「ファイト!みやざき みんなのファイト!メッセージ」みなさんから寄せられたメッセージを掲載しています。
 
 
 
7 l 6 l 5 l 4 l 3 l 2 l 1
 
 
 
 
日南市中平野いきいきサロンのみなさん

平成22年度は口てい疫、鳥インフルエンザ、新燃岳降灰と数々の行事が中止となりましたが、これから先何があっても負けることなく、地域一体となり、思いやりを持って活動していきます。
また、東日本が一日も早く復興しますように。

 
 
 
 
日向市花ヶ丘いきいき塾のみなさん

「禍福は糾える縄の如し」と言われる様に、苦しみの後には必ず喜びが訪れます。
今、地震・津波・火山・ウイルス被害など日本中が大変ですが、日本人ひとりひとりがそれぞれの立場で最善を尽くせば、それが連なって日本復興の大きなうねりとなることでしょう。わたしたちはつながっています。

 
 
 
 
デュークエイセス 谷 道夫さん(宮崎出身)

相次ぎます災難や災害、心からお見舞い申し上げます。
いつかきっとまたみんなで「あん時はようがんばったなぁ」と言えるように、
強い心を持って困難を乗り切っていただきたいと思います。

 
 
 
 
門川町西栄町高齢者クラブ栄友会のみなさん

口てい疫、鳥インフルエンザ、新燃岳、それぞれの被災者でありながら今回の東日本の被災地にたくさんの方達が出かけて行き、さまざまな支援活動をして宮崎の心を伝えてくださっております。
門川高齢者クラブ連合会としても義援金での支援を進めているところです。東日本、宮崎の被災者の皆様に一日でも早く平穏な日々が返ってくることをお祈り申し上げます。
ファイト宮崎、ファイト東日本、がんばれ日本

 
 
 
 
NPO法人「サンフラワー宮崎」のみなさん

10年前からボランティアで、公共施設や病院などで 花の植え付け・管理を行っています。
今年はみやざきアートセンター前に“宮崎の太陽”をイメージした花壇を制作。
色とりどりの花で町を飾り、宮崎の復興を応援していきます。

 
 
 
 
〜宮崎出身の演奏家〜戸高美穂さん、日高由美子さん、黒木綾子さん、本田奈留美さん

わたしたち宮崎出身の演奏家4人は、音楽を通して少しでもお役に立てることはないかと、東日本大震災復興チャリティーコンサートを開きました。
「相次ぐ災害で苦しむ宮崎を応援してくれた方々に恩返しを」というみなさんの思いがひとつになり、多くの義援金が集まりました。
これからも私たち演奏家にできることを続けていきたいと思っています。

 
 
 
 
木城健康教室のみなさん

昨年は口てい疫の影響で畜産農家だけでなく、県内の住民に大きな打撃を受けました。そして県外の方々に助けていただき心から感謝しております。
皆さんが健康で過ごせれば、また元気で頑張られるのだと思います。健康でいろんなことのりきりたいです。
ファイト!みやざき 元気が一番。

 
 
 
 
宮崎市赤江いきいき健康クラブのみなさん

昨年は口てい疫の影響でセンターが閉館してしまいました。畜産農家の方々、関係者の方々のお気持ちを考えると胸が痛みましたが、前向きに頑張っている姿に逆に元気をもらいました。
たくさん宮崎には良い所があるので県外の方々が足を運んで活気ある宮崎に向けて頑張りたいと思います!

 
 
 
 
都城市第5自治公民館「いきいきサロン」のみなさん

わたしたちの自治公民館にも「和牛振興会」を組織し、畜産の振興を図っています。不幸中の幸いと言っては心苦しいのですが、わたしたちのなかでは口てい疫は発生しませんでしたが、大変な心身の苦労がありました。発生地域の皆さんの状況がテレビで映し出されるたびに、涙しました。早期の復興、発展に向けて頑張りましょう。まずは「明るく!」「楽しく!」「元気よく!」です。

 
 
 
 
都城市山之口町 下平自治公民館 睦会のみなさん

口てい疫、鳥インフルエンザ、新燃岳降灰とたいへんですが、こんなときこそ、元気と励ましあいが大切。わたしたちは、隣近所どうし一緒になって灰の除去作業にがんばっています。
ファイト!みやざき

 
 
 
 
都城市 障害者生活支援センターのみなさん

消毒や不安で大変だった農家がまわりにあります。何回もテレビで、口てい疫の犠牲になったかわいそうな牛や豚を見ました。口てい疫のこわさも知りました。早く、安心で安全なふつうの生活ができるように、僕たちも応援しています。

 
 
 
 
椎葉村地域婦人連絡協議会のみなさん

昨年は、口てい疫の影響で宮崎県全体がたいへんつらい思いをしました。わたしたち婦人会は、地域のみなさんが明るく、元気になるようにみんなで力を合わせてがんばっていきます!!
宮崎のみなさんファイト!!

