サッカーJリーグ鹿島アントラーズ創設30周年。
30年のあいだに育まれた「あなた」と「アントラーズ」にまつわるエピソードを募集しました。
数多くお寄せいただき、ありがとうございました。

みなさまから寄せられたとっておきの物語を、声優:関智一さんの素敵なナレーションでお届けします!

 


「自慢のアントラーズルーム」 鹿りんごさん

antlers1216_1.jpg

antlers1216_2.jpg

写真は和室を改装した我が家自慢のアントラーズルームです!

物心ついた時からアントラーズはいつも身近にあり、「いつかアントラーズのユニフォームを着てカシマスタジアムでプレーしたい」と夢見ていた少年も、今年30歳。
まさに今年30周年のアントラーズと共に歳を重ねてきました。
年間チケットは毎年欠かさず購入し、今シーズンもいちサポーターとして、最後まで全力で後押しします。


「我ら『鹿族』」 土浦の12番さん

鹿島アントラーズサポートになって30年経ち、色々試合観に行きましたが、印象に残っているのが2015年のJリーグヤマザキナビスコカップ決勝です。
優勝がかかった試合で初めて生まれて決勝を見に行って間近で我らが『鹿族(かぞく)』が優勝する瞬間を見れて感動しました!


 「しかお君といっしょ」 境のしかおさん

thumbnail_antlers1216_3.jpg

アントラーズと共に成長した息子も今年30歳を迎えます。

幼稚園の通園バックは、妻のお手製で、「しかお君」がいつも一緒。
その息子が2019年に晴れて結婚。
念願のウェディングフォトを鹿島スタジアムで撮影することが出来ました。
そしてもうすぐ小さな鹿島サポが1人増えそうです。
これからもアントラーズと共に!


「宝物のチケット」 永遠にアントラーズ!さん

antlers1216_4.jpg

Jリーグ開幕戦 ≪ジーコのハットトリックで5対0の圧勝!≫ をテレビで見て、興奮したことを思い出します。
第二戦は、当時としては珍しかった当日券を買ってスタジアムに応援に行きました。
写真はその時のチケットで、今でも宝物です。


スタンドに入ると、ライトでまぶしい芝生が目の前に広がり、「なんてきれいなんだ!」と衝撃を受けたことを覚えています。
そして、あのジーコが、アルシンドが、サントスが、すぐ目の前を走り回っている姿があり、最後は3対2で勝利し、もう興奮して眠れなかったことは、今でも忘れられません!


鹿りんごさん、土浦の12番さん、境のしかおさん、永遠にアントラーズ!さん。投稿ありがとうございました。
次回はどんな物語でしょうか…?

 

 

RSS