々の暮らしも自粛なり 地図で旅行を楽しむ夫婦(ふたり)

    綾町 小田安子さん

▲ ページの先頭へ