「ファイト!みやざき みんなのファイト!メッセージ」みなさんから寄せられたメッセージを掲載しています。
 
 
 
7 l 6 l 5 l 4 l 3 l 2 l 1
 
 
 
 
三股町女性団体連絡協議会のみなさん

宮崎が口てい疫、鳥インフルエンザ、新燃岳降灰等で躍起になっているとき東日本では未曽有の災害が発生しました。私たちは直接お伺いしいろいろお手伝いしたかったのですがそれができないもどかしさを感じていました。皆さんの前向きな復興に向けた動きに私たちも元気を頂きながら少しでもお役に立てばと義援金の依頼や街頭募金活動等出来る事から取り組んでまいりました。今後も同じ気持ちで頑張っていきます。ファイト!みやざき!ファイト!日本

 
 
 
 
えびの市尾八重野自治公民館のみなさん

昨年は口てい疫により大変辛い思いもいたしましたが、多くの方々に助けられ、励まされてきました。様々な災害が相次ぎ発生し、今なお苦しい思いをされている方がたくさんいらっしゃいます。一人一人の力は小さくても、みんなの力を合わせれば大きな力になると信じ、みんなで心を一つにして、宮崎を、そして、日本を元気にしていきましょう。

 
 
 
 
チームがははのみなさん

「川南町の農業や漁業や商業などさまざまな業種が集まり、新たな名物を目指し魚を使ったうどんを作っています。製品化を進め、復興のシンボルとして全国に広げていきたいと明るく元気に頑張っています。口てい疫の被害に苦しんだ川南の頑張りが東北の皆様の所まで届き、励ますことができればと日々試行錯誤を重ねています。
ファイト!みやざき ファイト!日本!!」

 
 
 
 
フォークデュオ アコースティックス(宮崎在住)

去年 宮崎は口てい疫で大きな被害を受け、県外から多くのご支援をいただきました。 今度はわれら宮崎が東日本大震災で被害にあわれたみなさんに恩返しをしようと、「♪北の友へ」という曲を作りました。
歌はみんなの心をひとつにします。音楽で、日本を明るく元気にしていきたいと思っています。

 
 
 
 
小林市南真方西区ワイワイクラブのみなさん

私たちの地区から「新燃岳の噴火」を身近に見まして、唖然としました。早期の終息を願うばかりです。また、口てい疫についても、畜舎等の消毒をして再発防止に努め、県民一体となってこれからの災害等に負けないよう頑張っていきたいと思います。頑張ろう、みやざき!!

 
 
 
 
都城市高崎町鍋仲良し高齢者クラブのみなさん

一昨年に発生した鳥インフルエンザを皮切りに、口てい疫に新燃岳の噴火、本当に次から次と災害が降りかかりました。そして3月11日の東北関東大震災の発生。でも、このような大きな災害に遭いながらもわたしたちはひとつひとつ復興に向けて頑張ってきました。それは近隣、家族、仲間の強い絆(きずな)があったから、そして何よりも皆が全ての災害を自分の事として受け止め、一生懸命心から助け合いの精神をもって日頃から過ごしているからだと思います。これからもどんな災害にも負けない強い絆(きずな)をもって頑張っていけたらと思います。

 
 
 
 
宮崎市大淀公民館実年大淀大学受講生のみなさん

東北の皆さま、一日も早く、元の生活が戻ることを祈っています。
明るい笑顔を期待しています。

 
 
 
 
日南市釈迦尾ヶ野高齢者クラブのみなさん

宮崎県でおきた口てい疫、鳥インフルエンザ、新燃岳降灰等に対し、県外からの支援をいただき感謝申し上げます。また、次の世代を担う若い皆様に頑張っていただきたいと思います。

 
 
 
 
シンガーソングライター 石原有輝香さん(小林出身)

口てい疫などで元気を失った宮崎はもちろん、東日本大震災で被災されたみなさんを励ましたいと曲を作りました。
歌の力で、ふるさとを、日本を盛り上げていきたいと思っています。

 
 
 
 
ボルボ・カーズ宮崎のみなさん

こんな時だからこそ下を向かず上を向いて笑顔でいれば、きっと日本は宮崎は笑顔の絶えない国になると思います。
”ピンチはチャンス””暗いときこそ笑顔”ファイト宮崎!ファイト日本!

