こんにちは!金田優香です。

おうち時間が増えましたね。私は、食で旅気分を味わうために、ベトナムのフォーや、タイのガパオライス、そして韓国のビビンバ丼などを作りました。(すごいボリューム)

20200611kaneta1.jpg

家中に広がるナンプラーやパクチーの香り…
その国の民族音楽などを流しながらいただくと味覚、嗅覚、聴覚フル回転でバーチャル旅ができました。

 

みなさんの“新たな生活様式” いば6のおたよりコーナーで募集していますので、ぜひ教えてくださいね!
いば6 投稿フォームはこちらから

 

さて、本題です。
今回は、いば6でお伝えした水戸市の特産品、水戸の柔甘ねぎ生産者の方が教えてくださった、おすすめの調理法をブログでもご紹介します!

 

「水戸の柔甘ねぎ」は、 生産者などでつくる団体の申請に基づいて、 農林水産物や食品のうち産地名などを含んだ特産品を地域ブランドとして国が登録する制度、「地理的表示保護制度」=GIに登録されています。

 

白い部分が長く、生でも食べられるほど柔らかくて甘いんです!の特徴を生かした料理と作り方がこちら。

20200611kaneta2.jpg

20200611kaneta3.jpg

20200611kaneta4.jpg

 

他にもねぎドッグや、ねぎのツナマヨ寿司など、バリエーションは様々です!

20200611kaneta5_1.jpg

20200611kaneta5_2.jpg

水戸の柔甘ねぎ」を使って、いろいろな料理にチャレンジしてみてくださいね。これから来る暑い夏を、栄養付けて乗り切っていきましょう!

 

これからも「いば6」では、茨城の農家のみなさんのとっておきの料理、紹介する予定です。お楽しみに!

 

RSS