2019年10月の台風19号で、JR水郡線は、大子町の久慈川にかかる鉄橋が流され、一部の区間で運転ができなくなりました。新たな鉄橋が完成し、2021年3月、全線で運転を再開しました。
大子町に住む※高瀬一仁さんは、水郡線の運転再開までの鉄橋の復旧の様子を写真や動画で記録し、SNSで発信してきました。台風で被災した高瀬さんは、復旧の様子の撮影を続けながら、自分自身が元気づけられ、復興に向けて歩んできたといいます。

※高瀬さんの高は「はしごだか」です。瀬は、頁の部分が、刀に貝です。

取材:相野台弘 記者

 

 

RSS