 
 
 
 
大池久保婦人部のみなさん

口てい疫では、私たちの身近な親戚や友人も被害にあい、とても大変で悲しい思いをしました。でも今では、それぞれが前を向き、少しずつですが進んでいるのを見て、こちらが励まされる思いです。
私たちは見守ることしかできませんが、「協力できることはする!」精神で、皆で気を付け、再び悲しい思いをしないように頑張ってほしいです。

 
 
 
 
門川町栄ヶ丘福祉推進委員会のみなさん

東日本大震災被災地の皆様方、心からお見舞い申し上げます。宮崎県でも鳥インフルエンザに始まり、口てい疫・新燃岳噴火等の災害を受けた地域があり復興に向けて頑張っております。
お互いの早期の復興を祈念いたします。

 
 
 
 
大田尾悠子さん・向日葵(ひまり)くん

今年2月から親子で老人福祉施設などをまわり、歌や演奏を披露しています。
かつて音楽療法士として活動していた経験を生かして、宮崎を元気づけたいと始めました。
みなさんの明るい笑顔がうれしいです。歌や音楽を生きる活力につなげていただけるよう、これからもがんばります。

 
 
 
 
宮崎市神話観光ボランティアのみなさん

神話を勉強し、江田神社や青島神社、平和台公園での観光客への案内に生かしています。 来年は「古事記」編纂から1300年目という記念の年です。
宮崎にあるたくさんの神話の面白さを、もっと多くの人に知ってもらえるよう頑張ります。

 
 
 
 
宮崎県門川町交通安全協会三ヶ瀬分会高齢者クラブのみなさん

東日本大震災被災地の皆さん、心からお見舞い申し上げます。日本の国難です。何としてでも復興しなければなりません。わたしたちも応援しています、頑張りましょう。

 
 
 
 
うからの里 高鍋事業所のみなさん

昨年の口てい疫から続く災害で影響を受けた多くの方々の気持ちを思うと胸が痛みます。 一日でも早く安心して生活できるようになるよう、みんなで応援しています。

 
 
 
 
くにとみ幼稚園父母会のみなさん

悲しい出来事が続き、昨年は幼稚園の行事も中止や延期になりました。
宮崎県人の持ち前の明るさと元気で頑張っていきましょう。

 
 
 
 
歌手 秦 基博さん(日南市出身)

今年5月に宮崎で行ったライブで感じたのは、宮崎は明るく元気なパワーがまだまだあるということ。
そして、口てい疫や新燃岳の被害から立ち上がるエネルギーを感じました。
ライブや音楽を通してまたみなさんと会えるよう、僕もがんばります!

 
 
 
 
都城市若葉高齢者クラブのみなさん

宮崎県内の度重なる災害・降灰の除去作業に弱音はいている時に、東日本大震災発生のニュースを耳にし、弱音もぶっとんでしまいました。災害を乗り越え復興できる、日本人の強さを信じたいと思います。原発の1日も早い収束と早期の復興を宮崎よりお祈りしています。

 
 
 
 
児湯郡高鍋町持田自治公民館さくら会のみなさん

鳥インフルエンザ・口てい疫流行・新燃岳噴火と、次々に災害にあい、また、田植え時期に水がなく、困りました。 しかし、こんな時こそ一致団結をして、知恵を出し合い、隣近所助け合い、苦しみ、悲しみを乗り切りましょう。
皆さんに感謝、ファイト!みやざき!

 
 
 
 
歌手 井手綾香(串間市出身・宮崎在住)&宮崎日大高校のみなさん

去年から宮崎ではいろんな災害が起きてとても大変でしたが、今年はさらに東日本大震災で、つらい思いをされている方がたくさんいると思います。そんなみなさんに、わたしは音楽の仕事を通じて、少しでも元気や勇気を与えられたら良いなぁと思っています。

 
 
 
 
高原町青年団のみなさん

僕たちは、新燃岳の火山灰をインターネットなどで販売し、売り上げを東日本大震災の被災地におくる活動を行っています。 同じ被災地である高原町もがんばっているんだと、少しでも東北のみなさんの励みになればと始めました。
この活動がきっかけで、これまでほとんどつながりの無かった若者が集まり、町の復興に向けて思いをひとつにすることもできました。
これからは若い世代が地域を引っ張っていくぞ!

 
 
 
 
川南町文化連盟のみなさん

東日本の大震災、福島第一原発の事故による放射性物質から避難する住民の方たちを見ていますと、昨年の川南町に発生しました「口てい疫」を思い出します。そして多くの全国の皆様から復興のため一方ならぬご支援をいただきました。今はその時の恩返しの時と思っております。がんばろう!日本

 
 
 
 
川南町第23分館役員のみなさん

平成22年度当初から、口てい疫の発生、鳥インフルエンザ発生、新燃岳の大爆発と宮崎県は未曽有の災害にみまわれました。
「なぜ、宮崎県だけが・・・」との思いでしたが、東日本大震災が発生わたしたち以上の甚大な被害のなかで、懸命に頑張っておられます。わたしたちもがんばろう!「ファイト!みやざき」

 
 
 
 
西都市つまサロン会のみなさんん

みやざきでは昨年から口てい疫、鳥インフルエンザ、新燃岳爆発等災害に見舞われています。なしみやざきだけやと思っていたら東日本大地震が起こりました。これらの自然災害の恐ろしさをこの時ほど感じたことはありません。被災者をみんなで支援し、これらの災害を克服していかなければなりません。
みなさん、みやざき魂を発揮してがんばっど。がんばろや。

 
ページの先頭へ