「バイオリン」といえば、

オーケストラで主旋律を弾くことが多い“花形”楽器ですよねー。

そんな花形楽器で“華々しく”活躍しているバイオリニストが、今月のゲストでした。

日立市出身岡部磨知さん!

201905ibayuru1.jpg

朝の情報番組にコメンテーターとして出演。

そして「みんなで筋肉体操」でおなじみ、

サキソフォン奏者で俳優の武田真治さんとラジオでも共演されてます。



まず、岡部さんには、
ディズニー映画「アラジン」の主題歌
“A Whole New World”を奏でていただき、
番組は、サロン・コンサートの雰囲気で始まりました。



うーん、ノーブル!ファンタスティック!(微笑)。



岡部さんは、3歳からバイオリンを始めて、
中学までを日立市で過ごしました。


忘れられない場所は?と聞くと、
「日立シビックセンター」内にある市立図書館とのこと。


毎週、家族で出かけ、お母さんから
「本を10冊、借りよう!」と言われ、
小説から歴史もの、伝記と様々な本に触れてきたそうなんです。



演奏だけでなく、作曲やアレンジも手掛け
オリジナルを含むアルバムを、これまでに5枚、発表してきた岡部さんですが、
作曲の「源泉」がこの頃に読んだ「ファンタジー小説」にもあったと話していました。



4きょうだいで育った岡部さん。


お兄さんからも大きな影響を受けていて、
バイオリンを始めたきっかけも「お兄さんがやってたから」だったそう。



そんなお兄さんを追って高校・大学と東京の音楽学校で学び、
やがて、数々のビッグアーティストと協演するまでになりました。



茨城・日立から東京へと旅立った岡部さんの心の中に、
「ふるさと」と「家族」が、しっかりと根付いていて、
それが今に繋がっているんだなあと改めて感じました。

201905ibayuru2.jpg

 

 ☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆
防災コーナーもしもに備えて1・2・3は、

「親と子の防災対策」について考えました。

もしもの時の「約束」を確認
「しつけ」とともに、「行き先」を伝える習慣を
公衆電話はどこ?使い方は?

すっかり“スマホ”時代になりました。

「災害のとき」だけでなく
日々、子どもたちが「安心・安全」に暮らす
ヒントにもしていただければ、と思います。
☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆

 


 ☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆

5/11(土)のオンエア・リスト

①「むげん」へ/岡部磨知
 
②【生演奏】Lovin' You /ミニー・リパートン (演奏)岡部磨知
 
③ストロボサイン/岡部磨知
 
④g/岡部磨知

 ☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆

 

201905ibayuru3.jpg

今回、岡部さんにはNHK水戸放送局制作の
「金曜は!いばっチャオ」「いば6」にも、インタビュー出演していただきました。


つまり、水戸放送局の番組は、ほぼ制覇!したわけです。

(次回は、「茨城スペシャル」にも、ぜひ出ていただきたいですね 微笑)



念願のふるさと・日立でのコンサート、期待してますよー。


ogp1200_630_ibayuru.jpg

毎月第2土曜の午前11時~正午 NHK-FMにて生放送

茨城ゆかりのゲストとお送りする、月に1度のお楽しみラジオ!
ゆるめのトークでくつろぎの土曜のお昼前をお楽しみください。

↓↓周波数のご案内はこちらをクリック↓↓

map480_232.png

RSS