 
 
 
 
宮崎市佐土原町ビデオクラブのみなさん

鳥インフルエンザと口てい疫で各業界のみならず、全県民は大変な打撃を受けておりますが、県内の元気が出る地域活動、イベント等を撮影してメディアを通じてビデオ放映に会員で少しでも役に立つよう頑張っていきたいと思っています。

 
 
 
 
宮崎市佐土原町仲間原元気になろ会のみなさん

昨年は口てい疫の影響で畜産農家だけでなく、農業や商店街など大変な年でした。今度は鳥インフルエンザで大変なことになりました。これからも皆さんとがんばっていきましょう。

 
 
 
 
都城市立縄瀬小学校家庭教育部のみなさん

昨年は、口てい疫の影響で、遠足が校内遠足に変わったり、PTA行事が中止になったりと、いろいろ変更を余儀なくされました。しかし、子どもも親も自分たちのこととしてとらえ、自分たちにできることを一生懸命取り組んできました。親にとってもこ子どもにとっても大切な勉強となったこの経験を生かし、これからも地域のため、あすの宮崎のために頑張っていきたいと思います。共に頑張りましょう。

 
 
 
 
JAはまゆう女性部おもと会南郷支部のみなさん

県南の日南・串間地区は、口てい疫の発生こそありませんでしたが、会員の中には畜産農家もおられ、近隣の畜産農家の方々も不安な日々の中、防疫作業に明け暮れ、大変疲れ切っていたのを見て、心痛むものがありました。
月一回の楽しみな調理実習も中止となりました。
今は、毎月会員のみなさまと会えるのが大変うれしく思います。
これからは、元気な宮崎・明るい宮崎の復興に少しでもお役に立てればと思います。

 
 
 
 
新富町生涯学習婦人講座「わかば学級」のみなさん

口てい疫では、全国の皆様のご支援、ご声援をいただきありがとうございました。
わが新富も、牛や豚が一頭もいなくなり悲しい出来事でした。
これからは、わたしたちができることにしっかりと取り組み「宮崎」を元気にするため
「がんばろう宮崎!やっど新富!!」

 
 
 
 
西都市立三財小・中学校PTAのみなさん

西都市三財から来ましたPTA役員です。わたしたちの地域は口てい疫の被害が広がらないようにワクチンを接種し殺処分を行った生産者が居られます。手塩に育てた健康な牛たちに注射を打ち処分する覚悟をされた生産者の皆様、「本当にありがとうございます。」宮崎から外には出さないという勇気の決断に敬意を送ります。昨年の経験を忘れることなく、わたしたちに出来ること「命の大切さ」「食の大切さ」を子どもたちに伝えていき、日本の農業のすばらしい所を子どもたちに伝えていこうと思っています。みんなでがんばろー!みやざき・・・大好き!

 
 
 
 
デジサポ宮崎 センター長 満塩清明さん

アナログ放送終了まで余すところ半年程になりました。
デジサポ宮崎では、説明会・相談会を県内全域で行っていますが、口てい疫の時には会場確保に苦労しました。なお、この時は畜産農家の方々、関係者の方々のご苦労を目の当たりにして心が痛みました。 デジサポ活動も最終段階に入りますが、これからも皆さま方に地上デジタル放送の魅力を伝えるとともに、地デジ化の準備のお手伝いして参ります。

 
 
 
 
宮崎県赤十字血液センター献血ルームのみなさん

宮崎県が口てい疫で大変な時期(6〜8月)には、採血バスが出せない状況になりました。必要な血液が確保できない非常に苦しい事態になったときは、県外の方々に助けていただき、本当にありがとうございました。これから血液の需要がのびてくる時期を迎えます。県民の皆様、特に若い世代の方のご協力を今後とも宜しくお願い致します。

 
 
 
 
社団法人 宮崎県タクシー協会 専務理事 黒木勝博さん

師走に入り、タクシー業界は一息ついたようにも思われますが、まだまだ宮崎の街は灯が消えたような状態です。畜産農家だけでなく、周りのみんなが口てい疫が発生する前のように明るく楽しく暮らせるように頑張りたいと思います。義援金をお送りいただいた皆様にも感謝いたします。

 
 
 
 
タクシー会社 代表取締役 山元良一さん

昨年は、口てい疫の影響で畜産農家だけでなく、タクシー業界も大きな打撃を受けました。
今年は県外からのお客様だけでなく、県内のお客様にも地元・宮崎の素晴らしい観光名所などをご案内できるように、地域に密着し頑張りたいと思います。

 
 
 
 
宮崎シャイニングサンズの主将 清水太志郎さん

バスケットボールプロリーグbjリーグ・
宮崎シャイニングサンズの主将、日南市出身の清水太志郎です。
わたしの友人も川南町で豚を養っていて、口てい疫の被害にあいました。友人のこと、そして、宮崎のみなさんのことを思うとわたしも心痛みます。
バスケットで精いっぱいプレーして、みなさんを元気づけられるように頑張ります!一緒に頑張りましょう!!

 
 
 
 
川南町の料亭の女将さん

川南町の料亭の女将です。
辛くて、苦しい、大変な一年でした。
仕事ができることに喜び感謝しています。
新生、川南!!前に前にと突き進む力をつけてがんばります!

 
 
 
 
ホテル従業員の皆さん

わたしたちホテルグランディ宮崎は、お客様の温かな御支援に支えられて口てい疫を乗りこえることができました。
お客様からのたくさんの“ありがとう”を頂けるよう、これからも笑顔で心のこもったサービスを提供して参ります。

 
ページの先頭へ