「ファイト!みやざき これからの予定」NHK宮崎放送局はこれからもさまざまな番組やイベントを通して、みやざきの復興を応援します。これから放送する番組、実施するイベントを掲載しています。ぜひ、ご視聴、ご参加ください。

平成23年10月の番組・イベント

 
ひるブラ「城下町の味で殿様気分〜宮崎県日南市〜」
総合10月5日(水)午後0時20分〜0時43分

宮崎県南部の日南市飫肥(おび)地区。古くから栄えた城下町は「九州の小京都」と呼ばれ、武家屋敷や石垣、しっくい塀が残っています。人をひきつけるのは町並みだけではありません。今、注目されているのが「町あるき食べあるきマップ」。地図を購入すれば、およそ40の店の中からサービスを受 けることができます。観光客相手の土産物屋や菓子店だけでなく、日用品店やスーパーマーケットまでもが、引換券と交換で独自のサービスをしてくれます。飫肥城下町で、町民手作りの熱いおもてなしを満喫しました。

【ゲスト】神戸蘭子
【スタジオゲスト】石原良純
【リポーター】塩田慎二アナウンサー(NHK宮崎放送局)


 
 
 
 
ひるブラ「縁結びから子育て夫婦円満までお任せ〜宮崎県日南市〜」
総合10月6日(木)午後0時20分〜0時43分

「鵜戸さん」と呼ばれ、地元で親しまれている日南市の「鵜戸(うど)神宮」。日南海岸の風光明媚な中の洞くつに建つ社殿は県南の観光の人気スポットの一つで、年間約100万人が訪れます。鵜戸神宮には「縁結び」と「安産」の神様が祀(まつ)られており、その神様にちなんだ「お守り」や「願掛け所」が数多くあります。昨今のパワースポットブームも相まって、さまざまな世代のカップルがやって来る鵜戸神宮。人をひきつけるその秘密を余すところなく伝えました。

【ゲスト】夏川純
【スタジオゲスト】石原良純
【リポーター】塩田慎二アナウンサー(NHK宮崎放送局)


 
 
 
 
宮崎熱時間「帰りたい 帰れない 〜震災被災者の知られざる苦悩〜」
総合10月7日(金)午後7時30分〜7時55分
総合10月9日(日)午前7時45分〜8時10分(再)

東日本大震災で被災し、あるいは放射線の恐怖から逃れるために故郷を離れ宮崎で避難生活を送る人々がいます。仕事を持つ夫を被災地に残し、家族が離ればなれになるケースも少なくありません。また「故郷を捨てた」となじられ、孤独感や罪悪感にさいなまれる人もいます。帰りたいけど帰れない…。多くの被災者が故郷への思いと現実との間でもがき続けています。宮崎で避難生活を送る人々の知られざる苦悩を描きました。

 
 
 
 
いっちゃがゴールド 高原町中継
総合10月14日(金)午後5時5分〜6時

この日の「いっちゃがゴールド」は高原町花堂地区にある農産物直売所「杜の穂倉(もりのほくら)」からの生中継!今年1月、新燃岳の噴火により高原町では多くの町民が避難生活を強いられ、農作物にも大きなダメージを受けました。花堂地区も、噴石や火砕流の危険性から避難区域に指定され、 「杜の穂倉」は半月の間営業休止となりました。しかし、噴火から9か月が経過した今、高原町復興のシンボルとして営業を続けています。「杜の穂倉」から復興に取り組む人々を生中継でご紹介しました。 


 
 
 
ページの先頭へ